2008年09月25日

小泉元首相引退

日本中を驚きのニュースが駆け巡りました。
小泉純一郎元首相が政界を引退しました。
誰もが「え!?何で?」と思ったハズです。私もビックリしました。

思い返せば、あの小泉旋風が巻き起こった総裁選。
国民の代表的存在として、国民の支持を集め驚異的な支持率で総理に就任しました。
マスコミの扱い方が上手かったこともあり、あまり批判を浴びる事も無く、任期を全うした総理でした。

しかし、今その小泉改革の闇の部分がどんどん拭き出してきています。
格差社会や規制緩和に因る様々な弊害。
そんな時期に政界引退と言うのは、何となく「逃げた」と思われても仕方ない部分もあるかも知れません。

小泉純一郎という人は「破壊屋」だったのかも知れませんね。
これまでのガチガチに固まっていた物を、一度粉々に砕いた人だったのかも知れません。
だからその後の総理は、その後片づけに苦労している・・・という感じがします。
そして何より「郵政民営化」に命をかけた人でした。

あの頃の小泉フィーバーから熱が冷めて、冷静になって考えると小泉政権を批判する人も多いでしょう。
しかし私は一定の評価はしたいと思います。確かにマイナスの部分も多々ありますが、拉致問題に触れ一部の拉致被害者が帰国した実績は大きいと思います。
そして靖国参拝に関しても、一貫した態度を取り続けました。
その弊害として中国との関係悪化が言われていますが、靖国参拝を外交問題に仕立て上げる中国や韓国の方がおかしいと思います。

ただ、後継者に息子を指名した事に関しては、大勢の人が「小泉純一郎らしくない」と批判しています。
私も同感ですが、結局は「子供可愛い」なのでしょうね。
国会議員の世襲が問題視されていますが、二代議員・三代議員でもしっかりとした人はいます。逆に苦労して国会議員になっても、自ら溺れてしまう人だっています。
問題は有権者がしっかりとその人を見て判断する事ができるかです。

麻生内閣も発足して、次は解散総選挙に注目が集まっています。
「一度は民主党にやらせてみよう」と考えている人も多いでしょう。
しかし、民主党がどんな政党なのか。どんな考えなのか。それをしっかりと見極めてから投票すべきです。
もちろん国民の生活が大事ですが、それも国があっての事。
自国の主権を譲渡したり、他国と共有するといった様な、発想を民主党が持っていることは、なかなか表には出てきません。

我々国民は日本国であって初めて日本人なのです。
国内の問題にばかり目を奪われて、外交問題や近隣諸国との問題をほっておくと、気がつけば日本は日本じゃなくなっていた・・・なんて事冗談では無いかも知れませんよ。
麻生総理が記者会見で口にした言葉にはそんな意味も含まれていたのだと思います。

日本を明るく強い国にする

これは日本人が日本人として、誇りを持って近隣諸国や諸外国と、対等に話のできる国にする。
そんな意味合いがあるのだと思います。
私たちは日本人として、日本の未来をしっかり見据え、自分の持っている一票を投じなければいけません。

小泉純一郎政界引退から、大きく話がそれてしまいましたが、これからも政界、しっかりと国民が見て判断しなくてはいけないと思います。
マスコミに躍らされずに、自分の頭で考え判断する事が大事です。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと