2008年09月13日

事故米騒動に思う

事故米の被害が拡大しています。
これまでも食品偽装問題が数々ありましたが、今回の件は非常に悪質です。
今までのような賞味期限切れや、食材の再利用という程度のことでは無く、完全に食用として使えない物を食用として転売している。
これはれっきとした犯罪です。

様々な食品加工会社や酒造会社に納品され、様々な飲食品に使われてしまいました。
自主回収に追われる会社。そしてすでに病院や保育所などでは給食として、患者や子どもたちの口に入ってしまいました。
特に大きな被害が出ていないのが幸いですが、人体に被害が無いと言っても毒物が混入された物を食べてしまった事は事実です。

今回の事件の発覚で見えてきたずさんな事故米の管理と、それを扱う業者の本当にいい加減な対応。
これは本当に犯罪といって良いと思います。
今年初めに起きた毒ギョウザとなんら変わり有りません。
同じ成分のメタミドホスが検出されているのに、それを食用として転売しているのですから、悪質極まり有りません。

日本の食の安全性は、もうすっかり崩壊していますね。
消費者の事を考え真面目に頑張っている人や会社もある一方で、そこに納品する業者が偽装していたら、結局消費者の口に入る物は安全とは言えません。
私たちが日頃口にしている食品の中で、本当に安全と言える食品ってどれだけあるのでしょう?

より安く、より手軽に簡単に・・・を求めて、海外から仕入れられ、どんどん安全性を失っていきました。
海外産の物が全て悪い訳ではありません。しかし、日本で生産できる物も、安さを求めて海外から仕入れる事で、安全性は疑わしくなります。
特に中国産に関しては、先の毒ギョウザ問題でも明かですが、国自体がちゃんとした対応をしないので、まず信用することが出来ません。

以前から中国産に関しては、様々な問題点や危険性が叫ばれていました。
その時点から、我が家では中国産の食べ物は、なるべく口にしないようにしていました。
毒ギョウザ事件からは、全く口にしなくなりました。
でも、これも本当は解りません。中国産を日本産と偽って出されたら、消費者に判断する材料はありません。

消費者は食品業者を信じて、食べ物を口にするのですが、今回はまさしくそれを裏切られた事になります。
本当に情けなくなります。そこまでして儲けたいのか?って思ってしまいます。
そりゃ〜会社は設けなくてはいけないのでしょうが、騙してまで儲けなくてはいけないのでしょうか。
根本的に間違っている気がします。

本来商売って、人に喜んでもらって、その御褒美として儲けがあるのだと、私は思っています。
仕事でも、自分の持っている能力や力を、他の人のために使って働いて、そのお礼としてお金が入ってくるのだと思っています。
しかし、今はまずお金が先になっている気がしてなりません。
儲ける事が商売になっている感じがするのです。その結果が今回のような事件になるのだと思います。

お金が欲しいから商売する。お金が欲しいから仕事をする。
確かにお金は大切ですが、それでは何のために商売し、何のために働くのか解らなくなってきます。
自分の能力や努力が認められ、それに対してお金がもらえる喜びが働く事だと思います。
まぁ〜お金の無い私が言っても、何の説得力もありませんけどね(笑)

今回の事故米の騒動。
単なる騒動として終らせるのでは無く、食品業界、しいては日本の経済界、そして日本国民がもう一度、食とは?商売とは?と考える時期に来ているのではないでしょうか。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:47 | Comment(3) | TrackBack(0) | 私の思うこと