2008年09月08日

変われるか相撲協会

大相撲が揺れています。
前代未聞の理事長の辞任。しかし、私たちからすれば、やっと辞任したか・・・と言う感も否めません。

昨年の朝青龍の仮病疑惑から、時大山暴行死亡事件に続き、今回は大麻事件。
本当に相撲協会はどうなってるの?と国民皆が思っているでしょう。
この不祥事ゴタゴタ続きの最中でも、北の湖理事長は「部屋の親方の責任」の一点張りで、自分の責任に関しては全く触れていませんでした。
しかし今回は自分の部屋の力士が、大麻疑惑で検査の結果陽性反応が出ました。
理事長と言う立場もありますが、以前から言っていた「部屋の親方の責任」に自らがなってしまったのです。

二人のロシア人兄弟力士は「絶対にやっていない」と否定していますが、専門家が見ても「直接本人が吸引していなければ出ない数値」と言うほど、高い基準値が出ています。
絶対にやっていないと言うならば、何故こんな数値が出てくるのでしょう。
親方が信じたい気持ちも分かりますが、ここまで証拠を突きつけられたら「信じる」という方が無理な気がします。
本当にやっていないとするのならば、何故このような数値が出たのか、それを裏付ける証拠が無い限り二人の力士がウソをついているとしか思えません。

日本の伝統でもあり武道でもある相撲が、こんな形で汚れていくのは本当に悲しいです。
朝青龍の横綱としての品格問題の時も感じましたが、日本の本来の相撲道を外国人力士に教えるのには、かなり時間をかけないとダメなんでしょうね。
何のために相撲を取るのか。単なる金と名誉のためなのか?
本当に日本の伝統である相撲が好きで、相撲を取るのなら、絶対にこんな事件は起さないはずです。

武道と言うのは、ただ単に強ければ良い。勝てば良いというものでは無いのではないかと、私は思っています。
私自身が武道をしている訳ではないのですが、息子の剣道の練習を見ていてそう感じます。
武道と言うのは、何よりも礼儀を重んじ、相手を敬い互いに精一杯の勝負をする。
勝ち負けよりも相手と真剣勝負をする上での、相手に対する姿勢が大切なのだと思います。

しかし、最近は相撲にしても柔道にしても、勝つための手段ばかりが先行している気がしてなりません。
勝負事なので勝つ事が大事なのは当然ですが、「勝てば良い・強ければ良い」という風潮がまかり通っている気がするのです。
柔道はオリンピック競技にもなり、世界中の人々が競技するようになってから、ますます本来の柔道からかけ離れて行っている感じです。

相撲に関しても、朝青龍の横綱としても品格が問われるように、単に勝つためのスポーツと化している気がします。
この辺で一度、本来の相撲道とは何か?を考え、原点に戻らなければならないのかも知れませんね。
外国人力士がいる事は結構なのですが、相撲の取り方を教える前に、相撲の極意・力士としての志を教えなくてはいけないと思います。
そして我々日本人も、相撲の原点に立ち戻り、改めて日本の伝統・相撲を見直さなくてはいけないのだと思います。

私が子どもの頃には、体育の授業で相撲をしたり、どこの町にも公民館の横に土俵があり、年に一度相撲大会が行われたものでした。
相撲に限らず、日本人が日本の伝統・文化を捨ててきた時代がありました。
今、私たち日本人は日本を見つめ直し、本当の日本の姿を取り戻さなくてはならないのだと思います。

理事長も替わり相撲協会も変革を求められています。
相撲の原点に立ち戻って、一から大相撲をやり直すつもりで頑張ってほしいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと