2008年09月07日

娘のわがまま上昇中

近ごろ娘のわがままがエスカレートしています。
2歳と4ヶ月になって、自分の意思表示がしっかりしてきた反面、自分の意にそぐわないと異常なほどに反抗します。
ちょっとでも気にくわないと「嫌だ!嫌だ!」で始まり、最終的には怒られて大泣き。
私たちもなるべく娘の気持ちを理解しながら・・・とは思うのですが、朝の時間のない時などは、解っていてもついつい強行手段に出て娘が大泣きする結果です。
親に余裕が無い証拠ですね〜。いけないとは思うのですが、やはり難しいです。

しかし子どもって言うのは気持ちの切り替えが早く、娘の場合は息子の時と比べて、さらに切り替えが早い感じです。
怒られて大粒の涙をボロボロとこぼしながら、まるでこの世の終りのような悲惨な泣き顔をしていたかと思うと、自分の興味のある物が目に飛び込んで来ると、一転涙が止まり「あっ!見て!ほら見て!」と笑顔を見せます。
その変わり様の早さと言ったら、まるで演技をしている女優のようです。
なので我が家ではこんな時は「女優」と読んでいます。
ちなみに託児所の先生には「お嬢」と呼ばれているようです(笑)

娘の性格なのかも知れませんが、一瞬で感情が切り替わる早さは、本当に女優のようで私たちはその早さについていけません。
こっちはまだイライラした感情を引きずっているのに、娘はもう満面の笑みを浮かべているのですからね。
同じ思いを先生方もしているのでしょう。娘のクラスは女の子が二人しかいないので、娘の性格からしてきっとわがまましまくっているのだと思います。
先生方も自由奔放な娘に、時に笑い時に叱り時に呆れ、「お嬢」とまで呼ばせているのだと思います(笑)

最近は、お兄ちゃんに立ち向かっていこうとしたりして、お兄ちゃんにコケにされたりしていますが、その内真剣に取っ組み合いのケンカでもしかねない勢いです。
女の子なのに負けん気が強そうで困ったものです(^^;)
女の子らしい一面も見せるのですが、どうしてもお兄ちゃんの影響なのか、乗り物好きでお兄ちゃんの持っている物に興味を示すようです。

これからますます意思表示が強くなり、個性がしっかりと出てくる時期だと思います。
なるべく本人の意思を理解して、のびのびとさせてあげたいと思うのですが、現実は厳しいものがあります。
時に怒る事もあると思いますが、少しでも子どもたちの気持ちになって考えられるよう、私たちも努力していきたいと思います。

毎回毎回感じることですが、子育てって本当に難しいものですね。
子どもと一緒に成長できるように、私たち親も頑張っていきたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記