2008年09月01日

ついに福田総理辞任

ついに!?
ようやく!?
やっぱり!?
そんな感じでしたね。突然の福田総理の辞任会見。

就任当初「のらりくらりと交わして何もしない気がする」と思って見ていたのですが、本当にそんな感じの総理でしたね。
福田総理になってから、何か一つでも成果をあげたのでしょうか?
マイナス要素ばかりが目に付いて、プラス要素なんて何も挙げる事ができません。
本当にこの人は「総理をやりたかっただけ」だったのではないかとすら思ってしまいます。

確かにねじれ国会で苦しい部分もあったと思います。
しかし、それでもあまりにも情けない感じがしていました。
情けないと言えば、外交問題でもそれは大きく出ていましたね。
特に中国に対する福田総理の対応は、「日本国民よりも中国が大事」と思っていると思われても仕方ないような答弁や対応が多かったです。
毒ギョウザ問題にしても、チベット問題にしても、批判するどころか擁護ばかりしていました。

そして北朝鮮の拉致問題に関しても、まるで他人事のような対応で、とても日本国民のリーダーとは思えない対応ばかりでした。
福田総理の答弁や対応をみていると、どうしても「他人事」として考えているようなイメージが拭い切れません。
辞任の記者会見でも記者からその点を質問され「私は自分の事を客観的に見る事ができる。あなたとは違います。」と逆ギレとも思える回答をしていました。

自民党内ではすでにポスト福田の争いが始まっているようです。
一般的には麻生氏が優勢と見られているようですが、前回の事もあるのでまだ解りません。
自民党としては、少しでも国民に人気のある人に総理になってもらって、解散総選挙で有利に立ちたい考えなのでしょうね。
民主党としてはなるべく早く解散総選挙に追い込んで、政権交代といきたいところなんでしょう。

しかし、自民党も支持率が落ちていますが、だからといって民主党が伸びているか・・・というとそうでもないんですよね。
私個人的には、自民党の中でも応援したい人とそうでない人がいる。
民主党の中でも同様に応援したい人とそうでない人がいる。という感じで、どちらかと言うと政党よりも個人を応援したい気持ちです。

政治不信が広がっているということなんでしょうね。
いっその事、全く新しい政党が出てきて、今の腐り切った政治を一掃できるくらいのリーダーシップを持った人が出てきてくれるといいのですが。

これからまた、自民党の党首問題、そして解散総選挙と、政治の世界がうごめきます。
私たち国民がしっかり目を光らせて、質の有る政治家を選んでいかなくてはいけません。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:59 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記