2008年07月24日

またも大きな地震が

またも東北地方で地震がありましたね。
震度6強という強い地震でしたが、大きな被害は出ていないようで、ちょっとホッとしています。
何でも「キラーパルス」とか呼ばれる地震波が、今回の地震は弱かったようです。
地震の規模としては阪神・淡路大震災と同じものだったようですが、地震波の違いでこんなにも被害が違うものなんですね。

もう一つの要因として、家の作りも被害の拡大を妨げたのではないかと言われています。
東北地方は昔ながらの家の作りが多く、山の木を切り出して作られた家の柱は、通常の柱の3〜4倍はあるとか。
確かに古い家の柱って本当に立派ですよね。大黒柱と言うだけあって、家をしっかり支えるたくましい柱が多いです。

さらに建築家の意見として、古い大工さんは、柱と土台、柱と梁などを組むのに、金具の留め具を使わないらしい。
異物を使わない分、揺れなどを吸収しやすいのではないかと分析しているようです。

しかし今年は本当に大きな地震が多いですね。
地震大国の日本ですから、いつどこで大きな地震が起きてもおかしくありません。
でも、どこか他人事でニュースを見ている自分がいるんですよね。
防災意識を高めないと・・・・と、毎回思いながら日々の生活に流されてしまいます。
やはり月に一度くらいは「防災の日」として、防災グッズの確認や避難経路の確認等を、子どもと一緒にしないといけないですね。

防災グッズもちゃんと揃っていないしなぁ〜(^^;)反省。
七夕の日に「ロウソクの灯だけで過ごす」ということをやりましたが、これとセットして月一くらいで、家族の中で浸透していけるように頑張ってみたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記