2008年07月22日

脱石油に向けて

今年の夏も暑くなりそうですね。
梅雨明けしてから、一気に暑い日が続いています。
もうクーラー無しでは生きてゆけませね(><)

今年の夏は原油高騰の影響から、車を利用する人が減って、電車へと移行しているようです。
その影響で観光客も激減しているんだとか。
エコの観点からすると、車の利用が減るのは喜ばしいことですが、景気の観点からすると喜ばしくないことですね。

何度もここでつぶやいていますが、そろそろ本気で「脱石油」を考えていかないといけない時期に来ていると思います。
今回の原油高騰を教訓として、石油に代わるエネルギーを作り出していかなければ、日本は生き残れません。

一番進んでいるのは車でしょうか。
ガソリンからガソリン以外のエネルギーで走る車が、どんどんと開発されてきています。
来年には三菱自動車から、家庭用コンセントで充電できて、一回の充電で160km操行可能なiMiEVが発売されるかも知れません。
全くガソリンを使わないので、確かに嬉しいのですが、問題は電気代が上がってしまったら同じですよね(笑)
電力も原油に頼っている部分が大きく、今回の原油高騰で電気代も値上げされています。

そう考えると石油を使わないでエネルギーを作り出すのって、本当に大変なことなんだと思います。
でも、作り出していかないとダメですね。
日本の誇る技術力で、是非、クリーンなエネルギーを作り出してほしいです。
もっと太陽光を利用できるように、国も助成金とか出してほしいですよね。
無駄な事業に金出すなら、エコを頑張っている企業や個人にお金出してほしいです。

我が家も真剣にもう一台自転車買って、娘の送り迎えは車から自転車にしたいと考えているところです。
そんな我が家にも是非助成金を(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記