2008年07月20日

お仕事のお客様

今日は東京からお客様が来られました。
初めてお会いするお客様なのですが、仕事の関係のお客様です。

実は今カレンダー制作の仕事を請け負っておりまして、もう詰めの段階まで来ています。
ずっとメールと電話でやりとりをしていたのですが、今回関西の方に出張で来られるとの事で、是非お会い出来ないでしょうか?と打診があったのです。

私もメールと電話だけで仕事を済ませるよりは、一度お会いして顔を会わせていた方が、より仕事はしやすくなります。
是非お会いしましょうという事で、本日お会いすることにしていたのです。

近くの駅まで起し頂いて、車で迎えに行き、我が家までご案内させて頂きました。
仕事の話でもありますが、先方も「半分観光」ということで、我が家にお越し頂きました。
男性2名と女性1名お越し頂いて、カレンダーの出来具合を見て頂き、その後仕事の話から世間話まで、いろいろと話が弾みました。

日曜日で家族皆いたので、息子も娘もちょっと興奮状態でした。
しかし、息子は前日の学童のお泊まり会の疲れが出たのか、テーブルの下に潜り込んでいつの間にか熟睡していました(^^;)
娘も興奮気味で話をしている所に割り込んできては場を和ませていました。

あっという間に時間も過ぎ、そろそろ駅に送っていく時間です。
私が車に乗り込んだのを見て、娘は大泣き。自分もきっと行きたかったのでしょう。
それでもお客さんが車内から娘に手を振ると、泣きながらもバイバイしていました(笑)

仕事自体はメールと電話で済ませる事は出来ますが、やはりお会いしてその人の雰囲気というものや人柄というものが解ると、何となく安心しますよね。
不思議なもので、メールと電話でイメージした人物像と、実際にお会いした感じとが近いのは、メールや電話でも人柄が分かるということなんでしょうか。

今回の仕事は詰めの状態ですが、今後も何らかの形でお付き合いできるといいなぁ〜と感じました。
やはり人と人の繋がりっていいものですね。実際にお会いする事で、ぐっと親近感が強まります。

さぁ、仕事も詰めの段階ですので、最後まで気を抜かずに、しっかりと作り込みをしたいと思います。
また、仕事完了したら、ここで紹介させて頂きますね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事