2008年06月26日

娘のお喋り上達中

子供って〜のは、環境に大きく左右されるのでしょうね。
結婚式のために、嫁さんの両親が我が家に来て、一週間になりますが、娘にとっては突然我が家が賑やかになり、一気に話し相手が増えた感覚なのかも知れません。

それまでは、言葉自体も少なめでした。
何やら話している感じはするのですが、全くの宇宙語だったのです。
ところがここ数日、言葉がかなりハッキリしてきて、かなりお喋りになっているのです。
おそらく話し相手が増えた事で、一気に言葉を覚え応用しているのでしょうね。

おじいちゃん・おばあちゃんも娘との会話が楽しくて、どんどん話しかけてくるので、ますます娘はお喋りになっていきます。
そして歌もどんどんレパートリーが増えてきています。
以前は私が唄わないと、全く唄いませんでしたが、ここ数日で自分で唄うようになりました。
何やらメロディ〜っぽいな・・・と思って聞いてみると、歌を唄っているのです。
そしてその歌が何の歌か、解る範囲まで上達しているのです。

やはり子供にとっては、家族が多いって事はとても良い環境なのだろうな〜と思いました。
核家族が増える中、私たちの家族のように共働きの家庭も増えています。
どちらもフルタイムで働いていると、どうしても子供と接する時間は削られてしまいます。
親が帰ってくる時間から、子供を寝かせつける時間まで、僅か2時間程しかありません。
子供にとっては、もっと会話したいところなのでしょうが、厳しい現実があるのです。

娘はこれからどんどんお喋りしていくことでしょう。
逆に息子はどんどん話さなくなってくる年ごろです。
男の子と女の子の違い、年齢的な違い、両方を考えてそれぞれに向き合っていきたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記