2008年06月17日

死刑囚と人権

宮崎勤、この名前を久しぶりにニュースで聞いた。
本日、宮崎勤死刑囚に死刑が執行されたようです。
私は「え!?まだ死刑になってなかったの?」と思ったのが正直な感想です。
事件発生から一体何年経っているのでしょう。もう20年ですよ。
遺族の方々の苦しみや憎しみは、この間もずっと続いていたのです。

死刑制度については賛否両論あるでしょう。
私も死刑が良い方法だとは思いませんが、今、死刑を廃止するのには反対です。
人の命を奪ったのであれば、自分の命を持って償うもの。
古い考えかも知れませんが、そうでなければ被害者遺族の無念は晴れません。
死刑が執行されたからといって無念が晴れるわけではありませんが、気持ちの中でひとつ区切りをつけることができるのではないかと思います。

しかし、今回の宮崎勤死刑囚の死刑執行に関して、国会議員でつくる「死刑廃止を推進する議員連盟」の亀井静香会長が、法務省を訪れ、死刑制度の見直しを求める申し入れ書を提出したそうです。
この亀井静香という国会議員、正直申し上げて私は好きになれません。
自民党にいた頃から、変に態度だけ偉そうで、ボス的存在の議員にくっついていた感がありました。
自民党の悪しき古き体質を、そのまま引き継いでいる方のような気がしていました。

今回、死刑廃止を推進する議員連盟の会長になっていることを知り、ビックリしました。
そんな議員連盟が有る事もビックリでしたけどね。
さらにこの方は、日朝国交正常化推進議員連盟にも名を連ねています。
「一体本当に国の事を考えているのか?」と思ってしまいます。
死刑廃止を訴える前に、もっとやるべき事があるんじゃないですか?
本当に自分の頭で考えて「死刑を廃止した方が良い」と思っているんでしょうか。
単に死刑廃止派の人々の票が欲しいだけのような気がしてなりません。

死刑廃止の訴えの理由が、死刑を執行しても凶悪犯罪は減っていない。死刑は必ずしも凶悪犯罪の抑止力にはなっていない。ということらしいです。
確かに凶悪犯罪は減っていません。しかしだからと言ってそれが死刑廃止の理由には繋がらないと思います。
さらには国家権力によって人の命が消される。とも言いますが、凶悪犯罪を犯した罪人を国家が裁かなくて誰が裁くのでしょうか?

私は「犯罪者にも人権がある」という言葉がどうも好きになれません。
確かに誰にも人権はあります。しかし人権を訴える前に、ちゃんと罪を認め反省し、謝罪をして悔い改めてから人権を訴えるべきです。
人の命を無残にも奪っておいて、反省も無く謝罪も無く、いざ自分の命が奪われるとなった時に人権を訴えるのは、卑怯な手段だと私は思います。
人の命を奪った人間が、国家によって裁かれ死刑になろうとした時に、人権という言葉を使うのは、人権の悪用と言ってもいいのではないでしょうか。

しかし、私自身も死刑制度を好ましく思っているわけではありません。
どんな理由にせよ、人の命が奪われるのは好ましくありません。
だからこそ、凶悪犯罪の起きない世界にする努力を怠ってはいけないのだと思います。
死刑制度を廃止する前に、死刑囚を生み出さない世の中にする方が先です。

この問題は本当に難しい問題です。
難しい問題だからこそ、皆で考え答えを見つけていかなければならないのだと思います。
きれい事で「人権」と言うのではなく、被害者遺族の方々の想いや、秩序を乱した罪の重さを考えて、問題定義していくべきでしょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:59 | Comment(4) | TrackBack(0) | 私の思うこと