2008年06月08日

日曜の悪夢

のどかな日曜日のお昼に激震が走りましたね。
東京・秋葉原で起こった通り魔殺人事件。
「生きるのが嫌になった」「世の中が嫌になった」そんな理由で、全く関係の無い人々を刺して行った、最悪の通り魔事件です。

私がこのニュースを知ったのは、午後4時半頃でした。
今日は息子の剣道の練習の後、すぐに買い物に出かけていて、お昼の時間帯は家にいなかったのです。
家に戻ってきて、しばらく仮眠をして目覚めた後に、ネットニュースで知りました。

しかしその時「あぁ〜これだったのか」と思ったのです。
お昼の時間帯、車で移動中、カーナビをテレビにして走っていました。
しかし純正のカーナビなので、走行中は安全性の問題から、テレビ画面は消えてしまいます。
音声だけ聞きながら車を走らせていたのですが、その時に「ピコンピコン」とニュース速報が流れる時の音が聞こえたので、嫁さんと「何かあったのかな?」と話していたのです。

17人がケガを負って、うち7人の方が亡くなっています。
本当に最悪の通り魔事件となってしまいました。
この背景にあるものは一体何なのでしょう。
「生きるのが嫌になった」「世の中が嫌になった」それだけで、こんな無差別殺人を起してしまう。そんな人間を作り出してしまったものは何なんでしょう?

こんな事件が起きる度に考えさせられます。
今の日本は、これからの日本は、このままではいけないのです。
子供たちに犯罪に巻き込まれないように、注意を促す事も大事ですが、犯罪を起さない子供を育てる事も大切だと私は思います。

息子が学校から「いかのおすし」というタイトルのチラシをよく持って帰ってきます。
知らない人についていかない
知らない人の車にらない
知らない人に連れていかれそうになったらおごえを出す
連れていかれそうになったらぐに逃げる
誰か近くの大人にらせる

子供たちに簡単に覚えさせるための物でしょう。
子供たちを守るために教えていることだと思うので、仕方のない事だとは思います。
しかし、これは極端に言うと「知らない人を信じるな」と教えている感じもして、子供たちがどこまで理解しているのか多少疑問もあります。

子供たちを守る事もとても大切です。
しかし、それと同時に子供たちを犯罪者にしないための教育も大切だと思います。
そしてこれは学校で教えられる事ではありません。
家庭で親が、地域で大人が教えなくてはいけないことだと思います。
命の大切さ・尊さというものを、人を敬い人を愛することを、どれだけ大人が教えてあげられるかだと思います。

私も子供を持つ親として、子供を一人前の大人に育てる義務があると思います。
立派な親ではありませんが、人の痛みの分かる大人に育ってくれればと願っています。

今回の惨事に巻き込まれた方々、本当に恐怖だったと思います。
亡くなられてしまった7名の方々の、御冥福をお祈りいたします。
そしてケガをされた方々、一日も早い回復、そして心の回復をお祈りいたします。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:36 | Comment(5) | TrackBack(0) | 私の思うこと