2008年05月30日

懐かしいプリントゴッコ

ネットニュース見ていて「プリントゴッコ販売終了へ」という文字が目に付いた。
プリントゴッコ・・・・・・懐かしい〜。
よく使っていましたよ。年賀状の時には一生懸命ペッタンペッタンやったもんです。

今でこそパソコン&プリンターが普及して、オールカラーの写真入りの年賀状が、普通に自作できる時代になりましたが、プリントゴッコ時代には、カラー年賀状なんて夢のまた夢。
インクを何色にするか?・・・・というレベルでしたからね(笑)

プリントゴッコって、簡易のシルクスクリーン印刷みたいな感じでした。
まずは原稿を作り、版を作ります。
専用の球をセットして、「バシュ!!」と版を焼き付けて、そこにインクを載せてペッタンペッタンするわけです。
今から思うと「何て原始的な・・・」と思いますが、当時は「凄い!!」って感動したものです。

毎年年賀状の時期になると、プリントゴッコのコーナーが賑わいを見せ、プリントゴッコ用のイラスト集や、その年の新色のインクなんかが出たりして、目を引かれたものでした。
私も毎年、自分でデザインを考え、プリントゴッコで年賀状を作っていました。
今思い返すと、涙ぐましい努力ですね〜。1枚1枚ペッタンペッタンしていたんですからネ。
そしてインクが乾かないうちに、年賀状を重ねてしまうと、年賀状が汚れてしまうので、1枚1枚並べて乾かしたものでした。
その内、裏技として、コミック誌等に挟んで乾かしたりしていました(笑)

しかし、パソコンが当たり前になった今となっては、逆にプリントゴッコって斬新かも知れませんね。
パソコンでプリントすれば、同じものが何枚でも作れますが、プリントゴッコでは同じものでもインクの不着具合等が微妙に違います。
その内、隣のインクと色が混ざって、微妙なグラデーションになったりしてきます。
同じものを作っていても、全て違うものが出来てくるのです。
偶然の産物を無数に生み出す機械であったと言えるのではないでしょうか。

プリントゴッコ時代には、今のようなオールカラーの美しい印刷に憧れ、その時代になると逆にプリントゴッコの良さが解ってくる。
何とも皮肉なものですね。
プリントゴッコは販売終了になりますが、その想い出はいつまでも残り続けることでしょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:59 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記