2008年05月13日

やはり被害が拡大しています

中国の大地震、やはり被害者の数が増えてきていますね。
想像をはるかに超える被害のようです。
ニュースで映像見る度に、いたたまれなくなってきます。
日本政府も5億円弱の援助を申し出ているみたいですが、人的援助、特に自衛隊派遣も視野に入れて、もっと中国共産党に働きかけていかなくてはなりません。

多くの一般市民が犠牲になっているのです。
一刻も早く出来ることを見つけて、支援していかなくてはいけないと思います。
中国政府もいち早く被災地に駆けつけ、救助活動をしている様子を放映していましたが、私はちょっと納得出来ませんでした。
あまりにもタイミング良過ぎる映像だった感じがしたのです。
まるで打ち合わせでもしたかのような、まるで映画やドラマのワンシーンのような映像に感じたのです。

特に温家宝首相が拡声器を使って、倒壊した建物の中にいる人に、「すぐに助け出しますから頑張って下さい」と呼びかけるシーンがありましたが、あまりにもグッドポジションで撮影されている気がしました。
まるで「ここで撮って」と指示されたのではないかと、疑ってしまうような映像でした。
私の思い過ごしかも知れませんが、これまでも様々な捏造や虚偽を行ってきた共産党なら、やりかねない・・・とも思ってしまいました。

日本の民間団体も人的支援を検討して、中国政府に連絡を入れているようです。

【ネット産経新聞より転記】
---------------------------------------------------------------
災害救助犬を派遣するNPO法人(特定非営利活動法人)「日本レスキュー協会」(兵庫県)は13日、中国の大阪総領事館を通じ、救助犬4頭とトレーナー4人を派遣する意向を伝えた。しかし、中国側から「自国の人間が現地に入れないのに、外国からの援助は受け入れられない」と断られたという。
 生き埋めになった人の生存率は被災後48〜72時間で大幅に低下するといい、協会は早急な派遣を申し出ていたが、2回にわたり断りの電話があった。協会は「飛行時間や犬の検疫、現地での移動時間などを考えると、13日中の出発がぎりぎり」と唇をかむ。
---------------------------------------------------------------

自国の人間が現地に入れない・・・・って、温家宝さんは現地入りしているじゃないですか?
きっと中国国内に災害にいち早く対応し、必死で救助活動を行う政府の行動をアピールしたいのかも知れません。
一人でも助かる命があれば・・・・という思いで人的支援を訴えているのですが、解ってもらえないのでしょうか。

さらに中国政府はこんな大災害時にも、聖火リレーを予定通り行ったようで、流石に自国民からものすごい批判を受けて聖火リレーを縮小したようです。
普通に考えれば一次中断するなり、中止にするなりするものですが、普通に行ったというところで、自国民の命よりもオリンピックを優先させたという結果を作ってしまいました。

被災地では余震が続いていて、さらに悪天候で大雨が降っているとの情報もあります。
家を失った人々や、家の倒壊が怖くて家に戻れない人々は、雨の中不安な夜を過ごすことになります。
災害が起きた時は、その時の判断を誤ると、被害者の数は一気に増えてしまいます。
一刻も早く周辺国からの人的支援も受けて、一人でも助け出す姿勢を示してほしいものです。

救出した後も、仮設住宅の設置、そして被災された方々への精神的ケア等、様々な支援が必要になります。
地震大国の日本だからこそ、支援の力を発揮できるのではないかと思います。
しかし、中国側が受入れなかったら、何も始まらないのですよね。
国のメンツを重んじて、助かる命を見殺しにしてしまっては、国家とは呼べないと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記