2008年05月07日

パンダ外交の成果

これほどまでに滑稽なイメージの首脳会談があっただろうか?
中国共産党の胡錦濤国家主席訪日で、福田首相と首脳会談を行いました。
ギョウザ問題や東シナ海ガス田問題、そしてチベット問題。
どれもこれも大変な問題を抱えての訪日だったのですが、結果的には何も解決策の無いまま、「お互い前向きに協力しましょう」的な話し合いで終わったようです。

おっと、忘れておりました。
一番の功績がありましたね。
パンダをレンタルして頂けることは決ったようです。年間1億円で(笑)

あぁ〜〜〜〜〜〜〜もう!!
書いていて情けないやら腹立たしいやら。
これが一国のリーダーかと思うと、本当に悲しくなってきますね。
なぜもっと踏み込んで話をしないのでしょうか。
単に「ややこしい問題は先送りしてその場を過ごそう」という魂胆が丸見えです。

テレビの映像ではお互いににこやかに握手をして、いかにも「日中友好」のようなムードを盛り上げていますが、国民感情は違います。
ギョウザ問題を始め、チベット情勢、そして先日の聖火リレー問題で、中国共産党に対する日本国民の目は、かなり厳しくなっています。
いくらテレビで友好ムードを盛り上げても、単なるパフォーマンスであることは、国民はもう知っています。

現に胡錦濤国家主席の訪日に合わせて、様々なところで抗議活動や抗議集会が行われています。
「胡錦濤国家主席さん、いらっしゃ〜い」と両手を広げて喜んでいるのは、中国共産党に媚を売る政治家と財界の上の人たち、そして日本にいる中国留学生だけでしょう。
多くの日本国民は気持ち良く出迎えてなんかいませんよ。

問題の本質から目を反らさせて、パンダで国民の興味を引こうと考えているのなら、本当にお笑いですね。
日本国民はそこまでバカじゃありませんよ。
ガソリン暫定税率を復活させ、後期高齢者医療制度でお年寄りからお金を巻き上げ、財政難といいながら、パンダにはあっさりと1億円を出す。
「国民の生活よりもパンダの方が大事だ」と言われているような気がして、怒りを通り越して笑えてきますね。

しかしこの国は本当にどうなってしまうのか?と考えてしまいます。
未来の日本が住みやすくて生き生きとした国になるよう、私達大人が今考える必要がありますね。
「このままではいけない」という気持ちをしっかり持って、真実を見つめ続ける努力をしていかなければならないと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | 私の思うこと