2008年03月26日

息子の愛情

まいりました(*_*)
昨日は一日完全にのびていました。
朝方から寒さがきて、朝起きた時には身体がガタガタ震えていました。
その内、熱が上がってきて、夜には39.5°まで上がっていました。
今朝まで38°代の熱がありましたが、その後下がり始め、ようやく平熱に戻りました。
風邪だったのでしょうか。

今年はこれで体調崩すの2回目です。
身体弱っているんでしょうか?年齢的にもガタが来る世代ですからね。
先週お酒飲み過ぎたのも、影響しているのかも知れません。

息子は学童に行く予定で、お母さんにお弁当も作ってもらっていましたが、私が送っていくことが出来なかったので、結局お休みしました。
前回体調崩した時もそうでしたが、また「お父さんアクエリアス買ってこようか?」と言って、自分でアクエリアスを買ってきてくれました。

そして私がタオルを水で濡らして持ってくるように頼むと、洗面器に水を入れタオルを絞ってくれました。
寝ている間、2〜3回、私の頭のタオルを絞ってくれていました。
我が息子ながら良くやってくれています。

親バカと思われるかも知れませんが、もう一つ息子に勇気づけられたことがありました。
寝ていて汗だくになった身体を拭こうと、布団から出た時、布団の上に何か紙があるのが目に入りました。
よく見ると封筒らしき物でした。しかし正確には封筒ではありません。
それは息子の手作り封筒でした。

これが息子の手作り封筒。
080326-1.jpg

そして封筒を開けてみると、中からこんな物が
080326-2.jpg

蛍光ペンで書いてあるので解りづらいかも知れませんが、「お父さん早く元気になってね」と書いてあります。

そしてよくよく見てみると、封筒を留めてある赤いシールも手作りで、赤い紙を重ねたバラになっているのです。
これを見つけた時は、まだ熱があり、ボーッとした状態だったので気づきませんでした。
080326-3.jpg

高熱の中で辛い状態でしたが、この手紙を読んで、とても幸せな気分になり、再び布団の中に潜り込みました。

息子は時々、このような手紙を書いてくれます。
私だけでなく、お母さんに宛てて書くことも多く、最初は文字が無茶苦茶で文章もハチャメチャで笑えたのですが、最近はしっかりとした文章になっていてビックリです。
それにしても、封筒を手作りし、バラのシールまでこしらえる凝りようは、やはり私に似たのでしょうか?

子供って凄いですね。
つい最近文字を書くことを覚え始めたと思っていたら、いつの間にかしっかりと文章を書いて、ちゃんと封筒にまで入れる事を理解しているのですから。
前回体調を崩した時、そして今回。
息子がとても頼りになる存在でした。

季節の変わり目です。
皆さんも風邪などひかぬよう、しっかり体調管理して下さいね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:40 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記