2008年03月08日

どうしてそんなに反捕鯨なのか

以前にも捕鯨の問題でつぶやいたことがありますが、今また捕鯨の事が問題になっていますね。
しかし今回は捕鯨そのものよりも、捕鯨調査に対する妨害活動が問題になっています。

以前にも日本の捕鯨調査船に、無断で乗り込んできたシーシェパードのメンバーを拘束したことで、シーシェパードの方があたかも被害者であるようなコメントをしていました。
そして今回また、同じようなことをやっています。
自分たちから有害な火炎瓶を投げ込んで来て、捕鯨調査船が威嚇用の空弾を撃った事で、また自分たちが被害を受けたようなことを言っています。

これってどうなんですかね。
自分たちから武力行為で仕掛けてきて、こっちが反撃(それも人的被害の無い物)したら「我々は被害を受けた」って。
これって単なる嫌がらせじゃないんですか。動物愛護でもなんでもありませんよ。
単に自分たちの存在価値を見せつけたいだけのパフォーマンスじゃないのでしょうか。

動物愛護・・・この言葉自信はとても良い言葉だと思います。
しかし、人間は所詮動植物を犠牲にして、それを食する事でしか生きていけない生物です。
他の動植物の恩恵を受けまくっている人間が、動物を愛護する。なんか矛盾していませんか?
愛護するのではなく、動物を見守り、感謝するのが大切だと思います。

そして愛護するとして、何故クジラばかりを愛護するのですか?
クジラは賢い生き物だから、それを食べるなんて野蛮だ。
これが理由だとしたら、これは動物差別、そして鯨を食べる人種への完全なる人種差別です。
鯨が絶滅しそうで、捕獲してはいけない。そんな理由が捕鯨禁止の一番の理由だったと思います。
でも、いつまでも捕鯨禁止していたら、今度は鯨が増え過ぎてしまいます。
何事もバランスが必要なのです。
そしてその調査のために捕鯨調査しているのではないんでしょうか。
その捕鯨調査すらも「野蛮だ」と攻撃してくるのは、単なる自分たちの思想の押し付けと、自己主張の固まりに過ぎません。

動物愛護も必要なことですが、全ての動物のバランスを見て、守るべき時は守り、そうでない時は捕獲する。
そうでないと、自然のバランスが狂ってきてしまいます。
この動物は可愛いから愛護しよう・・・というような気持ちで愛護活動をしていたら、それは動物愛護ではありません。
今回のシーシェパードの活動はハッキリ言って動物愛護ではありません。

こんな無茶苦茶な活動をする団体を、そのまま野放しにしていて良いのでしょうか?
この人たちの考えは、動物愛護のためなら多少の武力はOKという考えのようです。
だから前回も今回も、同様に被害を加えてきているのでしょう。
とても危険なことですよね。
このままエスカレートすると、動物愛護の為なら邪魔な人間は殺しても良い・・・なんて発想になりかねません。
現在はその初期段階のような気がします。

抗議するならちゃんとした形で、そして科学的根拠に基づいて抗議すべきです。
鯨を食べるのは野蛮だ。何て言う人間が一番野蛮じゃないか・・・って言いたいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:42 | Comment(4) | TrackBack(0) | 私の思うこと