2008年01月31日

同じ話題ですが

昨夜のニュースから、一気に日本中から中国産冷凍ギョウザが消えましたね。
ギョウザだけでなく、他の商品も撤去されているみたいで、きっと日本中の家庭で冷凍庫をあさっていたことでしょう。
そう言う私もあさってました(笑)

該当する商品は無いのは解っていましたが、それでも中国産の冷凍食品が二つ出てきました。
嫁さんと相談して、やっぱり怖いので処分することにしました。
何だかね〜もう今まで以上に中国産の食品は買わなくなる事でしょう。

いくら安全管理をしっかりすると言われても、やっぱり日本人は日本の食べ物を食べるのが一番良い事だと思います。
多少値段が高くなっても、美味しくて安全な物を食べたいですよね。
今まであまりにもコストを意識し過ぎて、海外に食を頼り過ぎていたツケが回ってきたのでしょう。
これからは、私たち消費者がしっかり商品を選んで、安全な食材を選ぶことを身に付け、さらに自給率を上げるために、国もしっかり日本の農業をバックアップしていかなくてはなりません。

一昔前までは、中国の人件費が安いことで、様々な商品製造が中国に移り、多くの中国産商品が日本に入ってきました。
しかし、大量生産による低コストから、日本人は食べ物を粗末にして気がします。
我が家もそうですが、食べ残し、そして冷蔵庫の中で賞味期限切れになった食材が、あまりにも多すぎます。
安い事でついつい無駄買いをしてきた傾向があるのではないでしょうか。
安い事は消費者にとっては嬉しいことですが、大量消費の時代は終わりました。

中国の経済も伸びてきて、人件費も高騰しています。
今までは安い人件費で「世界の工場」と言われていましたが、これからはそうはいかないでしょうね。
日本の企業も、そろそろ真剣に考えていかないといけないと思います。

あぁ〜二日続けて同じつぶやきになってしまった。
でも、それだけショッキングな事です。
日本人は日本の食べ物食べましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと