2008年01月30日

やっぱり怖い中国産

ショッキングなニュースでした。
冷凍餃子を食べて吐き気や目まいを起し、千葉県や兵庫県で入院している人がいることが判明した。
またもや中国産である。

昔は特に気にする事なく、食品を買っていましたが、さすがに最近は「中国産」と書いてあると避けるようになりました。
しかし、今回の商品は冷凍食品で、これ以外にも材料を中国から仕入れて加工している場合もあるとか。
昨年の食品偽装に続き、完全に食の安全は崩壊しましたね。

ただ、日本国内の食品偽装は、人命に関わるほどの事態にはなっていませんが、今回の問題は9人が入院し、内一人の女の子は一時期意識不明の重体になり、未だ重症の状態のようです。
ここまで来るともう信用出来ないですね。
いくらメーカーがちゃんと検査をやっていると言っても、中国産と言うだけで信用しない人が殆どではないでしょうか。

我が家でもよくお鍋をする時に、餃子を入れることがあるので、冷凍餃子はよく使います。
生協も利用しているので、今まで口にしていた可能性もあります。
もしかしたら・・・・と考えると、ぞっとしますね。

原因を追及して、しっかりとした対策をとって欲しいのですが、相手が中国となるとあまり期待はできないでしょうね。
もう自分の身は自分で守るしか無いのでしょうか。
これを機に日本全体が食の自給率について、真剣に考えて対策をしていかないといけないのではないでしょうか。
メーカーには、安易に「安いから」というだけで、海外から材料を仕入れるのでは無く、日本国内の材料を使う努力をして欲しいです。

そして国も、もっと自給率を上げるための対策をとって欲しいです。
自分たちが食べるものは、極力自分たちの手で育て、消費していきましょうよ。
万一海外から輸入が出来なくなると、日本人は餓死してしまいます。

我が家も自家栽培でもするかな(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | 私の思うこと