2008年01月20日

小さな幸せ

さっぶっい〜〜〜〜〜((((@@))))

何でも今日から明日にかけて、雪になるかも知れないと言われているようで、さすがに寒いです。
しかし寒くても子供たちは元気ですね。
特に娘はお兄ちゃんと遊ぶのが楽しいのか、お兄ちゃんの後を追っかけていました。
お兄ちゃんも自分の真似をする妹がかわいいようで、走り回って楽しんでいました。
でも、時々玩具の取り合いをして、妹を泣かせてしまうんですけどね(笑)

今夜は寒くなるので、鍋にしようと言う事で、暖いお風呂に入り温かいお鍋を食べる事にしました。
やっぱり寒い日はあつあつのお鍋に限りますね。
お腹の中から温まって、心も身体もほかほかになりました。
こうやって家族で温かいお鍋を食べれる事は、本当に幸せな事なんだと思います。

そして今日はもう一つ、嬉しいことがありました。
それは娘の初めて「できた」ことです。

最近おしっこやウンチをすると「おちっこ」「うんち」と、言葉に出して教えてくれるようになった娘。
そして自分からトイレに向かうようになってきたので、オマルで排泄できる日も近いのでは・・・と、期待していました。
でも、いざオマルに座らせると、すぐに嫌がって降りていました。

しかし、本日、見事にオマルでウンチをすることに成功したのです。
嫁さんが娘が気張っている事に気づき、「トイレに行こうか」と誘い、見事にオマルでウンチをすることが出来たのです。
トイレで「やったね〜えらいえらい!!」という歓喜の声が聞こえたので、私も息子も何だろうと見に行くと、満足げにオマルに座っている娘がいました。
みんなから「やったね〜凄いね〜」と頭をなでてもらって、とても嬉しそうな娘。
おしりを拭いてもらって、お水を流す時にウンチにバイバイしました(娘の儀式になっています:笑)

今まではウンチやおしっこをした後に教えてくれましたが、これから少しずつ排泄の前に教えてくれるようになる事でしょう。
子供って本当に次々にいろんなこと出来るようになりますね。

小さな事ですが、幸せを感じた我が家でした。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記