2008年01月18日

本当に薄いMacBook Air

二日前につぶやく予定でしたが、ちょうど新作のお知らせと重なってしまったので、本日つぶやこう。
以前にも「今年のMacWorldは」と題してつぶやきましたが、そのMacWorldでやはり噂の超薄型ノートブックが発表されました。
映像で見る限りでもかなり薄いです。
080118.jpg


商品名も「MacBook Air」
どれだけ薄いかと言うと、0.4〜1.94cmというから一番厚い部分でも2cm以下ということになる。
そして重量はわずか1.36kg。
本当に薄くて軽いノートブックの登場です。

しかしこのMacBook Air。今までのノートブックとはコンセプトが異なります。
明らかにサブノートとしての位置づけになっているようです。
まず、ドライブがありません。つまりCDやDVDドライブが無いのです。
外付けオプションとして購入できるようですが、基本的にCD&DVDを排除した形になっています。

Appleは以前も同様の事をやったことがあります。
10年近く前に、初めてiMacが発表された時。
それまでは当たり前のように付いていたFD(フロッピードライブ)を排除したのです。
フロッピーに入るデータは1.4MB。それくらいのデータならネットを介して転送できるから要らないという判断の元、常識だったFDをあっさり捨てたのです。

今回のドライブ排除も似たような感じがします。
ブロードバンドの普及に伴い、ネットやワイヤレスでも大容量がやり取りされる時代になってきました。
これからは、CDやDVDのメディアも、フロッピーと同じ扱いになると予測しているのかも知れません。

そして何より、持ち運びを前提としたノートブックでは、CDやDVDのメディアを使う必要性は少ないと判断したのでしょうね。
事実、最近の移動用のメディアって、フラッシュメモリーを使う人が増えています。
気軽に持ち運べて、簡単にデータを移せるので楽ですよね。

私的にはもっと小型のポータブルMacが出てくることを期待していたので、ちょっとMacBook Airは期待外れでした。
でも、このMacBook Airで様子を見て、次はiPhoneとMacBook Airの中間に位置する商品を出してくれるものと期待しています。
そしてその時は是非、iPhoneのようなタッチパネルを採用してほしいですね。

MacBook Airに興味の有る方はAppleサイトにてチェック!!
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh