2008年01月17日

あれから13年

今日は阪神淡路大震災から、13年目となりました。
毎年、この日になると思い出します。
私の住むところは、震度4程度でしたので、大きな被害は無かったのですが、何しろあの揺れはやはり怖かったです。

一人で寝ていて地鳴りで目が覚めましたからね。
そしてその瞬間、グラッと横揺れして一気に揺れました。
何もすることが出来ず、寝た状態で栄光ランプが天井にぶつかりながら揺れていたのをただただ見つめていました。

最も被害が大きかった、神戸や淡路北部の揺れと言うのは、想像を絶するものだったと思います。
あれからもう13年経つのですが、この日になると、まるで昨日のことのように思い出されます。
テレビで煙をあげて崩壊している神戸の街並みを見た時は、本当にショックでした。
「これって現実、映画じゃないの?」と感じたものでした。

息子も学校で「今日は大きな地震があった日」と、聞いてきたようです。
昨年も同じように話してくれたので、学校でも阪神淡路大震災のことを教えるようにしていえるのでしょうね。
息子は先生から話を聞いたらしいのですが、その時先生は中学生だったとの事。
えっ!?ということは・・・・・・・・先生かなり若いです(^^;)
私が二十代後半の時に中学生だった人が、今、自分の息子に勉強を教えている。
ちょっと不思議な感覚になりました。

まるで昨日の事のように思い出されますが、その間に、私も結婚し子供が産まれ、小学校に通い・・・と、確実に月日は流れているのです。
そしてその当時、中学生だった先生が、今息子を教えている。
13年という月日の中で、これだけの変化があったのですね。

しかし、この震災のことは、いつまでも語り継いでいかなくてはいけないのだと思います。
多大な被害をもたらし、大勢の人の尊い命を奪った震災です。
今日の日をいつまでも忘れずに、そして防災の意識・知識というものを高めていかなくてはいけませんね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:41 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記