2008年01月31日

同じ話題ですが

昨夜のニュースから、一気に日本中から中国産冷凍ギョウザが消えましたね。
ギョウザだけでなく、他の商品も撤去されているみたいで、きっと日本中の家庭で冷凍庫をあさっていたことでしょう。
そう言う私もあさってました(笑)

該当する商品は無いのは解っていましたが、それでも中国産の冷凍食品が二つ出てきました。
嫁さんと相談して、やっぱり怖いので処分することにしました。
何だかね〜もう今まで以上に中国産の食品は買わなくなる事でしょう。

いくら安全管理をしっかりすると言われても、やっぱり日本人は日本の食べ物を食べるのが一番良い事だと思います。
多少値段が高くなっても、美味しくて安全な物を食べたいですよね。
今まであまりにもコストを意識し過ぎて、海外に食を頼り過ぎていたツケが回ってきたのでしょう。
これからは、私たち消費者がしっかり商品を選んで、安全な食材を選ぶことを身に付け、さらに自給率を上げるために、国もしっかり日本の農業をバックアップしていかなくてはなりません。

一昔前までは、中国の人件費が安いことで、様々な商品製造が中国に移り、多くの中国産商品が日本に入ってきました。
しかし、大量生産による低コストから、日本人は食べ物を粗末にして気がします。
我が家もそうですが、食べ残し、そして冷蔵庫の中で賞味期限切れになった食材が、あまりにも多すぎます。
安い事でついつい無駄買いをしてきた傾向があるのではないでしょうか。
安い事は消費者にとっては嬉しいことですが、大量消費の時代は終わりました。

中国の経済も伸びてきて、人件費も高騰しています。
今までは安い人件費で「世界の工場」と言われていましたが、これからはそうはいかないでしょうね。
日本の企業も、そろそろ真剣に考えていかないといけないと思います。

あぁ〜二日続けて同じつぶやきになってしまった。
でも、それだけショッキングな事です。
日本人は日本の食べ物食べましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと

2008年01月30日

やっぱり怖い中国産

ショッキングなニュースでした。
冷凍餃子を食べて吐き気や目まいを起し、千葉県や兵庫県で入院している人がいることが判明した。
またもや中国産である。

昔は特に気にする事なく、食品を買っていましたが、さすがに最近は「中国産」と書いてあると避けるようになりました。
しかし、今回の商品は冷凍食品で、これ以外にも材料を中国から仕入れて加工している場合もあるとか。
昨年の食品偽装に続き、完全に食の安全は崩壊しましたね。

ただ、日本国内の食品偽装は、人命に関わるほどの事態にはなっていませんが、今回の問題は9人が入院し、内一人の女の子は一時期意識不明の重体になり、未だ重症の状態のようです。
ここまで来るともう信用出来ないですね。
いくらメーカーがちゃんと検査をやっていると言っても、中国産と言うだけで信用しない人が殆どではないでしょうか。

我が家でもよくお鍋をする時に、餃子を入れることがあるので、冷凍餃子はよく使います。
生協も利用しているので、今まで口にしていた可能性もあります。
もしかしたら・・・・と考えると、ぞっとしますね。

原因を追及して、しっかりとした対策をとって欲しいのですが、相手が中国となるとあまり期待はできないでしょうね。
もう自分の身は自分で守るしか無いのでしょうか。
これを機に日本全体が食の自給率について、真剣に考えて対策をしていかないといけないのではないでしょうか。
メーカーには、安易に「安いから」というだけで、海外から材料を仕入れるのでは無く、日本国内の材料を使う努力をして欲しいです。

そして国も、もっと自給率を上げるための対策をとって欲しいです。
自分たちが食べるものは、極力自分たちの手で育て、消費していきましょうよ。
万一海外から輸入が出来なくなると、日本人は餓死してしまいます。

我が家も自家栽培でもするかな(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | 私の思うこと

2008年01月29日

確定申告記帳指導

自営業の方にとっては、今の時期から3月中旬にかけて、確定申告に追われる日々ではないでしょうか。
そう言う私も同じで、毎年ギリギリになって慌てて確定申告をしています。
しかし、今年は少しゆとりを持って申告できるかも知れません。

実は今回から青色申告にして、その申告のための記帳方法を税理士の方に教わっていました。
昨年の夏から、およそ月一の割合で、実践を踏まえながら何とか記帳方法を覚えて来ました。
とは言え、まだまだ解らないことはあるので、解らなくなったら税理士の方に聞かないといけませんけどね。

青色申告の申請をした時に、無料で記帳方法を教えてもらえることを聞き、使えるものは使わなければ・・・と、申請しておいたのです。
青色申告のソフトを使った方が簡単にできると言う事で、「Macで青色申告」というソフトも購入し、何とか昨年一年間のお金の動きを8割がた記帳出来ました。

税務署の方から委託で、近くの税理士の方が教えに来てくれたのですが、とても丁寧に教えて下さる方で、本当に助かりました。
私よりもはるかに若いのですが、税理士として仕事しているのですから、素晴らしいです。
今日で記帳指導はひとまず終了しましたが、最終段階でまた解らない事があれば、いつでも連絡下さいとおっしゃって頂きました。
なるべく自力で申告したいと思いますが、解らない事は素直に相談しようと思います(^^;)

毎年ギリギリになってから、伝票整理して、自作のデータベースに入力して、確定申告の用紙に記入して・・・・「あぁ〜こまめに入力しておけば良かった」と反省していました。
今回は記帳指導を受ける段階で、徐々に入力していったので、まだ楽です。
これからは月末とかに日を決めて、しっかり記帳を行っていきたいと思います。

まだまだ扱う額が少ないので早く終わりますが、今後額が増えてきたらそうもいかないですからね。
その前に額を増やす努力をもっとしないといけないのですが(爆)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2008年01月28日

昨日の二つの話題

昨日の話題ですが、二つほど思った事。

思った事一つ目
【朝青龍優勝逃す】

あの騒動から復帰初めての場所で、注目を集めていた朝青龍。
二日目に土が付いたものの、その後は以前の強さが戻ってきて、1敗を守り切って千秋楽まできました。
そして迎えた横綱対決。
凄い取組でしたね。まさしく大相撲という感じでした。

勝った白鵬も素晴らしかったですし、これだけバッシングされ続け、注目を集めながらも勝ち続けた朝青龍は、やはり強かったと思います。
何だかんだ言いながら、今場所を大いに盛り上げたと言っていいでしょう。
ただ今後は横綱として、問題は起こさないで欲しいですね。

勝ち続けた朝青龍よりも、もっとプレッシャーが大きかったのは、白鵬の方でしょうね。
横綱審議会や相撲ファンの期待を背負っての土俵だったと思います。
そんな重圧の中、千秋楽で朝青龍を破ったのですから、これまた凄い強さだと思います。
これからはお互い、良きライバルとして大相撲を盛り上げて欲しいと思います。
そして両横綱に負けないように、日本人力士ももっと頑張って欲しいですね。
久しく日本人横綱が出ていません。寂しい限りです。

思った事二つ目
【大阪府知事選 橋下氏圧勝】

投票終了まもなく当選確実が出たみたいですね。
物凄い圧勝だったようですが、この結果も賛否両論あるでしょうね。
私個人的には橋下氏を指示しています。

選挙の度に感じる事なんですが、候補者の素顔が見えないことが、知名度の高いタレント議員等を有利にしていると思います。
ハッキリ言って市議会議員や市長選挙レベルでも、候補者がどんな人間か全く解りません。
パンフレットや選挙カーでの活動くらいじゃ、その人がどんな人でどんな実績があって、そんな考えを持っているのかなんて解りません。

その点、今回の橋下氏の場合、テレビでの様々な発言で、おおよその人間性が解ります。
そうなると、何処の誰だか解らないような人を選ぶより、最も理解できる人を選ぶのは当然のことになってくるでしょう。
そして加えて、当人達の熱意が伝わってきます。
宮崎県の東国原知事もそうでしたが、真剣に県民に訴え続けたのが勝因だったと思います。

橋下氏も東国原氏も、どこまで出来るのか、それは誰にも解りません。
では何故選ばれるのか?
それは、政党で選んでいるのでは無く、個人を見てその人に託しているのだと思います。
知名度があり、その人の人間性が解るから投票するのです。

そろそろ選挙の制度も、真剣に考えなくてはいけないのではないでしょうか。
街灯演説ばかりでは無くて、もっと候補者同士の討論会を行い、それを地元テレビ局やネットで配信して欲しいです。
その人の人間性や政策等を有権者が判断できる材料が増える事で、投票率も上がってくると思います。

今後の大阪の発展のために、橋下氏には頑張って欲しいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと

2008年01月27日

熊五郎になった娘

子供ってのは何するかわからないもので・・・(笑)

寒さが続く中、息子が「ココアを飲みたい」と言いだして、ココアの袋を出してきました。
自分でカップとスプーンを持ってきて、お湯を沸騰するのを待っていました。
台所に居るお母さんの側で、お湯が沸騰するのを待ちながら、お母さんに話しかけています。

私はテレビを見ていたのですが、ふと娘の行動が気になり、娘を探しました。
すると、息子が出していたココアの袋を、逆さまに持っているではありませんか。
そしてあっという間に、袋からチョコレート色のココアの粉末が、テーブルの上へと落ちてしまいました。

息子がしっかりと袋のチャックを閉めていなかったようで、袋のココアはすべてテーブルに落ちてしまいました。
残っていたココアが少なかったのが不幸中の幸いでしたが、テーブルにはココアの小山ができていました。

私が「あぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!」と叫んだのを聞いて、台所から嫁さんと息子がすっ飛んで来ました。
娘は本能で「これはやばい!!」と思ったのか、その場をスタスタと離れ、ココアを袋に戻す嫁さんを見ていました。

まぁ、小さな子供がよくやる事なんですが。
テーブルの上にはクロスを敷いていたので、ココアがクロスにしみ込み、完全にはとれずに一部ココアの色がしっかり残っていました。
まぁ仕方ないかな・・・・と、そのままにしていたのです。

それから数十分後、今度は嫁さんが「うわぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!」と、笑ながら叫ぶので、何事かと娘を見ると。

娘は・・・・・・・・・・・・

熊五郎になっていました(笑)
080127-2.jpg

残っていたココアを必死でなめていたようで、口の回りは真っ黒。

笑われている事など気にせず、再びテーブルに口を付けてはココアをなめています。
まるで猫のようです(笑)

080127-1.jpg

ココアの粉末って、子供にとってはチョコレートの粉末みたいで美味しいんでしょうね。
完全な熊五郎になった娘の顔を見て、笑ながらカメラで写真撮っている私って、親バカなんでしょうか、それともバカ親なんでしょうか(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 16:27 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月26日

睡魔との戦い

寒さが続いております(><)
あまりに寒いので、今日はお昼からスーパー銭湯にいく事にしました。
ゆったりとお風呂に入って、温まろうという事になりました。

「これだけ寒いのできっと混雑しているだろう」と予想して行ったのですが、意外に空いていてぬっくりと入る事ができました。
寒くてみんな外に出たがらないのでしょうか?
それとも土曜日のお昼だったから空いていたのかな?

十分に身体も温まって、スーパー銭湯を後にし、その後予約してあるケーキを取りに車を走らせました。
実は二日前に嫁さんの誕生日だったのですが、平日は帰りが遅い事から、今日お誕生partyをすることにしていたいのです。

スーパー銭湯を出て車を走らせると、しばらくして眠気が襲ってきました。
入浴後なので身体が疲れているのでしょうね。
「このまま寝たらどんだけ気持ちいいかなぁ〜」と、思いながらも眠気覚ましにガムを噛みながら運転していました。

最初は話していた家族も、気がつくと全員気持ち良さそうに寝ています。
こうなるとますます眠気の襲撃が強くなってきます(^^;)
ガムだけでは眠気がおさまらないので、運転席の窓を少し開け、冷気を呼び込んで目を覚まさせました。
こういう時って本当に眠いんですよね。
さらにタイミング悪く渋滞にはまってしまって、前方の車のテールランプが、ゆらゆらと揺れて見えます。
おっと危ない、また寝かけるところでした(^^;)
眠気と闘っている時に、嫁さんが目を覚まして、飲み物を渡してくれました。
その後は嫁さんと話しながら運転したので、何とか眠気から脱却できました。

運転していて眠くなる事って、そんなに無いんですが、今回はやばかったですね。
やはり温かいお風呂が効いたのでしょうね。
その後は無事ケーキを取って帰り、お家で簡単なお祝いをしました。
皆さんも、お風呂上がりの運転にはご注意下さい(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月25日

カレイが運んだ奇跡?

寒過ぎます((((((><))))))

今日も寒かったですね〜。
この大寒波で一気に消費電力も灯油の消費も増えた事でしょう。
省エネで地球温暖化防止に貢献しないといけないのは解っていますが、あまり無理して風邪引いては意味が無いので、やはり寒い時はしっかり暖くしましょうね。

この寒さしばらく続くみたいですね。
う〜〜〜〜早く春が来てほしい〜〜〜。

今日はテレビでちょっと不思議なニュースを見ました。
15年前に風船で飛ばした手紙が、何と魚のカレイの背中に引っ付いて発見されたというニュース。
最初聞いた時は「そんなのありえな〜い」と思いました。
だって、手紙でしょ。15年前の手紙が海の中にいるカレイの背中に引っ付いて、しかも紙がそのまま残っている訳がない。と思いました。

でも、実際に手紙が残っていて、ちゃんと字も読める状態で発見されたんですよね。
発見した漁師と、当時手紙を飛ばした、現在大学生になっている女性と、会って手紙を渡していました。

不思議ですよね〜。
小学一年生の時に、学校の記念行事で風船を飛ばしたらしいのですが、100kmほど飛ばされて海面に落ちたのでは?と推測されるようです。
そして海流が弱い海底の方に手紙が沈んだこと、そしてカレイの種類等、様々な偶然が重なって今回の発見になったようです。
15年間も海底に沈んでいて、たまたまカレイの背中に引っ掛かり、そしてそのカレイがたまたま網に掛かったのですから、物凄い確率で起った奇跡です。

世の中何が起きるか解らないものです。
悪い事はおきて欲しくないですが、こんな奇跡がおきると素敵ですよね。
嫌なニュースが多い中で、ちょっとホッとするニュースでした。

まだまだ寒いですが、せめて気持ちだけは暖くして過ごしたいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月24日

また一段と寒いぞ〜(><)

今日は台風でも来ているのか・・・・・?と、思うくらい強烈な風が吹いていました。
気温も下がって寒いのに、さらに強風で体感温度はぐっと下がった感じです。
暖房費を何とか抑えようと思うのですが、やはり寒さには勝てません(^^;)
灯油の消費が早いです。

今が一番寒い時期なので仕方ないのですが、やはり灯油が高いのがネックですよね〜。
何でもガソリンの価格は5週連続下がってきているらしいのですが、全くそんな実感がしないのは私だけ???じゃないですよね(笑)

何でもそうですが、値段が上がる時って一気にガン!と上がるのに、下がる時は微々たる値段でジワジワとしか下がりません。
きっと灯油の値段は、冬の間はそんなに下がらないでしょうね。
そして春が来て灯油の消費量が減ると、一気に下がるんでしょうね。
あぁ〜本当に薪ストーブにしたい(笑)

少しでも寒さ対策をして、この冬を乗り切るしかないですね。
そう言えば、年末に「結露防止&保温効果」の窓ガラスに貼るシートを買っていたのですが、忙しくて貼るのを忘れています。
とりあえず寝室に貼ってみて、効果があれば他の部屋にもはってみたいと思います。
窓ガラス一枚分でも、結構な値段するので、さすがに全部の窓ガラスには貼れません。
でも、結露対策は毎年悩みの種なので、効果が良ければ買ってもいいかなぁ〜とは思っています。

まだまだ寒さが続きそうですので、暖くして風邪引かないように注意しましょうね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月23日

この国の未来は?

何か最近テレビ見ていても、明るいニュースがあまりありませんね。
世界同時株安とか、景気後退で物価高とか、不安な材料のニュースばかりです。
そんな中で民主党が「ガソリン暫定税率を廃止する」と意気込んでいますが、どうも単に選挙に勝つための手法だけのように見えて、今一つ信頼性が無い。
かといって、暫定といいながら30年以上も続いている、この二重構造のガソリン税もいいかげん辞めて欲しいのが、国民の本音であることは確かだと思います。

暫定税率を廃止すると、道路整備や地方への財政が減り、国民不安を煽る・・・みたいなことを政府は言っていますが、何でもっと工夫しようとしないのでしょうね。
今まで税金取っていたから、それが無くなると困るというだけの話だと思います。
暫定と言いながら、完全にそれが普通の税金になってしまっている証拠ですね。

ず〜っと前から国は財政難を訴えていますが、どうしてそれを直ぐに国民に押し付けるんでしょうね。
指摘され続けている税金のむだ遣いや、異常な程優遇されている公務員制度など、削減できるところは山のようにあると思います。
真剣にこのことに取り組んだら、本当に莫大なお金を節約することが出来ると思います。

議員の皆様は「国民のため」「国民の立場にたって」等と、簡単に口に出しますが、本当に国民の目線に立って考えていますか?
本当に生活に苦しんでいる人々の、生活レベルで一月でもいいから生活してから「国民のために」という言葉を使って欲しいです。

これは企業と同じですが、全ては現場が基本です。
日産のゴーン社長が、日産の立て直しに成功したのも、徹底的に現場主義を貫き、現場に出向き現場を知り、そこから改革を行っていった結果なのです。
現場を見ない、現場を知らない企業のトップは、決して運営はうまく行かないと思います。

今の政治家は現場を知らずに、口先だけでいかにも現場を知っているような事を言い過ぎます。
本当の国民の生活を、苦労を一ヶ月だけでもいいから、生活として経験してから口に出して欲しいです。
働いても働いても、税金ばかり取られて、物価は上がり給料は下がり、官僚や公務員ばかりがのほほんとしているうようでは、この国は本当にダメになってしまいます。
お金が全てではありません。幸せはお金では買えないのですから。
しかし、いくら頑張っても生活がどんどん苦しくなる一方では、国民の志気は下がる一方です。

国民が元気を取り戻し、希望を持って働けるかは、これからの政治に掛かっています。
それだけ今の政治家は責任重大なんです。
そのところを本当に肝に銘じて欲しいと思います。
高い給料貰っているんですから。
本当に命かけて働いてほしいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | 私の思うこと

2008年01月22日

新作「春誘いの歌」

目標の2作目出来ました。
今回は思いっきり和風に仕上げました。

今までも和風なイメージのイラストは描いていましたが、今回は日本画をイメージして描いています。
モチーフが梅と鶴ですから、ここは思いっきり和風に行こう・・・ということで、日本画風にチャレンジしてみました。

前作は水彩画っぽいイメージを出してみましたが、日本画っぽいイメージって、やっぱり難しいです。
配色や色温度など、日本画独特の色使いってありますよね。
私は日本画は描いた事が無いので、その辺は正直無知です(^^;)
自分自身の思い浮かべる日本画を、イメージ的に頭の中で描いた色で描いてみました。

今までもデジタルでアナログ感を求めてきましたが、最近特にその傾向が強くなってきています。
自分の中で、手描きの持つ暖さ温もり感のような、そんな物をデジタルで表現したいという気持ちが、強くなってきているのかも知れません。
「それなら最初から手描きで描けばいいのに」と思うでしょうが、描くのはデジタルに慣れてしまっているので、結局デジタルでアナログ感を求めてしまうのでしょうね(笑)

しかし、デジタルにはデジタルの良さがあるので、上手く双方の良い部分を、自分なりに表現していけたらなぁ〜と思っています。
そしてあらゆる手法を試して、いろんな表現の方法を試していきたいと思います。

080122.jpg

【春誘いの歌】
梅の花も咲きいよいよ春目前です。
冬の残り陽の中、ツル達の求愛ダンスが始まりました。
相手を想い、歌い、舞うように踊ります。
透きとおった歌声は、晩冬の空へと響き渡り、やがて春を誘うのでしょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 17:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新作のお知らせ

2008年01月21日

久々の雪

朝起きると・・・・・・・銀世界でした。
一面銀世界とまではいきませんでしたが、屋根や車の上には、しっかりと雪が積もっていました。
やはり天気予報通り、深夜の間に雪が降って積もったようです。

息子は久々の積雪に大はしゃぎ。
娘は初めて見る雪に、窓越しに不思議そうに眺めていました。

昨年は暖冬で、一度も積雪が無く、その前の年も確か寒い割に積雪が無かったと記憶しています。
なので本当に久しぶりの積雪でした。
息子がはしゃぐのも解らないではありません。

しかし喜んでばかりはいられないのです。
道路が凍結していたら、車は走れません。
嫁さんと娘を送っていかなくてはいけないのに、車が出せないと致命的なのです。
心配しながら道路の方を見ると、道路には積雪が無かったので、ひとまず安心しました(^^;)
積もっているのは屋根や地面が殆どのようです。

息子は嬉しそうに積雪の中、登校していきました。
そしてその後、嫁さんと娘を乗せて車を走らせましたが、家の前の道は交通量少ないので、ちょっと溶けかけのような感じでした。
交通量の多い国道まで出ると、完全に道路は普通の状態で、いつもと変わらず走ることができました。

午前中いっぱいくらいまで、積雪が残っていましたが、その後時間と共に雪は消えていきました。
息子は学校で雪だるまを作ったようで、靴も靴下も濡れたみたいでした。
そのためか、学童に迎えに行った後、「しんどい」と言い始め、帰ってきてからも食欲無く寝込んでしまいました。
久々の雪で夢中になりすぎて、風邪引いてしまったのかも知れません。
暖くして寝かせました。明日には元気になってくれるといいのですが。

まだ寒波が続き、明日の夜には、また雪が降る可能性があるようです。
しばらく寒さが続きそうですので、暖くして過ごしたいと思います。

080121.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月20日

小さな幸せ

さっぶっい〜〜〜〜〜((((@@))))

何でも今日から明日にかけて、雪になるかも知れないと言われているようで、さすがに寒いです。
しかし寒くても子供たちは元気ですね。
特に娘はお兄ちゃんと遊ぶのが楽しいのか、お兄ちゃんの後を追っかけていました。
お兄ちゃんも自分の真似をする妹がかわいいようで、走り回って楽しんでいました。
でも、時々玩具の取り合いをして、妹を泣かせてしまうんですけどね(笑)

今夜は寒くなるので、鍋にしようと言う事で、暖いお風呂に入り温かいお鍋を食べる事にしました。
やっぱり寒い日はあつあつのお鍋に限りますね。
お腹の中から温まって、心も身体もほかほかになりました。
こうやって家族で温かいお鍋を食べれる事は、本当に幸せな事なんだと思います。

そして今日はもう一つ、嬉しいことがありました。
それは娘の初めて「できた」ことです。

最近おしっこやウンチをすると「おちっこ」「うんち」と、言葉に出して教えてくれるようになった娘。
そして自分からトイレに向かうようになってきたので、オマルで排泄できる日も近いのでは・・・と、期待していました。
でも、いざオマルに座らせると、すぐに嫌がって降りていました。

しかし、本日、見事にオマルでウンチをすることに成功したのです。
嫁さんが娘が気張っている事に気づき、「トイレに行こうか」と誘い、見事にオマルでウンチをすることが出来たのです。
トイレで「やったね〜えらいえらい!!」という歓喜の声が聞こえたので、私も息子も何だろうと見に行くと、満足げにオマルに座っている娘がいました。
みんなから「やったね〜凄いね〜」と頭をなでてもらって、とても嬉しそうな娘。
おしりを拭いてもらって、お水を流す時にウンチにバイバイしました(娘の儀式になっています:笑)

今まではウンチやおしっこをした後に教えてくれましたが、これから少しずつ排泄の前に教えてくれるようになる事でしょう。
子供って本当に次々にいろんなこと出来るようになりますね。

小さな事ですが、幸せを感じた我が家でした。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月19日

土曜の午後はお買い物

今日は嫁さんの仕事がお昼で終りだったので、その後買い物に出かける事にしました。
行き先はいつものダイアモンドシティ。
土曜日なので混んでいましたが、着いたのが午後3時頃だったので、駐車場渋滞はありませんでした。

駐車場から店内に入り、お店を見て回ろうと歩いていると、娘が突然「あんぱ・あんぱ」と指さして、その方向に歩いて行こうとします。
その先にあるのはゲームセンター。
以前、ゲームセンターに寄って、アンパンマンの乗り物を見たのを覚えていたようです。

「また後から来るからね」と言って抱っこしてその場を離れ、近くのお店に入ろうとしましたが、どうも諦め切れない様子で、「あんぱ・あんぱ」と涙目で訴えます。
嫁さんが「先にゲームセンター行こうか」と言うので、娘に「あんぱ見に行く?」と聞くと、「うん!」とうなずき元気に歩き出しました。
そしてゲームセンターが見えてくると、もう満面の笑み。さっきまで泣いていたので涙目ですが、顔はニコニコ(笑)

ゲームセンターでしばらく見て回り、息子は幾つかゲームをさせてもらい、満足してからお買い物へ。
そしてお決まりのトイザらスへ突入。
そしてこれまたお約束の「見るだけ」を息子に告げ、玩具鑑賞が始まりました。
娘も目を輝かせながら、次から次へと、興味のある玩具やぬいぐるみを手に取っていきます。
子供にとっては夢のような空間なんでしょうね。

息子は毎回「見るだけ」と約束しながらも、「これ買いたい」と必ず言い出します。
今回も例外は無く、いくつか玩具を欲しがりました。
子供っていくらでも玩具は欲しいものなんでしょうね。
でも約束なので見るだけにしてもらい、その代わりお菓子を買ってあげることにしました。
娘も自分でお菓子を選び、二人とも満足してトイザらスを後にしました。

その後も幾つか店を回りましたが、娘からは目が離せないようになりましたね。
自分が興味のある物を、手当たり次第手に取っていくので、後をついてそれを直していかなくてはいけません。
そして壊れややすそうな物は、触らせないようにその場を離れます。

息子の小さい時も、同様の事をしていたのかも知れませんが、やはり女の子だからでしょうか。
とにかく色んな物に興味を示し、手に取ってみないと気が済まないようです。
将来はウインドショッピング大好き女の子になるんでしょうかね(笑)
それぞれにお買い物を楽しんだ土曜の午後でした。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月18日

本当に薄いMacBook Air

二日前につぶやく予定でしたが、ちょうど新作のお知らせと重なってしまったので、本日つぶやこう。
以前にも「今年のMacWorldは」と題してつぶやきましたが、そのMacWorldでやはり噂の超薄型ノートブックが発表されました。
映像で見る限りでもかなり薄いです。
080118.jpg


商品名も「MacBook Air」
どれだけ薄いかと言うと、0.4〜1.94cmというから一番厚い部分でも2cm以下ということになる。
そして重量はわずか1.36kg。
本当に薄くて軽いノートブックの登場です。

しかしこのMacBook Air。今までのノートブックとはコンセプトが異なります。
明らかにサブノートとしての位置づけになっているようです。
まず、ドライブがありません。つまりCDやDVDドライブが無いのです。
外付けオプションとして購入できるようですが、基本的にCD&DVDを排除した形になっています。

Appleは以前も同様の事をやったことがあります。
10年近く前に、初めてiMacが発表された時。
それまでは当たり前のように付いていたFD(フロッピードライブ)を排除したのです。
フロッピーに入るデータは1.4MB。それくらいのデータならネットを介して転送できるから要らないという判断の元、常識だったFDをあっさり捨てたのです。

今回のドライブ排除も似たような感じがします。
ブロードバンドの普及に伴い、ネットやワイヤレスでも大容量がやり取りされる時代になってきました。
これからは、CDやDVDのメディアも、フロッピーと同じ扱いになると予測しているのかも知れません。

そして何より、持ち運びを前提としたノートブックでは、CDやDVDのメディアを使う必要性は少ないと判断したのでしょうね。
事実、最近の移動用のメディアって、フラッシュメモリーを使う人が増えています。
気軽に持ち運べて、簡単にデータを移せるので楽ですよね。

私的にはもっと小型のポータブルMacが出てくることを期待していたので、ちょっとMacBook Airは期待外れでした。
でも、このMacBook Airで様子を見て、次はiPhoneとMacBook Airの中間に位置する商品を出してくれるものと期待しています。
そしてその時は是非、iPhoneのようなタッチパネルを採用してほしいですね。

MacBook Airに興味の有る方はAppleサイトにてチェック!!
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh

2008年01月17日

あれから13年

今日は阪神淡路大震災から、13年目となりました。
毎年、この日になると思い出します。
私の住むところは、震度4程度でしたので、大きな被害は無かったのですが、何しろあの揺れはやはり怖かったです。

一人で寝ていて地鳴りで目が覚めましたからね。
そしてその瞬間、グラッと横揺れして一気に揺れました。
何もすることが出来ず、寝た状態で栄光ランプが天井にぶつかりながら揺れていたのをただただ見つめていました。

最も被害が大きかった、神戸や淡路北部の揺れと言うのは、想像を絶するものだったと思います。
あれからもう13年経つのですが、この日になると、まるで昨日のことのように思い出されます。
テレビで煙をあげて崩壊している神戸の街並みを見た時は、本当にショックでした。
「これって現実、映画じゃないの?」と感じたものでした。

息子も学校で「今日は大きな地震があった日」と、聞いてきたようです。
昨年も同じように話してくれたので、学校でも阪神淡路大震災のことを教えるようにしていえるのでしょうね。
息子は先生から話を聞いたらしいのですが、その時先生は中学生だったとの事。
えっ!?ということは・・・・・・・・先生かなり若いです(^^;)
私が二十代後半の時に中学生だった人が、今、自分の息子に勉強を教えている。
ちょっと不思議な感覚になりました。

まるで昨日の事のように思い出されますが、その間に、私も結婚し子供が産まれ、小学校に通い・・・と、確実に月日は流れているのです。
そしてその当時、中学生だった先生が、今息子を教えている。
13年という月日の中で、これだけの変化があったのですね。

しかし、この震災のことは、いつまでも語り継いでいかなくてはいけないのだと思います。
多大な被害をもたらし、大勢の人の尊い命を奪った震災です。
今日の日をいつまでも忘れずに、そして防災の意識・知識というものを高めていかなくてはいけませんね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:41 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月16日

新作「ラストスノーマン」

今年初めての新作です(^o^)
今回は月の真ん中で一作品できました。
このペースで描けるように今年は頑張ろう。

今回のイラストはちょっと季節を先取りして、冬の終り・春の訪れのイラストです。
今まで各季節のイラストを沢山描いていますが、ふと気がついたのは冬から春にかけてのイラストがあまり無い事。
どうしても冬と言うと、雪が降り積もった白銀の世界。
そして春と言うと、花が咲き誇った暖い陽気の世界。
このどちらかで描いていたので、冬が終りに近づき春の気配が漂う季節というのを、描いてみることにしました。

モチーフは雪だるま。
雪だるまと言うと冬のイメージですが、今回は溶けて消えゆく運命の雪だるまと、その雪だるまとの別れを惜しむ仔犬の設定です。
初めて冬を体験した仔犬が、雪だるまと友達になり、冬の間、雪だるまと楽しく過ごします。
しかし、春が近づくにつれ、雪だるまは痩せていき、次第に消えていくのです。
別れを寂しがる仔犬に、「また次の冬に会おうね」と約束して雪だるまは帰っていく。
そんな物語として描いてみました。

今回は色合いも、透明水彩のような柔らかい色合いで、それでいて濃淡のある彩りを表現してみました。
いままでのイラストを振り返ってみて、そしてネットで他の方々の絵を見て、やはりデジタルで描いていると、何となく薄っぺらい軽い感じがしていたのです。
単に色を濃くするのではなく、細かな濃淡の表現、そして微妙な色の変化を出す事で、今までと違う感じの色合いになった気がしています。

常に新しい表現、新しい手法を試みながら描いているのですが、まだまだ色んな人の絵を見て、刺激を受ける事がありそうです。
私なりの世界観で、でも、様々な表現で、私なりの絵を描いていきたいと思います。

080116.jpg

【ラストスノーマン】
一面の雪が溶け始め、春の足音が近づいて来ました。
丸々と太っていた雪だるまも、痩せてきてそろそろお別れの季節です。
お友達になった仔犬が淋しくてじっと見つめています。
また次の冬会えるから泣かないで。
そう約束して雪だるまは帰っていくのです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 18:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | 新作のお知らせ

2008年01月15日

小さな幸せを感じる瞬間

一段と寒くなってきましたね。
この寒波しばらく続きそうなので、暖くして風邪ひかないように注意しましょう。
灯油が高いのが本当に辛いですが、無理して体調崩してもいけませんからね。

我が家でも灯油は貴重な暖房燃料で、高いけれど石油ストーブで暖をとっています。
居間は基本的に石油ストーブとホットカーペットです。
そして私の仕事部屋は石油ストーブ。
寝室はオイルヒーターを使っています。

しかし最近はこのオイルヒーターを使っていません。
何しろ寝る時だけですので、布団に包まってなるべくオイルヒーターを使わないようにしています。
以前はタイマーをセットして、就寝時に2時間ほど点けて、その後タイマーでOFFになり、さらに3時間後にONになるようにして、朝方の寒さを凌いでいました。

でも、やはりオイルヒーターでも点けていると咽が痛くなります。
年末に体調崩したのも、寝ている時に咽をやられてからでした。
それからは、極力就寝時にはオイルヒーターを点けないようにしています。
しかし何も点けなければやはり寒い。
そこで活躍するのが湯たんぽです。

我が家は3年ほど前から湯たんぽを使っていて、この湯たんぽの暖さで凌いでいます。
さすがに布団の外は寒くなりますが、足下に入れた湯たんぽが、布団の中の温度を程よい感じに保ってくれます。
寝る前にお湯を沸騰させて、湯たんぽを足下にセットしておきます。
寝る時には、足下はホカホカになっていて、毎回寝る時に「あぁ〜幸せ」と、小さな幸せを感じながら寝ています。

嫁さんも湯たんぽを使うようになってから、本当によく眠れると言います。
最も私から言わせたら、湯たんぽあっても無くても、熟睡していますけどね(笑)
でも、確かに湯たんぽは身体にも良いらしいです。
電気で暖めるのとは違い、程よく湿度もあるので、皮膚にも優しく健康的らしいのです。
確かに私も湯たんぽだけにしてから、咽をやられることは無くなりました。

昔の人の知恵って凄いですね。
お湯は熱しにくく冷めにくいので、湯たんぽの原理は本当に良くできています。
さらに湯たんぽをカバーで包み、さらに布団の中に入れることで、抜群の保温効果が出てきます。
お湯なので程よく湿度があって、皮膚にも優しいのでしょうね。

さて、今夜もかなり冷え込んで来ました。
ストーブを焚いていても、足下からシンシンと冷えてきます。
そろそろ寝るとしますかな。
温かい湯たんぽに足を入れるのが楽しみです。
では、オヤスミなさいm(__)m Zzzzzzzzzz
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月14日

ヤッターマンが帰ってきた

懐かしいアニメ番組が帰ってきました。
私が子供の頃に見ていた「ヤッターマン」です。
月曜日の7時からのアニメ番組が終了して、しばらくコナンスペシャルやサスペンススペシャルと題して、アニメを放送していましたが、番組放送終了後に「やつらが帰ってくる」と、シルエットで悪役三人組が映し出されていました。
リアルタイムで見ていた私たちは、すぐにヤッターマンの悪役三人組、ドロンジョ・ボヤッキー・トンズラーだと解りましたが、当然息子は「何?」という感じでした。
「お父さんが子供の頃に見ていたアニメだよ」と話してから、ヤッターマンが始まるのを楽しみにしていました。

そして本日、ついにヤッターマンが始まりました。
息子にとっては始めてなので、ワクワクしながら見ていました。
私は懐かしい気持ちで見ていましたが、やはり現代風にリメイクされていましたね。
でも、主人公や悪役三人組の設定はそのままで、懐かしく見ていました。
最後のドクロベーのセリフ「おしおきだべ〜」も健在。そして「豚もおだてりゃ木に登る」や、ボヤッキーのスイッチを押す時の「あポチっとな」も同じでした(笑)

今思うと、何とも馬鹿げたストーリーの単純なアニメですが、何かほんわかとした物を感じます。
最近リメイクが多いので、他のアニメもまた復活する物が出てくるかも知れませんね。
ドラゴンボールも、また人気が出てきているみたいで、息子もアニメは見た事ないけど、知っています。
私個人としては、「Drスランプ・あられちゃん」をやってほしいですね。
あの馬鹿馬鹿しいけど、ほんわかしたギャグ。
すっぱまんやニコちゃん大王などの、個性的なキャラクターをもう一度見てみたいです。

ガンダムはずっと続いていますが、今のガンダムは全く知りません。
私の中では一番最初のガンダムで終わってしまっています。
ガンダムのデザインも、やっぱり初代ガンダムがシンプルで好きですね。
自分が見ていた時代のガンダムだから、そう感じるのかも知れませんけどね。

私たちがヤッターマンを見ていた頃は、学校でも「おしおきだべ〜」とか「あポチっとな」とか、言葉が流行りましたが、これからまた息子達が同じような言葉を言うのでしょうね。
何か不思議な気持ちです。
親子揃って共通の話題が持てるアニメがあるのは良い事ですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月13日

親戚新年会

うぃぃぃぃ〜〜〜〜〜〜

飲み過ぎました(=.=)

今日は大阪の親戚の家まで、大阪の姉親子とともに出かけていました。
毎年1月のこの時期に親戚が集まって、新年会をするのです。
ここ2年ほど行っていなかったので、今日は久々に行ってきました。

お昼からビールを飲み続け、途中から黒糖焼酎に変え、最後は晩ご飯のお鍋まで御馳走になってきました。
まるでお正月が戻ってきたように、ず〜〜〜っとダラダラと飲んでいました(^^;)

子供たちは外に行って遊んだり、戻ってきて家の中で遊んだりと、二人で楽しそうにはしゃいでいました。
ふざけ合っていて、息子の上に従兄弟が親子亀のように乗っかると、そこに娘がやってきて更に上に乗っかり、大満足な笑みでみんなに「おぉ〜い!」と手をふるものだから、おじさん・おばさん達は大爆笑。
子供たちも楽しい時間を過ごしたようです。

久々におじさん達と話をして、以前なら仕事のことを聞かれて私が答えるくらいでしたが、今日は仕事の事はもちろんですが、社会的問題や親の事など、さまざまな内容の話をしていました。
以前なら私は聞き役だったのですが、今回は対等に話していました。
う〜ん、私もすっかりおじさん達の仲間入りってわけですな(笑)

たっぷり飲んで、しっかり食べて、大笑いして帰ってきました。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月12日

お兄ちゃん大好き娘

この頃の娘は、何かとお兄ちゃんの真似ばかりしています。
そのためか、やはりおもちゃは車が大好き(^^;)
託児所でも車のおもちゃが好きなようで、このまま成長したらどうしよう・・・・と、今からちょっと不安です(笑)

お兄ちゃんがWiiをしようとリモコンを持つと、娘もリモコンを持って真似しています。
お兄ちゃんが走り回ると、娘も後を追って走り回ります。
お兄ちゃんもまたそれが楽しくて、二人でぎゃ〜ぎゃ〜言いながら走り回っています。

そしてお兄ちゃんが、小島よしおの真似をして「ウェィ〜〜〜〜〜!」と言うと、同じように「ウェィ〜〜〜!」と発音します。
そしてお兄ちゃんが「そんなの関係ねぇ〜」と歌い出すと、それに合わせて手を振り、最後には「はいオッパッピ〜」に合わせて手をあげ制止します。
息子もこんな事だけは覚えるの早いですが、娘も同じように変なことばかり覚えます(^^;)

しかしまだおっぱい離れできず、寝る時にはどうしてもお母さんのおっぱいが必要です。
一時期、いつでもおっぱいを欲しがるので、「おっぱいはねんねの時だけだよ」とお母さんが話しかけていました。
するとそれを覚えて、今度は「ねんね!」という言葉を頻繁に使うようになりました。
娘の中では「ねんね」と言う言葉を発せば、おっぱいがもらえると思っているのでしょうね。
おっぱいと連呼して、お母さんに「今はダメよ!」と言うと、すぐに「ねんね」と言葉を変えます。
娘からしたら「ねんねするからおっぱいちょうだい」と言っているつもりなのでしょう。

次々と言葉を覚えてきて、開けられなかったドアも、自分で手を伸ばしてノブを降ろして引くことを覚えました。
ただ、まだちゃんと手が届かないので、成功確率は低いのすが、それも時間の問題でしょうね。
おしっこやウンチが出ると、自分でお股を触って「おっ!!」と言って教えてくれます。
できれば出る前に教えて欲しいのですが(笑)

今年も息子と娘の成長を見守りながら、私たちも親として成長できるように頑張りたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月11日

今年のMacworldは!?

今日は1月11日、1が3つ続く日でしたね。
111と続くので、これにちなんだイベントをやっているようなところも多いのでしょね。
ごろ合わせが好きな人にとってはワクワクする一日だったことでしょう。

ふと「昨年の1月11日は」そして「一昨年の1月11日は」と思って、読み返してみました。
昨年は「今年は忙しい」という内容をつぶやいていましたが、その前の年はintel Macの事をつぶやいています。
そして昨年の一日前はiPhoneのことをつぶやいていました。

毎年この時期ってMacworld開催の前で、Appleがどんな製品やサービスを発表するのか、噂が飛び交います。
昨年はiPhoneが発表され、物凄い話題を呼びました。
今年は何が発表されるのか。私も今からワクワクしています。
噂では軽量型のノートパソコンが発表されるのでは?と言われています。
これがまた出たら、またもや私の物欲が沸々と沸き上がってきそうです。

ノートパソコンは持っているのですが、もっと軽量な物が欲しいと以前から思っていました。
私がノートパソコンを使うのは、仕事でプレゼンする場合が殆どですが、仕事以外で使うのは帰省の時です。
一番の目的はデジカメで撮ったデータをノートパソコンに移すのですが、やはりノートパソコンは荷物になるのです。
もっと手軽に持ち運びできる軽量型のノートパソコンがあれば・・・・と、常日ごろ思っていたのです。

あくまでも噂なのですが、かなり信憑性が高いようで、今から期待しているのです。
昨年もiPhoneが噂されていて、実際に発表されましたからね。
今年の軽量型ノートパソコンも期待しています。
噂では現行のノートパソコンの半分ほどの薄さ&軽量化らしい。
発表されたら一気に物欲湧き出る事間違いなし(笑)
でも、買う事はありませんけどね。いや正確には買えませんけどね。
今年のMacworldは1/14日らしいので、ワクワクしながら待ちたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh

2008年01月10日

おかしいよ!?

世の中「そりゃ〜おかしいでしょ」って、思わずツッコミたくなるうような事ってありますよね。
私が最近思ったのは、まずハンドボールアジア予選の再試合問題。
誰がどう見たってあの判定はおかしいですよね。
あんな判定されたら、勝てる試合なんて全く無いと言っていいでしょう。

「中東の笛」と言われていて、ハンドボール界の中では悪い噂になっていたみたいですね。
クウェートがハンドボールに熱心で、ハンドボールアジア連盟を牛耳っているようです。
そのため、中東の国に有利な判定が多く、今回もテレビで見ていて思わず「なんだこりゃ」って思いました。
ハンドボール素人の私が見たって、「何でこれがファールにならないの?」って思うような、無茶苦茶なプレイにも笛は鳴らず、逆にちょっと中東の選手が倒れただけでも、すぐに反則を取られる。こんなことが国際レベルで行われていることが、信じ難い光景でした。

ハンドボールのアジア予選は、国際ハンドボール連盟の決定で再試合が行われるようです。
アジア連盟は拒否していましたが、国際ハンドボール連盟が決断した以上再試合は避けられないでしょう。
スポーツに関しては、時折「おかしい」と思うような判定がありますが、ここまで酷いのはもうスポーツとは言えませんね。
是非フェアな試合をして、本当の勝者を決めてほしいと思います。

もう一つ国内の話題で「そりゃ〜おかしいでしょ」って思ったのが、胸毛がセクハラとしてJR東日本が掲示を拒否した岩手県奥州市の黒石寺蘇民祭(こくせきじそみんさい)のポスター。
あれのどこがセクハラなんでしょうか???
実際にあのポスターが駅構内に貼られていたとして、女性の皆さんはセクハラだと感じますか?
そりゃ〜「胸毛が濃いのは苦手」という方はいらっしゃると思いますが、あのポスターを見て「セクハラだ」ってJRを訴えますか?

実際にセクハラは許せない事ですが、あまりにも過敏になりすぎて、何もかもセクハラになっている気がしてなりません。
胸毛がセクハラになるのなら、胸毛のある人はプールで泳いだり、海水浴したりしちゃいけないことになりますよね。
だってポスターでもセクハラなら、実際に目の前で水着姿でいるだけでもセクハラになるって事です。

JR東日本としては、「クレームが来るかも知れない」と予測して予防線を張ったつもりかも知れませんが、逆に差別問題ととられても仕方ないと思います。
胸毛が濃い人に対しての差別ですよね。
実際に貼ってみて、何件かクレームが来てから対処するならまだしも、貼る前からセクハラとして決めつけてしまうのは、非常に問題な事だと思います。
実際にクレームが来たとしても、それがセクハラに当たらないことを主張できるくらいの、企業としてもポリシーを見せてほしいくらいです。

本当に最近「それ、おかしいよ」ってツッコミたくなることが多すぎます。
私も「あんた、おかしいよ」って言われないように、注意しないといけませんね(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと

2008年01月09日

今年も描き続けます

すっかり正月気分も抜けて、仕事はすっかり日常ペースになりました。
今年も目標の「月2作品」を頑張っていきたいと思います。
そろそろ新作の構想にとりかかりたいと思っています。
今年はなるべくギリギリにならないように、早い段階で構想を練っていきたいと思います。

委託販売して頂いている「河西喜昇堂」さんでも、新作の売れ行きはやはり良いようで、中には毎月来られて新作を買って下さるお客様もいるようです。
リピーター増えてくれると嬉しいですね。
それだけに毎月新しい作品を届けることが、私の目標からノルマになりつつあります。
良い意味でプレッシャーになっています。

今年は昨年以上にイラストを沢山描きたいですね。
そしてこれまでとは、少し違う雰囲気のイラストにもチャレンジ出来たらと思います。

以前にpixivという、絵を描く人、見る人のコミュニティに登録しましたが、本当に沢山の人が登録していて、いろんな絵を見る事ができます。
とても刺激になりますね。
私の絵を気に入って下さる方もいて、その時はそれがとても励みになります。
自分の絵の世界を広げる意味でも、違う人の絵の世界を見るのは、とても大切な事だと思います。

もっといろんな表現を、もっといろんな色彩で、より想いを込めて絵にできたらいいなぁ〜と想う今日この頃です。
そのためには、じっくりと構想を練り、制作に時間をかける環境が必要なのですが、これは自分で作るしかありませんね。
これが一番の問題です(笑)
若い頃は深夜の2時くらいまで、普通に起きて制作に励みましたが、最近はその時間まで起きていると、朝が辛いです(^^;)

今年はもっと時間をうまく使って、仕事とイラストを頑張っていきたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2008年01月08日

自費出版の限界

出版に興味のある人にとってはショッキングなニュースでした。
大手出版社の新風舎が事実上倒産したとのニュース。
本当にビックリしましたね。
私もよくホームページを見ては、「いろんな本が出版されているんだなぁ〜」と感心していました。

以前、新風舎から自費出版した人が「契約条件と違う」ということで、新風舎を訴えていましたが、やはり自費出版の限界を越えてしまっていたのでしょうね。
私も出版の仕組みに関しては詳しくありませんが、やはり「自分の本を出版できる」ということには、魅かれますよね。
「自分の本が本屋さんに並ぶ」想像しただけでも夢のようで舞い上がってしまいます。

私も三年ほど前に、絵本新人賞を受賞して絵本「バナナムーン」をARTBOXさんから出版させて頂きました。
出版の日が待ち遠しくて、出版と同時に数々の本屋さんを巡ったものです。
しかし、想像していた「本屋さんに並ぶ」というのは、厳しい現実でした。
まず、よほど大きい本屋さんでないと、置いていません。
そして大きな本屋さんでも数冊あるかどうか・・・・というところでした。

冷静になって考えてみれば、星の数ほどある絵本の中で、本屋さんに並ぶ絵本と言うのは、本当にベストセラーの絵本ばかりです。
そして新しい絵本が並ぶのは、本当に大手の出版社の絵本ばかり。
私のような何処の馬の骨か解らない人間の絵本が並ぶことなんて、まずあり得ないことなんです。
でも、やっぱり夢を追い求めますよね。

新風舎も最初は「自分の本を出版したい」という、そんな人のために真剣に自費出版に取り組み、フォローしてきたのだと思います。
しかし、出版社もやはり利益をあげないといけません。
自費出版を増やせば、その分その本を売るコストがかかってきます。
自ずと本を売る努力はしなくなる。そんな気がするのですが。

私もバナナムーンの出版以降。本当に本を出版するというのは難しいことなんだと、改めて解りました。
私としては、また次の絵本も出版できるように、頑張って描いていきたいのですが、今回の新風舎の件で自費出版の限界を感じ、ちょっと複雑な気持ちです。
一番いいのは、どこかの出版社が、私の絵本を出版してくれるのが一番嬉しいのですが、それは何とも虫の良過ぎる話です。
出版社としても、「売れる絵本」が欲しいわけで、売れるかどうかも解らない物を、出版する出版社などありません。

でも、夢は捨てたくありませんね。
「いつかは出版を・・・」と言う気持ちを持ちながら、楽しみながら絵本を描いていきたいと思います。
今年は「バナナムーン」「クジラのゆめ」に続く絵本を描きたいと思います。

私の絵本に興味がありましたら、是非ご覧頂ければと思います。
http://www.ds-island.jp/gallery/ehon/ehon.html
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:18 | Comment(2) | TrackBack(0) | 絵本

2008年01月07日

年賀状。贈る人にもお年玉。

さっぶ〜〜〜〜〜{{{{(><)}}}}
昨日はあんなに暖かったのに、今日は一転して真冬になりました。
これが普通なんでしょうが、昨日があまりに暖かったので、調子狂いますね。
天気も昨日の快晴から一転、冷たい雨模様となりました。

今日から息子は三学期のスタートです。
何とか宿題も終わらせて、朝から元気に登校していきました。
しかし制服の半ズボンが、見ているだけで寒いです(^^;)
「子供は風の子元気の子」とは言っても、やはり寒いでしょうね。

今日は1月7日。
七草がゆを食べる日ですが、我が家は七草がゆではなくカレーでした。
夕方にスーパーで買い物をして、七草がゆを食べるか嫁さんと話ししていたのですが、息子は学童で七草がゆを食べたらしく、結局レトルトのカレーになりました(笑)
本来はお正月の暴飲暴食で疲れた胃を、七草がゆで労ってあげないといけないんですけどね。

さて、年賀状の届く枚数もかなり減り、時折住所不定で戻ってくる年賀状をチェックしている状態です。
やっぱり年賀状っていいですよね。出すの大変だけど、もらったら嬉しいですからね。
毎回自分の年賀状制作が遅くなり、一言書く文章もだんだん短くなっています(^^;)
今年の年末は余裕を持って年賀状を出せるように頑張ろう・・・・と、毎回思っています(笑)

今回も年賀状依頼を受けて、年賀ハガキをトータル1300枚程購入したことになります。
改めて物凄い数ですよね。今回は依頼が少なかったので、例年だと2000枚くらい購入していると思います。
購入枚数も凄いですが、その枚数分印刷(プリント)しているんですから、これまたビックリしますね。
年賀状受けている時はそんなに感じないのですが、改めて振り返ってみるとビックリする数です。

今回年賀状を買うと、「日本の味・宿・旅」というパンフレットとハガキをもらいました。
年賀ハガキの購入枚数に応じて、応募用のハガキがもらえるのですが、数えてみると27枚もありました。
各都道府県の味(名産品)・宿(宿泊施設)・旅(旅行券)が抽選で当たるのです。
くじ運のめっちゃ悪い私のことですから、まず当たる事は無いのですが、出すだけ出してみようと言う事で、27枚全部「日本の味」で出しました(^^;)
一つでも当たってくれたら美味しいもの食べれるんですけどね〜。
正月散々食べておきながら、まだこんな事言ってちゃいけませんね(笑)

頂戴した年賀状。
住所変更等チェックして住所データ修正作業をしていかなくてはいけませんね。
これ早いうちにやっておかないと、忘れてしまって年末になって慌てるんですよね。
正月気分も抜けて、そろそろエンジン全開で行きましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月06日

WiiFitを楽しむ

いや〜今日は暖い一日でした。
朝から快晴だったのですが、お日様が昇るのと比例して気温も上昇しました。
日中はコートを脱いでちょうど良いくらいでした。

今日は大阪から姉とその息子が遊びに来ていて、子供たちはWiiにはまっていました。
WiiFitで遊ぶ子供たちを、姉は笑い飛ばしていましたが、子供たちが飽きて子供部屋で別の遊びをしている時に、姉にもWiiFitを体験させました。
以外に難しいバランスに、子供の事は笑えない状態でしたが、徐々に慣れてきて楽しんでいました。

昨年の8月に息子の誕生日プレゼントとして、Wiiを買いましたが家族みんなで遊べるので、姉親子も来る度に遊んで帰ります。
特に従兄弟の方はWiiが楽しみで来ていると言っても良いくらいです(笑)

WiiFitは身体のバランスや体重もチェックでき、楽しみながら運動する感覚に近いので、私たちも本当に楽しんでいます。
とは言ってもさすがに毎日は出来ないのですが、少しでもWiiFitに乗って身体を意識したいと思っています。

姉も我が家でWiiを体験してから、Wiiの楽しさを理解し、今回のWiiFitも知人がやっているようで、とても興味があったようです。
ニンテンドーDSは、子供が何処へ行く時でも持って歩き、一人でゲームばかりするようになるので、絶対に買いたくないと言っていますが、Wiiはかなり興味があるようです。
もしかしたらWii&WiiFitお買上げ・・・・するかも知れません(笑)

息子はもちろんの事、私も嫁さんも、さらには娘までもが真似して身体を動かして、楽しんでいます。
今年はWiiFitで楽しみながら体重管理して、標準体重にしたいです(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月05日

娘の言葉

今日から娘は託児所へ。
今年の初登所です。
久々なので嫌がるかな〜と、思っていたのですが、以外とスムーズに部屋に入って行きました。
ところが先生に抱っこされた直後に、私の所へ戻ろうとして泣き始めてしまいました。
やっぱり久しぶりで、ちょっと不安になったのでしょうね。
その後は楽しく過ごしたようでしたが、年末年始と親にベッタリだったので、久々の託児所で疲れたのか、今日はいつもより早々と就寝しました。

娘も1才8ヶ月になって、少しずつ言葉を覚えてきていますが、まだ幾つかの単語しか分かりません。
最もハッキリしているのが「あんぱ」で「アンパンマン」のことを言っています。
一時期は他のキャラクターも「あんぱ」と言っていましたが、最近はアンパンマンもしくはアンパンマンに出てくるキャラクターしか言いません。
もう一つ覚えているキャラクターが、NHKのいないいないばぁ〜に出てくる「うーたん」です。
ちょうど靴下がうーたんの靴下なので、靴下を履かせる度に「うーたんうたーん」と喜んでいます。

他には「おちた」と「あけて」をよく使うのですが、「おちた」は自分で物を落としておいて「おちた」と言っています(笑)
「あけて」は娘にとっては、何かして欲しい時に使うようです。
よくおっぱいを欲しがる時に、「おっぱあけて」と連呼しています(^^;)

恥ずかしい言葉も覚えてしまい、私がお風呂に入っているときに、娘が息子の股間を指さして「あっあっ」と言っているので、冗談で「ちんちんだよ」と教えたら、何故か一度で覚えてしまいました(^^;)
それからはお風呂入る度に、息子の股間を指さして「ちんちんちんちん」と叫んでいます(-_-;)
そして自分のおへそを指さしては「ちんちん」と言うのです。自分には無いのが解っているのでしょうか(笑)

最近また言葉の発音が増えてきた感じがします。
今まで発音していなかった言葉も出始めています。
それに娘の名前を呼ぶと、時々「えっ!?」とか「ん!?」とか疑問符の付いた返事をするようになりました。
本人の中でもバリエーションが増えてきたんでしょうね。

昨夜などは、そろそろ寝ようと言う事で、私が部屋を出て「さぁ〜みんな寝るよ」と声をかけると娘がトコトコと寄って来ました。
そして残っている息子に、私がもう一度声をかけると、娘が一言「おいで〜」と言って手招きをしています。
これにはビックリ&大笑いでした。「おいで」という言葉が出てきた事もビックリですが、手招きすることを覚えた事もビックリです。

日に日に成長している娘。
急に甘えん坊になったり、一人で遊んだり。
素直に言う事聞くかと思えば、何をやるにも嫌がったりと、その時々で態度が変わります。
本人の意識の中でもどんどん変わっていっているのでしょうね。

これからもいろんな言葉を覚えて、私たちを笑わせてくれることでしょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月04日

地球温暖化番組

今日から嫁さんは仕事開始。
私も頑張って仕事開始・・・・と、いきたかったのですが、娘は託児所が今日までお休み。
息子も冬休み中なので、結局一日いっぱい子供たちと過ごしていました。
スキを見て少しでも仕事を・・・なんて思いましたが、娘が私にベッタリでとても仕事できる状態じゃありませんでした(-.-)

子供たちと一日いっぱい過ごして、夜に少し疲れた脳みそでテレビを見ていたら、思わず目が覚める番組をやっていました。
朝日テレビでやっていた地球温暖化の特集。
様々な問題が浮き彫りになってきている地球温暖化ですが、本当に身近な所でも影響が出始めているようです。

特に海面の上昇は大きな問題で、東京でも橋の下を通る船が、昔と比べて橋の下が狭くなり、通行に危険を来しているようです。
海外などでも海面上昇により、町が海に沈んだり、島ごと消えてしまう恐れのあるところが沢山あります。

私たちも日頃生活する中で、地球温暖化のことをもっと考えながら生活しないといけないと感じました。
それはコンビニのお弁当の中身を追った内容で感じました。
コンビニの幕の内弁当の中身。
私たちは何も気にせず口にしていますが、このお弁当の中身は殆どが海外からの輸入品。
全ての食材の輸送ルートを合わせると、何と地球を4周半もするのです。
ブラジルから半年もかけて船で食材を運んで来るのです。それを毎日行っているのです。
他にもアメリカや中東など、多くの国から食材が運び込まれてきます。

こうして運び込まれる食材に使う輸送の燃料。
さらにはそれを行う作業時のエネルギー。
大量のCO2を排出してコンビニの弁当は作られていることになります。
しかし、これが今の日本にとって、必要不可欠なことなら致し方ないと思うのですが、残念ながらこうして作られた弁当も、売れ残りはゴミとして廃棄され、そこでまたCO2を排出します。

中東でサヤインゲンを作っている女性が、インタビューにこう答えていました。
「日本の人に美味しく食べてもらうために、一生懸命作っています」
この言葉に胸が痛みました。この人たちがコンビニ弁当の実情を知ったらどう思うでしょうか。

他にも熱帯ジャングルの森の減少や、枯れていく湖など、環境破壊の現状が次々と紹介されました。
どれもこれも、本当に人間のわがままで自然を壊してしまった結果でした。
一度壊れてしまった自然は、同じ状態に戻すことは不可能に近い。
戻ったとしても、何千年という歳月を必要とします。

私たちは、日頃溢れるばかりの物に囲まれて生活しています。
それでも、まだ、欲しい物が沢山あります。
それは私も同じで、常に欲しい物があります。
そのこと自体は決して悪いことでは無いと思うのですが、物があり過ぎるのもどうかと思いました。

今の日本の人口からして、そこまで物が必要なのでしょうか?
大量に作って大量に売って、売れ残った物は全てゴミになっているのではないでしょうか?
リサイクルできる物であれば良いのですが、食品等はリサイクルできません。
「食べ物は大事にしないといけない」と、子供たちに教えながらも、大人が一番食べ物を粗末にしている。
そして私たちも消費者という立場でそれに加担しているのです。

年末年始・お正月の間。
私も沢山の食べ物をテーブルに並べ、飲み食いし、食べ残して来ました。
とてももったいないことだと、今反省しています。

これからはCO2排出だけに限らず、全ての資源に対して、常に「もったいない」という気持ちを。
無駄にしないという気持ちを持たなくてはいけませんね。
私たち個人が心がける事で、変わっていく可能性は十分にあります。
かけがえのない地球。
世界中の人々が、真剣にこの地球温暖化問題に取り組めば、絶対に温暖化を食い止めることが出来ると思います。

私ももっと意識を強くして生活していこうと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと

2008年01月03日

お正月三日目

昨夜の飲み会疲れで、今朝もゆっくりめの起床だった我が家(笑)
今日は特に何も予定をしていなかったので、朝からのんびりと過ごしました。
息子とゲームをしたりしていましたが、せっかくなのでお餅を焼く事にしました。
練炭を持ってきて、炭火を熾して餅を焼き始めました。

前回元旦に焼いた時は、餅焼き用の網が無くて、あちこち黒焦げになってしまいましたので、餅焼き用の網を買っておきました。
今回はうまい具合に焼けそうな雰囲気で、息子も餅がぷく〜っと膨れるのを楽しみに待っていました。

ところがそこへ電話がかかってきました。
電話かけてきたのは、昨日遊びに来ていたお友達。
たっぷり遊んだのですが、まだ遊び足りないようで「家に遊びに来て〜」という電話でした。
息子はもう嬉しくて、すぐにでも飛んで行きたい様子。
しかし、そこは子供同士で話決めてもいけないので、お父さんに換わってもらいました。
お父さんも「子供が暇持て余しているので・・・」という事でしたので、ひとまず息子を連れて友人宅に向かいました。

友人宅に着くと、お友達が待ち切れない様子で、外で遊んでいました。
そしてお友達のお父さんに「すみませんお世話かけます」と話していると、横からお友達が「ねぇ〜泊まってほしい」と言ってきました。
今までも何度か、息子が泊まりに行ったり、逆に我が家に泊まりに来たりと、お互いにお泊りをしている二人。
結局お泊まりする事で話がついて、私は一旦家に戻り、息子のパジャマを持って行きました。

家に戻ってから夕食の時間になりましたが、娘は眠かったようでぐっすり寝込んでしまいました。
嫁さんと二人でテレビを見ながら夕食を食べましたが、妙に静かな時間に違和感を感じながら食べていました。
娘も起きてからは何故か甘えっ子で、とても駄々っ子でした。
お兄ちゃんがいないので淋しかったのでしょうか。

嫁さんは明日から仕事です。
私もボチボチエンジン始動して行きたいところですが、明日は子供たちの面倒を見ないといけないので、様子を見ながら出来るところから始めていきたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月02日

お正月二日目

今日は我が家で飲み倒しておりました。
午前中に買い物に出かけ、その後は友人家族が来て、昼から深夜まで飲んで話してまた飲んで・・・・と、楽しい時間を過ごしました。

午前中に息子と娘に、もらったお年玉でおもちゃを買ってあげるために、ジョーシンへ行きました。
息子は以前から欲しがっていた、Wiiのマリオギャラクシーのソフト。
娘はまだ選べないので、水で専用のシートに落書きできるスイスイ落書きという物を買いました。

息子は買ったばかりのマリオギャラクシーを、遊びに来たお友達と、ず〜っとプレイしておりました。
途中で私たちに「ちょっと休憩!!」と言われて、今度は二人で2階に駆け上がって行って、息子の部屋でおもちゃで遊んでいました。

子供たちにとっては、ずっと遊べる事が楽しくて仕方ないのでしょうね。
ろくに食べ物も食べず、飲み物も時々飲む程度で、本当に二人でずっと遊んでいました。
それにつられるように、娘もお兄ちゃんと友達の間に座って、使っていないWiiリモコンを持ちながら、一緒に遊んでいるつもりで楽しんでいました。

大人はず〜っと、飲みながら話し、子供たちはず〜っと遊んでいて、気がつけばもう深夜。
名残惜しいですが解散することにしました。
楽しい時間っていうのは、本当にあっという間に過ぎ去るものですね。
お正月ならではの楽しい時間でした。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年01月01日

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
2008年・平成20年を迎えました。
昨夜は紅白見ながら、だらだらと飲み食いしていました。
年越しを確認して、30分ほどしてから就寝しました。

2008年最初の朝は、どんよりと雲っていました。
その内、冷たい雨が降り始めたかと思うと、霰のような雪になりました。
しかしすぐ止んで、その後天気も回復してきました。

我が家のお正月は、毎年決って、奄美のお正月料理である「三献(さんごん)」を食べます。
一の膳は餅、昆布、焼き魚、ゆで卵、しいたけ、かまぼこ等の入ったお雑煮風のお吸い物をいただきます。
つぎに二の膳はお刺身。
最後に三の膳でかしわ(鶏)汁を戴くのです。

今年は年末に奄美の実家から、鶏のガラが送られてきていたので、かしわ汁は奄美の地鶏の出汁が効いていて、とても美味しかったです。
お餅も練炭で焼いたのですが、なかなか焼けず、時間かかってしまいました。
でも、美味しい三献を戴く事ができました。

その後は、初詣でに出かけ、今年も家族皆が健康で過ごせる事を祈願して帰りました。
初詣での道中には、屋台が出現し、毎年息子はこの屋台のところで何かを買いたがります。
そして私たちもたこ焼きや今川焼きに魅かれるので、今年は予め冷凍のたこ焼きと今川焼きを買っておきました(笑)
息子はやはり何か買いたがり、綿菓子を買って帰りました。
当然娘も欲しがって、お兄ちゃんから綿菓子を分けてもらっていました。

その後は家に戻って、奄美と北海道に電話で新年の挨拶をし、届いた年賀状を見て、後はテレビを見ながらゴロゴロと過ごしました。
今夜は御節を食べながら、またダラダラと飲み食いしたいと思います。

皆さんも楽しいお正月をお過ごしでしょうか。
本年もどうぞよろしくお願い致します。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 18:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記