2007年10月26日

ついにleopard発売

Macユーザーでない方にとってはどうでもいい話しかも知れません。
でも、私はMacユーザーなのでつぶやきます(笑)

「私はMacユーザーじゃないから」と思ったあなた。
ブラウザ閉じないで〜(笑)

今日はMacの新しいOSが発売になりました。
MacOS10.5。通称「leopard(レパード)」です。
以前のOS10.4から約2年半ぶりのバージョンアップです。

Macユーザーでない方にも知って欲しいのは、MacOSでありながらWindowsも使えるということなのです。
071026-4.png
MacがIntelに切り替わってから、MacでWindowsを使えるようになりました。
しかし以前のOSでも、Bootcampというソフトをダウンロードすれば使えていましたが、今回のOSで標準装備になったようです。
詳細はこちら

ようするにMac一台で、MacもWindowsも使えるってことなんですね。
でも、Macユーザーの私としては、やはり今回のOSがとても魅力的なので、是非その良さを知って欲しいと思うのです。
とは言っても、私もまだ手にしたわけではないので、厳密なことは言えません。
ただ、デモのムービーとか見てるだけでも、その魅力が十分に伝わってきました。

私が一番魅力的だったのは、ファイルを開かずにファイルの中身を見れるQuick Look。
071026-1.png
詳細はこちら
何しろ全てのファイルを開かずに、中身を確認できるのですから凄いです。
今まではアイコンでどの種類のファイルかは分かりましたが、中身まではなかなか分かりませんでした(画像等は分かりましたが)
このQuick Lookを使えば、ムービー等もソフトを立上げる事なく、デスクトップで中身の確認ができるのです。

次に嬉しい機能が新しいFinderです。Cover Flowという機能を使ってでページをめくるようにファイルを見ることができます。
071026-2.png
これでもおおよその中身のイメージは掴めます。
小さなアイコンで見るのではなく、美しいグラフィックで表示されます。
詳細はこちら

そしてもう一つ凄いのが、Time Machineという機能。
071026-3.png
まさしくその名の通り、過去にさかのぼって消えたファイルを復旧させることができるのです。
早い話がバックアップ機能なのですが、このTime Machineという名前と、インタフェイスがとてもクールです。
バックアップ用に外付けHDが必要になりますが、いざという時のためには、本当に助かる機能です。
詳細はこちら

他にも気になる機能はありますが、特に上記3点は目玉と言っても良いでしょう。
OSXになってから、本当にMacOSはさらに使いやすくなりました。
でも、今回のバージョンアップは、今までの中でもずば抜けて素晴らしいものだと思います。
本当はすぐにでも欲しいのですが、仕事で使っている以上、新しいOSは様子を見てからにしたいと思います。
金銭的な理由も大きいですが(^^;)

一般世間はWindowsユーザーが大半だと思いますが、Macって何も専門家が使うだけの物じゃありません。
私から言わせれば、WindowsよりもMacの方がより一般向けだと思います。
直感で分かる操作性と、何よりも美しいグラフィック機能。
一度触ってみて下さい。お近くのアップルストアかアップルショップに行けば体験できると思います。
もしくはアップルのサイトのビデオガイドで
http://www.apple.com/jp/macosx/guidedtour/
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | Macintosh