2007年10月23日

食の有り方

なんか食品の偽造問題が続いていますね。
不二家問題からミーとホープ、最近では赤福・比内地鶏。
もう加工食品は、偽装されているものと思って、食べないといけないのかも知れませんね(笑)

笑い事ではないのですが、実際食品加工会社であれば、似たようなことをやっているのではないでしょうか?
それが表面化するかしないかだけの問題のような気もします。
本来なら商品として出すものですから、しっかりとした物を出さなくてはいけません。
しかし、そこにコストと利益というものが絡んでくると、より安い材料でより高い利益を・・・・と考えるようになります。

私たち消費者も、より安い食材を求めスーパーに行き、食費にかかるお金を下げる努力をしています。
例えば牛乳の賞味期限が一日過ぎていたからといって、その牛乳を捨てたりすることはありません。
1日〜2日くらいなら、十分使える範囲だと考えて使っています。
さすがに4〜5日を過ぎるような物は捨てますが、少々の賞味期限切れは気にせず使います。

でも、子供に食べさせる物には、なるべく賞味期限内の物を心がけます。
やはり万一のことを考えたり、大人に比べ子供はまだ胃腸が強くありません。
ですから子供に食べさせる物は、極力賞味期限内のものを食べさせます。
たまに、食べ終わってから「あっ切れてた・・・!」なんてことも多々有りますが(爆)

今回の赤福問題にしても、これとよく似た感情があったのだと思います。
老舗で行われて偽装ですが、おそらく昔から続いていた悪しき伝統でしょう。
昔は冷凍なんて出来なかったので、本当にその日の内に作って売っていたと思います。
でも、残った餅やあんこを捨てていたかは疑問です。

日本人の心には食べ物を捨てることに「もったいない」という意識があったと思います。
今でもその心は残っていると思いますが、最近はコンビニ等でも余ったおにぎりやお弁当は、ゴミととして廃棄していきます。
一般家庭でも食べ残しは生ゴミとして、賞味期限の切れた食材も生ゴミとして廃棄します。
これは本当に食べ物に対して失礼な行為なのだと思います。
「あぁ〜なんてもったいない」という気持ちがある内はいいのですが、日常化してくるとその気持ちも無くなっていきます。
不思議ですよね。今まで食べ物として見ていた物が、賞味期限を越えたとたんにゴミとして見るのですから。

赤福問題は偽装問題でもありますが、この「もったいない」という視点からも、よく考えさせられる問題だと思います。
日本の食品業界は、とにかく作って作って売れ残ったらゴミとして捨てる。
赤福の場合はそれがもったいないということで、再利用していた。
確かにもったいないですが、お客さんに出して良いということではありません。
再利用しながら、「作り立てです」と言って出していたのですから、これは立派な詐欺行為です。

私がなるべく子供には賞味期限内の物を・・・と、思うように、お客様には新鮮な物を・・・と考えるのがあるべき姿だと思います。
そしてもったいないからと再利用した物は、「作り立てではありませんが・・・・」と、説明して試食してもらって、お客様に判断して頂いて、安価で売れば良かったのです。
「材料を捨てるにはもったいないので、十分安全な範囲で食材を再利用して作っています」として出せば、逆に赤福のイメージアップになったと思うのですが。

これからも様々な食品偽装問題が浮上してくるでしょう。
しかし、それをただ批判するだけでは何の問題解決にはならないと思います。
作る側もただ大量生産するのではなく、本当に必要数を把握して売るシステム。
また私たち消費者も、やみくもに食を求めるのではなく、必要な物をじっくり見極めることが大事だと思います。

食材は大事です。多少の使い回しは私はいいと思います。
ただそれを消費者に伝えることが大切だと思います。
そして消費者もそれを見て、消費者が判断すれば良いと思います。
大量に生産して大量に売りさばき、大量にゴミを出す時代はもうとっくに終わっています。
ただでさえ自給率が少ない日本です。
もっと食材を大切に有効に使えるシステムを、そして需要と供給のバランスをしっかりととっていかないといけないと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと