2007年10月15日

亀田ボクシングの今後

大相撲の問題もある中で、今度はボクシングで波紋が広がっています。
大きく報道されていますね。亀田大毅選手の反則行為。
私はリアルタイムでは見ていませんでしたが、報道で見る限り、あれは酷過ぎますね。

亀田一家は度々テレビに登場しては、自信たっぷりの態度を見せつけていますが、正直私はあまり好きではありません。
やっぱり言葉が汚過ぎますね。人を最初から見下している感じもします。
リングの上では相手を威嚇するために、強い態度を見せるのは必要ですが、リングの外では単なる下品にしか見えません。

今回の亀田家を見ていると、一時期のホリえもんとダブって見えるのは、私だけでしょうか?
どうもマスコミが祭り上げている気がしてならないんですよね。
実力以上の評価をマスコミが作り上げ、それに本人達も呑まれてしまって、本来の自分の姿が分からなくなってしまうのではないでしょうか。

マスコミに祭り上げられて、世間に騒がれることで、知名度が上がり、そのことによりお金がついて回る。
実力以上の評価を、マスコミや世間が付けるものだから、本人もいつの間にかそう思い込んでしまう。
結果、試合で自分のイメージと現実とが噛みあわず、イライラして反則行為を繰り返す。

今回の試合でアンチ亀田になった人は多かったのではないでしょうか。
私も嫌いになってしまいました。
今までは、本当に努力してトレーニングしているから、立派だと思っていましたが、試合前の内藤選手との会見を見て、情けなくなりました。
人をバカにした態度で暴言を吐きまくり、人を人とも想っていない言動は本当に許せないと思いました。

ここまで天狗になってしまったのは、やはりマスコミの祭り上げのせいでしょうね。
祭り上げられて「自分たちは偉いんだ!!」と、勝手に思い込んでしまったのでしょう。
だからあんな暴言を吐けるんです。チャンピオンに挑戦する態度ではありません。
一回り以上も年上のチャンピオンに向かって、君呼ばわりや、「ゴキブリ」は最低の人間の発言です。
きっとテレビを見ていた人の多くが、負けたことで「ざまぁ〜みろ!」と思ったのではないでしょうか。

単に強ければ良いと言うものでは無いはずです。
本当に強いスポーツ選手は、心も強いはずです。
心が強い人は、他人に対して気配りや優しさがある人です。
心が強く無ければ、人に優しくできません。
人を攻撃する人間は、自分に自信がなくて、他人をけ落とすことで自分が優位になることしか考えていないのだと思います。
今回の亀田大毅選手の発言は、まさに弱い自分をごまかすための、強がりのパフォーマンスだったと思います。

亀田三兄弟は、決して弱い人ではないと思います。
もう一度原点に戻り、自分自身を見つめ直し、それぞれがちゃんと自立して、心身共に強い自分を目指して欲しいと思います。
家族が団結することは、良い事ですが、時として回りが見えなくて迷走する場合もあります。
父と息子というのは、男同士で対立して、互いに切磋琢磨するのではないでしょうか。
そろそろ親離れ・子離れする必要があるのかも知れませんね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記