2007年10月12日

相撲協会のあり方

最近相撲協会のことが連日テレビで放送されています。
時津風親方が代わり、あたかも新しい部屋に生まれ変わったような印象を受けますが、相撲界の中は変わっていないのでしょうね。

今回のこの時津風部屋の事件に関しては、あまりにも相撲協会の対応が悪過ぎますね。
全て「部屋の問題です。師匠に一番責任があります。」の一言で終わらせています。
これって一般企業であれば、社長が「私は知りません、部下が悪いんです。」と言っているようなものです。

確かに大相撲界と言うのは特殊で、外からは分からない事も多いと思うのですが、少なくとも大相撲を支えているのは、相撲を愛する一般の人々だと思います。
大相撲界で起きた不祥事に対しては、やはり大相撲のトップである理事長が、責任を取る必要はあるのではないでしょうか。

テレビの報道番組等でも、様々な人が相撲協会の体質改善を求めています。
国技であり伝統である相撲を、良い形で後世に引き継いでいくためにも、悪しき体質は改善していかなくてはいけないと思います。
これは何も相撲に関することだけではありませんね。
私たちの回りでも地域の中で、会社の中で、狭い範囲であれば家庭の中で、独自の風習・体質というのはあると思います。
良いように言えば土地柄・社風・家庭の特徴ですが、その中で改善できることはやはり改善していかなくてはなりません。

相撲協会もひとつの会社として考えれば、悪しき社風は改善していかなくてはいけません。
これからの大相撲発展のためにも、是非改善していってほしいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記