2007年10月01日

今日から民営化

郵政民営化がいよいよスタートしましたね。
看板やロゴも新しくなり、目に見える形での民間企業に変わったわけですが、本当の民営化はこれからでしょうね。
働いている職員が「民間企業」という意識が無ければ、今までの感覚が残ってしまいますからね。

民営化によって手数料などが上がる物もあるようですが、これは仕方無いのでしょう。
懸念されるのは、やはり過疎地での郵便局廃止ですね。
お年寄りが多く若者が少ない地域等では、民営化は厳しい現実を見せられるかも知れません。
CMでは全ての国民に優しい郵便・・・みたいなことを謳っていますが、現実は厳しいでしょうね。

民営なので当然利益追求になりますが、過疎地での今までのネットワークをうまく使って、これまでのサービスを継続できる努力をして欲しいですね。
国も「民営化したから自分たちで頑張りなさい」ではなくて、うまく民営化に移行していくために、しっかりと見届けてほしいと思います。

何はともあれ新しくスタートした郵便局。
国民に愛される企業となれるよう、頑張って欲しいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記