2007年09月27日

揺れる相撲協会

大相撲が揺れていますね。
朝青龍問題がようやく下火になってきたと思っていたところに、今度は新弟子の死亡事件問題が浮上してきました。
新弟子が死亡したのは、もう3ヶ月以上前ですが、当初から「おかしいのでは?」という報道がされていました。
稽古中に様態が変わり心不全で急死したと説明されていたようですが、遺体を見た親はあまりの子供の変わりように、ただただ震えがとまらなかったようです。
「どうして通常のぶつかり稽古でこんなにボロボロになるのか?」という疑問をずっとインタービューでも答えていました。
そしてついに警察も動き始め、事件として扱うようになりました。

厳しい相撲部屋の中なので、当然ケガや故障者は出るでしょう。
しかし稽古によって死者が出る事があるでしょうか?
何らかの病気を抱えていたのならともかく、健康体の17才の若者が稽古で死亡するでしょうか?
これはやはり稽古と言う名のリンチがあったと考えるのが普通ですよね。
ここに来て親方もビール瓶で殴ったと証言しているようですし、先輩力士も暴行を加えたことを認めているようです。

部屋によっても違うのでしょうが、暴行まがいの稽古が日常茶飯事だとしたら、これからの相撲界はとても心配です。
相撲界に限らずどんなスポーツでも後輩を鍛える意味でしごきに近いことは行われていると思います。
でも、それは「強くなって欲しい」という思いがあるからです。
スポーツだけでなく、親子の関係でも真当な人間に育ってほしくて、親は子供に厳しくなる部分があります。
全てにおいて厳しさ=愛情でなくてはいけません。

しかし、今回の事件は愛情が感じられません。
単にストレスのはけ口に新弟子に稽古と言う名の暴行を加えた感じがします。
愛情があったのなら、途中で「これ以上やってはいけない」という思いがあったはずです。

朝青龍問題に続き、今回の新弟子死亡事件。
大相撲協会は「部屋に任せてある」といつも言いますが、本当にその対応でいいのでしょうか?
日本の国技である相撲。単なるスポーツではなく、武士道としての相撲。
武士道としての以心伝心が出来ていないのが、様々な問題に繋がっているのではないでしょうか。
大相撲協会もこれらの問題を真摯に受け止めて、武士道としての相撲を発展させて欲しいです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:41 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記