2007年09月02日

伊丹空港お見送り

今日は一緒に北海道に行ってきた実家の母が、奄美に帰る日でした。
北海道も満喫できたようで、満足して奄美に帰って行きました。
伊丹空港まで送って行ったのですが、せっかくなので展望台に上がって、飛行機を見送ることにしました。
夏休み最後の日ということもあってか、展望台は家族連れでいっぱいでした。

私はカメラの練習も兼ねて、飛行機の写真を撮っていましたが、着陸する時に飛行機のタイヤから煙が出ているのを見た息子は「煙が出た!!」とビックリしていました。
何度も飛行機に乗っている息子ですが、着陸する瞬間を見たことはあまり無かったと思います。

写真を撮っていて嫁さんと「何でこんな鉄の固まりが飛ぶんだろうね?」と、話していましたが、その鉄の固まりにいつも乗って、北海道へ奄美へと帰省している私たちです(笑)
そうこうしている内に、奄美行きの飛行機が動き出しました。
ゆっくりと滑走路に向かい、滑走路の端でスタンバイしています。
そしてゆっくりと走り始めたら、一気にスピードアップして、そのまま上昇。
あっという間に空の彼方へ消えて行きました。

飛行機を見送った後、お昼ご飯を食べて家に帰ってきました。
その後、母からも「無事に着いた」と連絡がありました。
これで今回の私の役目も終わりです。
長旅で疲れたと思いますが、「一度は北海道に行ってみたい」という母の想いを、何とか形にできて良かったと思います。

さぁ、明日からは息子も学校が始まり、娘も託児所に行き、いつもの生活に戻ります。
私たち親も日常に戻って、また頑張らなくてはいけませんね。

070902-1.jpg
飛行機って見てるだけでワクワクしてきますね

070902-2.jpg
乗ってる時は感じないけど、飛ぶのが不思議だ。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記