2007年08月09日

息子にキレた

夏休みも中間にさしかかってきて、息子の気持ちもかなりだらけてきているようです。
夏休み始めは、朝からラジオ体操〜学校のプール〜英語のサマースクール、と午後3時頃までスケジュール決っていて、それから外に遊びに行っていました。
そのためか、かなり充実していて、学校のプールの前に、ちゃんと宿題もやってから出かけていました。

ところがこのところは、全く宿題手に付かずの状態です。
数日前から学童に行き始めたのですが、宿題を持たせるも、まったく手を付けずに持ち帰ってきます。
「なんでやってないの?」と聞くと、「忘れてた」とか「時間が無かった」等と見え透いたウソを言います。

学童に行くと、託児所時代のお友達がいて、学校では会わないので、楽しく遊んでいることは確実です。
それはそれでいいのですが、きっと宿題もやらずにずっと遊んでいるのだと思います。
3日ほど前から「今日はちゃんとやってくる!」と言って持っていったプリントが、ほぼ白紙のまま持ち帰ってきています。

今日こそやってきてくれるか・・・という淡い期待もアッサリと裏切られてしまいました。
息子の態度を見ていると分かるのですが、口では「ごめんなさい明日します」と言いますが、その場凌ぎの言葉なのです。
何しろ3日連続同じ言葉を聞いているのですから。
「このままだと明日も同じだな」と思ったので、「もういいよ好きなようにしなさい」と、逆にほっておきました。

帰ってきてから少しは反省して、ちょっとでも宿題やるかと見ていましたが、全くその気配無し。
私も「好きにしろ」と言った手前、何も注意もせず、ただただ息子の行動を見ていました。
息子は私の返事や態度がいつもと違うことに、気づいてはいるものの、特に気に留める様子もなくテレビを見ていました。

食事もテレビを見ながらダラダラと食べ、結局半分残しています。
私と娘は早々とシャワーを浴びましたが、息子は未だに入っていません。
しかし私の口からは「○○しなさい」と言わない事にして、ただただ息子の行動を見ていました。
このまま寝るようであれば、そのままにするつもりでいました。

ところが「ねぇ〜お父さん、Wiiしていい!?」と聞いてきたのです。
これには私もキレました。
「好きなようにしなさいって言っただろ。自分のやりたいことを好きなようにしなさい。」と言いました。
さすがに息子も私が嫌みで言ったことを分かって、今度は息子が逆ギレです。
「わかったもういい」と言って口をとがらせました。

私がさらに「自分の好きなようにしなさいって言ったでしょ。自分で考えてやりなさい。」と言うと、今度は「嫌だ!」の一点張り。
明らかに私に対して不満をあらわにしています。私が何を言っても「嫌だ!」の繰り返し。
今まで抑えていた私もついに噴火してしまいました。
私が怒鳴りながら立ち上がると、息子はすかさず逃げ出しました。

今までも言う事を聞かないと、外に放り出してきたので、息子はすぐに「外に出される」と感じたのでしょう。
泣きながら「ごめんなさいもうしません」を繰り返します。
大粒の涙を流し、顔はぐしゃぐしゃになりながら、必死でごめんなさいを繰り返します。

結局外に出す事は無かったのですが、息子は今までの態度とは明らかに変わりました。
その後、息子にいろいろと話しをして、息子もようやく納得してくれましたが、私の中にはやり切れない想いが残りました。
私が激怒した時の息子の顔が焼き付いているのです。
恐怖に脅えた顔で、私に許しを請う顔は、私の知っている息子の顔ではありませんでした。
おそらく私も凄い形相をしていたのだと思います。

本当はこんなことしてはいけないのだと分かっています。
ちゃんと言い聞かせて、子供とちゃんとコミュニケーションをとって解決していかなくてはいけないのです。
しかし、時にはムチが必要な場合もあります。いくら話しをしても何度も同じ事を繰り返すようでは、やはり厳しい態度も必要だと思います。

子育てって本当に難しいって思います。
息子の遊びたい気持ちも本当によく分かります。
私も息子の頃は、一日中遊び回っていました。私に息子を叱る権利なんてないのかも知れません。
しかし、親として時に厳しく接しないと、子供は親をそして大人をなめた目でみるようになる気がします。

今夜は嫁さんが夜勤でいない中、私一人が激怒していました。
私が怒り息子は泣いて詫び、その側で娘は笑っていました。
外から見たらきっと異様な光景だったと思います。

子育てって本当に難しいですね。自分が本当に情けなくなります。
今はスヤスヤと寝ている息子と娘の顔を見て、親としての出来の悪さを反省しているところです。
明日はちゃんと宿題やって来てくれるのか。まだ分かりません。
でも、やってきた時はちゃんと褒めてやろうと思います。
「ちゃんと出来るんだ」という気持ちを持たせ、それを自信に繋げ、やる気に持っていけたらいいなと思っているのですが。

息子も反省の日。そして私も親として反省の日です。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:37 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記