2007年07月31日

心地よい夏の夜

7月も終わりですね。
ほんとに早いですね。信じられませんよ(^^;)
一ヶ月があっという間に終わると言うのは、それだけ充実しているという事なんでしょうか?
明日から8月です。夏季休暇もあったりして、これまたあっという間に終わるのでしょうね。

梅雨明けしてから一気に気温が上昇し、夏らしい天気が続いています。
お陰で息子は真っ黒に日焼けしています。
午前中はプール、午後からは自転車で走り回っているので、見事に真っ黒です。
夏らしい夏になってきました。

当初は「今年の夏は猛暑の可能性」と伝えられていましたが、今のところは結構過ごしやすいです。
特に朝晩は涼しいことが多く、今夜も窓を開けていると、ヒンヤリと気持ち良い風が流れていきます。
そしてその度に南部鉄の風鈴が「チリン・チリリーン」と、耳に心地よい音色を奏でてくれます。

例年なら窓を開けていても、生ぬる〜い風が入ってくるか、全く風など吹かない状態で、クーラー無しでは眠れない夜が多いのですが、今年は本当に過ごしやすいです。
これが異常気象なのか、それとも今までが異常気象で、これが本来の夏なのか?
もう全く分からないですね。
でも、日中は汗ばむ陽気で気持ち良く汗かいて、夜はヒンヤリとした風で涼を楽しめるのは、最高の夏だと思います。

ヨーロッパの方では熱波で死者も出るほどの大変な事になっています。
また大雨で洪水になったりと、本当に異常気象の影響が出ています。
この夏の夜の涼しさが、異常気象なのかは分かりませんが、過ごしやすくてクーラーの使用頻度を抑えることが出来るので、とてもありがたいですよね。
しかしヨーロッパの熱波は人事ではなく、日本の、特に西日本ではありうることらしいです。

出来ればこのまま、過ごしやすい夏であってほしいと願うばかりです。
今宵もまた、自然の涼風に包まれて、風鈴の音をBGMに眠りにつきたいと思います。
おやすみなさいm(__)m
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月30日

新作「牧草ランチ」「フラミンゴの夢」

今月もギリギリで新作2点を描きあげました。
毎月「来月は早めに・・・」と思いながらも、ついつい遅くなってしまいます。
今回はだいたいのイメージが頭の中で出来ていたのですが、なかなか取りかかることができなくて遅くなってしまいました。

「毎月2作品」を目標に、何とか頑張って続けていますが、私の場合、このようなノルマ的な目標でも掲げないと、なかなか実行できないのです(笑)
それと委託販売先でリピーターが多いと言うのが、新作を描き続ける原動力となっています。

今月の2作目で、ついに95作品になりました。
後5作品で100作になります。自分でもちょっとビックリです。
100作品出来たら作品集にしたいと、以前から思っているのですが、実現できるかな(^^;)
やはり予算的な物が大きいので、すぐには難しいかも知れません。
でも、作品集はやはり作りたいですね。

さて、今月の新作ですが、一つ目は北の大地、夏の北海道をイメージして描きました。
昨年、車をフェリーに載せて北海道まで行き、思う存分北の大地を車で走りました。
ちょうど7月末から8月上旬だったので、小麦の刈り取り時期で、あちこちに牧草ロールが転がっていて、とても印象的な風景でした。
是非イラストにしていみたいと、昨年から思っていました。

苦労したのは牧草を刈り取った後の大地の描き込み。
遠目から見たら小麦色の一色なのですが、近くで見ると刈り取った後が鮮明に見えます。
そのグラデーションをどう表現するか、散々悩みました。
結果、一列に刈り取り後のオブジェクトを作り込み、それを一つずつ後ろに配置していくという、根気のいる作業になりました。
また、データ的にもかなりのパスの量になるので、作業効率メチャ悪かったです(笑)
でも、そうしないとイメージ通りの物にならなかったので、Macにも気合いを入れて頑張ってもらいました。

2作目は対照的に、物凄く平面的でデザイン的な要素のイラストに仕上がりました。
イメージしていたのは、フラミンゴのピンクと、夏の青空の鮮やかなコンビネーション。
ですから、あまり細かな要素にこだわらず、素材を貼り付けていくような感覚で描きあげていきました。
夏ってトロピカルなイメージで、理由もなくワクワクする。
そんな感覚を目一杯出してみたくて、今回のようなイラストになりました。

95作品まで描きましたが、まだまだ描いてみたい動物、そして風景が沢山あります。
あと5作品で100作品ですが、これは到着点ではなく通過点です。
まだまだ描き続けていきたいと思います。
どんなイラストができ上がってくるか、私自身楽しみながら描いていきますね。

070730-1.jpg
牧草ランチ

070730-2.jpg
フラミンゴの夢
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | 新作のお知らせ

2007年07月29日

自民大敗の参院選

選挙に行って来ました。
今回の選挙、「民主有利」と伝えられていましたが、フタを開けてみると予想以上の民主優勢。
自民党はここまで大敗するとは思っていなかったでしょうね。

今回の選挙は、寸前までどこに投票するか悩みました。
正直な気持ちとしては「どこの政党も頼りない」というのが本音です。
確かに年金問題は大きな問題ですが、これは自民党だけの問題ではありません。
おそらくそれよりも、事務所費問題などの、政治とお金のダークな面が国民の怒りをかったのだと思います。

民主党が圧勝したのは、民主党の政策が良いというのではなく、自民党以外の政党でいれる政党が無いというのが正直なところではないでしょうか。
国民は民主党が圧勝したからと言って、それで政治が変わるとは思っていないと思います。
ただ、自民党がずっと政権を握り続けるのも、あまり良くないという判断から、民主党に票が流れたのではないでしょうか。

日本は長い事、自民党一党による政治が続いてきました。
私が記憶している首相の中で、自民党以外の首相といったら、細川護煕・羽田 孜・村山富市くらいです。
やはり欧米のように、二大政党が競い合って政治をよくしていく方が、良いのかもしれないですね。

小泉政権で圧倒的な強さを持っていた自民党ですが、今回は国民のお灸と受け止めて、しっかり反省し、次の政治改革に活かしてほしいと思います。
民主党の圧勝によって、政権交代が実現するのか、まだまだ分かりませんが、国民の声が届く政治に向けて、それぞれの党が頑張ってほしいものですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月28日

再びカブトムシを探しに

6月の24日に、息子と二人で超早起きして、カブトムシを捕まえに行きました。
しかし何一つ捕まえることができず帰ってきました。
その時のきっかけは、友人の「昔、○○でクワガタを捕まえた」という話しを、息子が聞いたことでした。

そして本日、今度はその友人とともに、再びカブトムシ・クワガタを探しに行く事になりました。
あの後、またまた友人が家に来る機会があり、その時に息子が話しをして「今度一緒に行こう」という話しになったらしいのです(^^;)

当初は友人と息子の二人だけで行く予定でしたが、友人の兄の息子(友人からしてみれば甥っ子)も一緒に行く事になったようです。
友人の兄というのも、友人なのですが(^^;)
車の免許を持っていない友人は、最初は息子をバイクに乗せて行く予定だったようです。
しかし甥っ子も行くことになったため、私が車で運転して皆を連れて行く事になりました。

起床は4時半、5時に友人宅へ迎えに行き、車で山に向かいました。
車で行けるところまで行き、車を降りて友人の案内で山の中へと入ります。
山の斜面を草や木の枝を頼りに登ります。
見るとあちこちにクヌギの木があります。
「これは期待できるかな?」と、皆で探し回り始めました。

しかし何もいません。木は沢山あるのですが、虫がまったくいないのです。
そんな中で友人がクワガタがいそうな木の穴を見つけました。
格闘する事数分間、ようやくクワガタを見つけ捕獲しました。
小さなクワガタですが、それでも子供二人は大喜び。

小一時間ほど探しましたが、結局見つけたのはこのクワガタのみ。
そろそろ帰らないと、嫁さんと娘が出勤する時間です。
小さな収穫でしたが山を後にしました。
友人を家まで送り、帰ろうとした時、友人が虫かごを持ってきました。
何も捕れなかった時のことを考えて、カブトムシを用意してくれていたようです。
これには息子も大喜び。捕まえたクワガタも貰ってルンルンで家に帰りました。

なかなか野生のカブトムシは目にする事ができませんね。
昔は簡単に見つける事ができたらしいのですが、かなり数も減っているのでしょうね。
何より自然破壊の影響が大きいのかもしれません。
もっと子供たちが自然と触れ合える環境を、これからは育てていかなくてはいけないのでしょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月27日

夏の夜はヒンヤリと

梅雨明けしたとたんに暑くなりました。
夏本番ですね〜。暑いけど、やっぱり夏はこうでなくちゃネ。
蝉もいっせいに鳴いて、夏らしさをさらに演出してくれています。

ところで夏といえば、いろんな風物詩がありますが、お化けというのも夏の風物詩の一つですね。
お化け・・・・皆さんは信じますか?信じませんか?
よくこの時期になると「本当にあった怖い話し」とか「心霊現象特集」とか、テレビでよく出てきます。

私は8才の頃に、一度亡くなる前の人の「生き霊」を見た事があります。
その時は「生き霊」と分からずに後で分かった事なのですが、そんなこともあったので「霊」の存在は信じています。

また、20代前半の頃に、友人達と夜の神社に肝試しに行った事がありました。
結構大勢の人数で行ったのですが、神社の手前の階段からは、男女ペアの1組ずつ順番に神社まで行って帰ってくる。ということで行いました。
私たちの番になり、ペアの女の子と真っ暗な階段を一段一段登って行きました。

ふと気配がして後ろを振り向くと、私たちを脅かそうして、二人ほど隠れながら近づいてくるのが、うっすらと確認できました。
「脅かすつもりだな」と女の子と笑いながら再び神社に向かって階段を登り始めた時。
誰かに腕を引っ張られた感じがして、思わず「うわっ」と声をあげました。
しかし、それは私だけでなく、女の子も同時に「きゃっ」と声をあげたのです。
ちょうど私と女の子の間を誰かがすり抜けながら、腕を引っ張って行ったような感じでした。

戻ってきてから一応皆に確認しましたが、脅かそうとして後からついてきた二人以外は誰も来ていませんでした。
でも、確かに私と女の子の間を、誰かがすり抜けて行きながら、腕を引っ張ったような感じがありました。
あれはやはり霊的存在の者だったのでしょうか。

このような体験もあることから、心霊現象や霊的存在は、私はあると思っています。
でも、よく心霊写真と言われる物には、撮影条件によってそのように写ったり、故意にそのような物を作り込んだ物もあるようですね。
昔はフィルムのカメラでしたが、最近は皆デジカメになっています。
デジカメになってからも心霊写真って写るものなんでしょうか?

私は自分が仕事でよく写真を合成したりする機会があるものですから、昔よくテレビや雑誌等で騒がれていた写真も、今思えば「合成かな?」と思うようにもなりました。
今のようなデジタル技術ではなかったので、方法は違うにせよアナログでも基本は同じのような気がします。
逆にアナログの方が自然な感じがして、余計に心霊写真っぽく出来たのではないでしょうか。

もちろん全てが作られた物では無いとは思いますが、そんな写真もあったのではないかと思います。
今ならPhotoshopを使ってそれらしい写真はいくらでも作れます。
そうなるとどれが本物でどれが作り物か、全く分からないですよね。

どれが本物でどれが作り物か分かりませんが、暑い夏の夜、少しヒンヤリするのも良いかも知れません。
怖い話し、怖い体験、皆さんは何かありますか?
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月26日

ガソリン高っ(@▽@)

ガソリンの高騰が止まりませんね(T.T)
一般庶民にとってはガソリンが上がる度に車を走らせるのが嫌になってきます。
夏休みに入ってレジャーに行く人が増える中での価格高騰。
ちょっと痛いですよね。

そもそもガソリン価格の半分は税金だと言われていて、その上にさらに消費税がかかって・・・・となると、いったいガソリンの適性価格ってどうなの?と、思ってしまいます。
いっそのことガソリン無しで走る車をど〜んと出してほしいものですね。

そう思っていたら、ちょうどネットで「トヨタ 家庭で充電できるハイブリッド車、今秋から公道試験」という記事が目に飛び込んできました。
トヨタが世界で初めて家庭のコンセントから充電して走行できる「ハイブリッドカー」を試作し、今年の秋から一般公道で試験を行うらしいのです。
何でも3〜4時間の充電でモーターだけで13kmの走行が可能だとか。

家庭のコンセントで充電が可能というのが、とても嬉しいですよね。
3〜4時間の充電ですから、帰ってきて寝ている間に充電しておけば、次の日には車が走らせられます。
まだまだ電気100%は無理としても、ガソリンの使用はグンと抑える事ができるはずです。
早く実用化してほしいものですね。

我が家の車は7年ほど乗っています。燃費もどんどん悪くなる一方ですので、ガソリン価格の高騰はモロ財布を直撃します。
次買い替える頃にはハイブリッドカーが、もっと普及して価格も下がってくれていると嬉しいのですが、多少割高でも次買い替える時にはハイブリッドカー等のエコカーに乗りたいです。

以前つぶやいた「太陽光発電」同様に、国がもっともっとこういったエコロジー商品には助成金を出してほしいですね。
ただ、エコカーが普及してガソリン使用率が下がると、いままでガソリン価格の半分を税金として徴収していた財源が減るので、表向きは環境対策を謳いながらも、実際は本腰入れたくないのかも知れませんね。

日本国中を走っている車が、全てエコカーになったら・・・・・きっとすごいクリーンな環境になるんではないでしょうか。
自動車メーカーには、引き続きクリーンな環境で走るエコカーの開発を頑張って頂いて、国ももっと助成する姿勢を見せて欲しいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月25日

負けちゃった(T_T)

プチずるつぶやきです(笑)
すでに日付は変わっていますが、あくまでも7/25のつぶやきです。
と言うのも、つい先程までサッカーの日本vsサウジアラビア戦を観ていました。

はぁ〜〜〜〜〜〜〜〜(-_-)

・・・・・・・・・・・・

残念でしたね。

勝てる試合だったの思ったのですが。
常に先制され、すぐに追いつくという展開でしたが、最後は追いつけませんでした。

日本のチームレベルも上がってきていると思うのですが、スピード感で言うとやっぱりまだまだですね。
ボールをキープしてからのスピードや、シュートを打つまでのスピードは正直サウジアラビアが上でした。

日本の今回の得点王の高原を、完全にマークされたのも敗因ではないでしょうか。
異常なまでのマークでした。結局高原はこの試合得点はおろか、まともにシュートも打てていなかったです。

海外でプレイする中村俊輔や高原は、海外でも高い評価を受けています。
しかしそんなプレイヤーが入っていても、日本チームとしてみるとやはりパワー&スピード不足のような気がします。
やはり日本のJリーグのレベルが、まだまだだということなのでしょうね。

今回の大会での教訓を活かして、今度はワールドカップへ目標を合わせてほしいと思います。
負けてしましましたが、日本代表チームの皆さん、よく頑張ってくれました。
お疲れさまでした。更なる目標に向かって突き進みましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月24日

梅雨明けと自由人息子

あ〜〜〜〜やっと関西方面、梅雨明けしました。
今日は朝から見事に晴れ渡り、夏本番の暑さになりました。
昨年より5日遅い梅雨明けだそうです。
やっぱり年々梅雨明けが遅くなっていますね。
これも地球温暖化の影響なんでしょうか?

夏休みに入っている息子は、午前中は朝からラジオ体操と、学校のプール教室で、結構忙しく過ごしてています。
しかし、午後からは特に何もありません。
ですから午後からは息子にとってはパラダイスなのです。

今日もお昼ご飯を食べ終わると「行ってきま〜〜〜〜す」と元気に飛び出して行き、自転車にまたがってどこかに走って行きました。
途中何度か戻って来ては、冷蔵庫から水を出して水分補給すると、また飛び出して行きます。
夕方には戻って来るだろうと待っていたら、5時前に戻って来ました。

いつも娘を迎えに行くために、5時過ぎには家を出るので、ちゃんと時間を分かって帰ってきたのだとばかり思っていました。
私は2階で仕事をしていたので、息子が帰ってきて上がってくるのを待っていました。
バカなことばかりしているけど、ちゃんと考えているんだな〜と感心していたのもつかの間。
再び飛び出して行った息子(^^;)オイオイ。

結局、どこに行ったか分からない息子を残して、娘を迎えに車を走らせました。
娘を迎えてしばらくすると、今度は嫁さんから携帯にお迎えコールが入りました。
その足で嫁さんを迎えに行き、家に戻ってきたのは6時を回っていました。
もうさすがに帰ってきているだろうと、自転車を探しましたがありません。
まだ遊んでいるようです。

と、そこへようやく帰ってきた息子。
家に入れずにウロウロしていたのかと思い「何度か帰って来た?」と聞くと「ずっと公園で○○君と遊んでた」とあっけらかんとした返事。
親が思っている以上に、子供は自由に走り回り楽しんでいるようです。

すでに日焼けしてきている息子。
梅雨明けして夏本番になってきて、ますます黒々と日焼けすることでしょう。
子供は元気に外で遊ぶのが一番。
自転車を買ってもらったことで、まるで水を得た魚のように、自由に走り回るようになりました。
くれぐれも車にだけは気をつけて、元気に遊んでほしいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月23日

これも観てみたい

なかなか梅雨明けしないですね〜。
今年もまた遅い梅雨明けですかね。
今日は午後から晴れてきて、本当に久しぶりに青空を見た感じがしました。
ここ数日間はずっと曇りか雨、そしてどんよりとした雲が常に空を覆っていました。
やはり青空が広がると気持ちいいですね。

息子は今日から一週間ほど学校のプールがあるので、午前中はプールに通います。
そして朝も6時半からラジオ体操があり、夏休みでも結構ハードなスケジュールです。
しかし何も無くぼ〜っとしているよりはいいので、しっかりスケジュールをこなして欲しいですね。

午後からは何も無かったので、昨日買った自転車で一人走ってきたようです。
家の回りを30分ほど走り回ったようで、帰ってきた時は額に汗していました(笑)
その後はお決まりのように、私の横に座ってiMacを触りながら、ネットでお気に入りの虫キングや恐竜キングを見ていました。

その時、ふと息子が「レミーのおいしいレストランのDVDが欲しい」とつぶやきました。
しかしまだ上映もしていない映画なので、もちろんDVDは売っていません。
息子に「DVDが発売されるのは映画が上映されてから半年後くらいだよ」と言い、映画の予告をホームページで一緒に見ました。

最近テレビでも予告が出ていますので、もうじき上映かな〜と思っていたのですが、7/28(土)から上映始まるんですね。
前評判もいいみたいなので是非見てみたい映画です。
もちろんPIXER映画なので、グラフィックの美しさはもちろんですが、何よりストーリーが良さそうです。

以前にもつぶやいたことありますが、最近では当たり前になってきたフルCGの映画。
いろんな会社がCGの技術を駆使して、超リアルな映像を作り出したりしていますが、私はやはりPIXERの映画が好きです。
全ての映画を観たわけではないので、言い切れませんが、PIXERの映画のストーリーは、他の映画のストーリーと奥の深さが違います。
夏休みに入っているので、映画館もいっぱいかも知れませんが、是非時間を作って息子と観に行きたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽/映画

2007年07月22日

bicycle買った

今日は日曜日。朝から久しぶりにピザを作りました。
時間が無いのでそんなに手間をかけず、簡単な物で済ませたのですが、それでもやはりでき上がるまで1時間半はかかってしまいました。
何しろ発酵させたりするので時間かかりますからね。

そんな手作りピザで朝食を済ませ、その後は早速お出かけしました。
目的は息子の自転車を買うためです。
今の息子の自転車は、4才の頃に買った物なので、もう小さ過ぎて乗れません。
友達は皆、今風のマウンテンバイクみたいなカッコいい自転車に乗って遊んでいます。

別に息子が自転車を欲しがった訳ではないのですが、最近外で遊び回ることが多く、自転車も必要だろうと思ったのです。
息子に「自転車買う?」と聞くと、大喜びでした。

自転車屋さんに着くと、目を輝かせながら自転車を見て回る息子。
最近のキッズ用自転車って凄いですね。
どれもこれもカッコよくて、ギアチェンジはもちろんのこと、何故かメーターやコンパスまで付いています。

散々迷った結果、青いマウンテンバイクの様なカッコいい自転車を買いました。
お店の人にペダルを取り付けてもらう間も、自転車をじっと見つめ、車に乗せると「倒れないように支えておく」と言って、一緒に自転車と乗る息子。
よほど嬉しかったのでしょうね。
帰ってくると早速テスト運転していたようです。

これから大きくなるので、自転車も大きめの物を買いました。
足が届かないので、サドルは一番下まで下げています。
ちょっとカッコ悪いですが、安全に運転するためには仕方ないでしょう。
これからこの自転車であちこち走り回るのかな。

息子と一緒にサイクリングでもいいですね。
あっ、でも私の自転車パンク修理しなきゃ(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月21日

梅雨明けはまだ?

ふと気がつくと、いつの間にか蝉の鳴き声が聞こえ始めていた。
2〜3日前から気がついたのですが、いつごろから鳴き始めたのでしょう?
もう夏なので蝉が鳴き始めても当たり前なのですが、まだ梅雨明けしていないので、どうもしっくりきません。
もう7月も残り3分の一だと言うのに、子供たちの夏休みも始まったと言うのに、いつになったら梅雨明けするのでしょうか?

蝉の鳴き声には、真っ青な空に入道雲がお似合いなのですが、このどんよりした梅雨空が現状です。
ネットの天気予報を見てみると、明日からはずっと晴れマークが出ていました。
と言う事はいよいよ梅雨明けか!?
いい加減梅雨明けしてもらわないと、夏が始まりません。

私の頭の中では梅雨=6月、夏=7・8月というイメージがあるのですが、実際は梅雨入りが6月後半で、梅雨明けも7月後半、下手すると8月入ってからという場合もあるんですよね。
そして年々梅雨明けが遅くなっている気がするのですが、気のせいでしょうか?
週明けには「関西方面の梅雨明け・・・」というニュースが聞きたいですね。

当初の予報では「今年の夏は夏らしい夏」ということでしたが、今までのところ結構涼しい夏のような感じです。
梅雨明けと同時に一気に気温が上がるのか、それともこのままあまり暑くない夏なのか。
あまり暑くないと夏らしくないし、かといって熱帯夜が続くのも嫌だし・・・・単なる人間のわがままですね(笑)
でも、出来れば日中は太陽が照って気温が上がって、夕立で夜は気温が下がってほしいですね。
それこそが「夏らしい夏」だと思います。
さて、今年の夏、どんな夏になるのでしょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月20日

いよいよ夏休み

今日は7/20(金)です。
なんと息子は今日で一学期が終了したのです。
と言う事は・・・・・・・・・・・・・・・・

明日から夏休み(@▽@)/

し、し、信じられない。

今日は一学期の成績表を持って帰って来ました。
成績表といってもまだ「よくできています」「できています」「がんばりましょう」の3段階くらいしかないですけどね。
息子は半分以上が真ん中の「できています」で、所々「できています」があり、2つくらい「がんばりましょう」もありました(^^;)

息子は一学期の成績次第で、もうすぐくる誕生日にWiiを買ってもらえるか決るので、一生懸命頑張ったことを必死にアピールしていました(笑)
DSを欲しがっていた時期に、Wiiなら買ってもいいと思っていたので、誕生日まで頑張る事を前提にしていたのです。

DSは一人でしか遊べず、どこに行くにも持って行きそうなので、けじめがつかなくなりそうで嫌でした。
でも、Wiiなら家族で遊べるし、テレビに繋げなければいけないので、ゲームをする・しないのけじめがつけやすいと思います。
Wiiを買ったとしても、ソフトの管理は私がして、息子が勝手に遊べないようにする予定です。
ちゃんと時間を決めて約束を守って遊べるようにしたいですね。
一時期のような品不足も解消しているようなので、近いうちにジョーシンで予約だけしておこう。

夏休みでも学校の水泳や英語のサマースクールなど、いろいろと予定が入っているので、結構忙しい夏休みになりそうです。
後半は帰省するので、前半の内に宿題は済ませるよう、お尻を叩いていかなくてはいけませんね(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月19日

もっとクリーンなエネルギーを

地震の影響が思わぬ所に出てきていますね。
原発の稼働停止でエネルギー不足が懸念されているようです。
首都圏の夏の消費電力がこのままで行くと足りなくなる可能性があるとか。
原子力発電って安全と言うけど、やっぱり今回のように地震で放射能漏れとかあると怖いですよね。
もっとクリーンなエネルギーって作り出せないのでしょうか?

我が家は3年ほど前から太陽光発電にしています。
それでも電気は使っているので、エネルギーの自給自足にはなりません。
しかし発電した分で少し電気代をまかなっているし、余った分は僅かですが買電もできています。
単純な発想ですが、全ての建物に太陽光発電を付けたら、かなりの電力をまかなえるのではないでしょうか?
原発を廃止することは出来ないとしても、原発に頼る割合を減らす事はできると思います。

風力発電など自然の力を利用した発電の中で、一番太陽光が安定していると思えるのですが、素人考えなのでどうなのか分かりません。
しかし、国がもっと積極的に太陽光発電の補助をしてくれたら、もっと普及していくと思うんですけどね。

もっと大きな規模で考えると、世界が協力して天気に影響されない、宇宙での太陽光発電ってできないものでしょうか。
きっと宇宙空間の太陽エネルギーって、すさまじいものがあるので、ケタ違いの電力が得られると思うのです。
それをどうやって地上に降ろすのかが問題ですが、実現すれば素晴らしくクリーンなエネルギーが誕生すると思います。

勝手な宇宙開発物語ですが、これ以上地球上のエネルギーを、人間が使いきってしまうのは地球にもよくないと思います。
破壊と憎しみ・悲しみしか産まない戦争や紛争をやめて、エネルギー開発に全世界が手を取り合えば、地球温暖化もストップできると思うのです。

私個人が出来る事はこんな空想エネルギー開発と、地道なエコライフを送ることくらいですが、なるべくエネルギー消費を抑えていきたいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:47 | Comment(2) | TrackBack(0) | 私の思うこと

2007年07月18日

データの移り変わり

最近息子はやたらとNHK教育を見たがります。
特に夕方の時間帯に「ゼンマイ侍」「おじゃる丸」「忍玉乱太郎」などを見るのが好きなようで、時間さえあればNHK教育を見ています。

そんな時、予告映像で息子の大好きそうな番組の案内がありました。
それは昔の恐竜や絶滅した動物等を、タイムマシンで現代に連れてきて保護するという、架空のプロジェクトの話です。
このシリーズは以前もやっており、恐竜のティラノサウルス等を連れ帰ってきていました。
(もちろん特撮ですが)

今回は絶滅した動物を連れ帰ってくるという設定のようで、「明日7/18(水)午後7時より放送」と出ていました。
しかし水曜日は毎週英語教室に通っている息子。帰ってくるのは7時半頃です。
そこでビデオに録画することにしました。

最近テレビからの録画は滅多にしなくなってしましました。
VHSビデオに録画するのですが、録画した後って結構使い勝手悪いんですよね。
こんな時HDDドライブやDVD-ROMドライブがあれば簡単に録画して、デジタルデータとして扱えるのでしょうね。
以前はテレビからビデオカメラに録画して、それをMacに取り込むことをやっていました。
今回もその方法をやろうと思ったのですが、運悪く空きのテープがありませんでした。
仕方なくVHSで録画しました。

滅多にやらないのですが、たまにやるとやっぱりHDD・DVD-ROMがあると便利ですよね。
後は直接Macにテレビが録画できたら楽なんですけどね。
一応Macのテレビ録画対応の製品もあるのですが、やっぱり使用頻度考えると購入する気まではなりませんね。
これが頻繁にテレビからの録画を行うようであれば、HDD・DVD-ROMドライブか、Macでの録画か考えると思いますが。

昔はVHSビデオに録画できることで、満足していたのですが、今となってはVHSに録画したテープを見る機会さえなくなりました。
最近ビデオデッキでビデオを見た記憶がありません。
映画レンタルするとしてもDVD借りてMacで見ているし、昔のテープも見ていません。

子供たちを映したビデオカメラのテープも、撮りっ放しで全然整理できていないし。
そろそろテープからMacに取り込んでDVD化していかないとダメですね。
今更VHSテープにする気にもなれないし。
しかしビデオカメラからMacに取り込むのが、これまた時間かかって大変なんですよね。
DVDビデオカメラなら楽なんですけどね。
さすがにビデオカメラまで買い替えることは出来ません。
取り合えず空いた時間に少しずつ取込んでいきたいと思います。

時代と共にデータの媒体が変化し、便利になった分、過去のデータが扱いにくくなってきています。
いずれはHDD・DVD-ROMドライブかMacでの録画か、何らかの方向にシフトしていかなくてはいけません。
10年後にはまた新しい媒体が出てきていて、今の最新のデータも古めかしくなってくるのでしょうね。
昔の想い出のデータは、形を変えながらも、ずっと変わらずに残していきたいですね。
そして新しい想い出のデータも、どんどん増やしていきたいです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh

2007年07月17日

カメ捕獲

今日は火曜日。息子が学童をお休みする曜日です。
いつもこの曜日は学童をお休みするため、クラスの子と遊ぶ約束をしてくることが多いのですが、今日もやはり約束をして帰ってきました。
帰ってきて宿題を済ませ、「友達の家に行く」と言って聞かない息子。
仕方なく車で送って行くことにしたのですが、今日約束をしたと言う子の家は初めて行く家。
息子はいかにも知っているような口調でしたが、息子の指示通りに車を走らせると、どんどん離れていく結果に。

息子が言うには、一年生の時に遠足で歩いた時に、その子の家の前を通ってきたので覚えていると言うことなのですが、どうもうら覚えのようです。
結局小一時間さまよい続け分からずに帰ってきました(笑)
息子には「明日もう一度聞いてきなさい」と言って納得させました。

息子は帰ってくると「外へ遊びに行ってくる」と網を持って出て行きました。
最近、家の前の用水路でザリガニ等を捕まえるのがマイブームなようです。
ザリガニから金魚、タウナギ、先日はドジョウまで捕まえて来ました。
いろいろ捕まえては小さな水槽に入れて、しばらく眺めては用水路に返して・・・・を繰り返しています。
いつも網を持って出て行くと、30分は帰って来ないのですが、今日は10分もしない内に戻ってきて、何やら興奮気味に私を呼んでいます。

何事かと降りていって様子を見ると、何やら珍しい物を捕まえたようなのです。
それは・・・・なんと「カメ」
体長10cmほどのカメが小さな水槽の中に入っています。
よく近くの川で見かけるカメと、同じ種類のカメだと思うのですが、間近で見たのは初めてなので、同じ種類かは分かりません。
きっとこのところの雨続きで、川の水かさが増して、用水路に紛れ込んできたのでしょう。

息子は嬉しそうにカメを眺めては、手に取って「可愛い〜」と言っては水槽に戻していました。
きっと「カメを飼いたい」と言い出すのではないかと思い、私はあえて「戻してきなさい」とは言いませんでした。
いつもザリガニや金魚を捕まえてきては「飼いたい」と言って、しばらく小さな水槽に入れ、結局死なせてしまっている息子。
可愛そうだから捕まえてもちゃんと元の場所に戻すように、私から何度も言われてきています。

しかしカメは今までもペットショップ等で見かけると「飼いたい」とねだっていました。
ザリガニや金魚のように、素直に元に戻す可能性は低いと思っていたのです。
案の定、「もうちょっと置いていていい?」と私に聞いてきました。
その理由が「妹に見せてあげたいから」ということだったのです。
ウソか誠か分かりませんが、カメを水槽に入れたまま、娘を迎えに行きました。

そして帰ってくると、娘にカメを見せて「じゃぁ戻してくるね」と言って、素直に捕まえた場所にカメを戻しに行きました。
これには正直私もビックリしました。絶対に「飼いたい」と言って、戻さないと思っていたのです。
息子が言うには「あの場所にいるからいつでも会える」ということらしいです。
正直、今の我が家の状態でカメを飼う余裕はありません。
グッピーすらまともに飼っている状態ではないのですから(笑)

息子がもう少し成長して、自分の事はもちろん、娘の面倒も見れるようになり、ペットの世話も出来るようになれば、何かしらのペットを飼ってもいいかなとは思っています。
生き物を飼うというのは、その場限りの可愛さだけでは続かないもので、年老いて命尽きるまで面倒をみてあげなくてはいけないと思います。
ちょっと成長した感の、今日の息子の行動に、喜びを感じた日でした。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月16日

新潟・長野の地震

大きな地震がありましたね。
新潟・長野を中心とした地震は、広範囲で揺れが観測されたみたいで、私の住む町でも震度1が観測されたようです。
最も大きいところで震度6強だったようで、家屋の倒壊等も出ているようです。
数名の死者が確認されているようで、今後被害が拡大していくかも知れません。

先日、台風に備えていろいろとやっていましたが、台風はまだ準備できますが、地震は突然来ますので、本当に怖いですよね。
関西はあの阪神・淡路大震災以降は、大きな地震はありませんが、それでもいつ地震が起きるかわかりません。

毎回大きな地震が起きて、その映像が流れる度に「ちゃんと対策考えなきゃ」と思うのですが、気がつけば日常に流され何もしていないのですよね。
ちゃんと非常用の物を集めて置いておかなくてはいけないと思うのですが・・・。
やっぱり心のどこかに「対岸の火事」のような気持ちがあるのでしょうね。
自分たちの家族は自分たちで守らないといけないので、真剣に考えていかないとダメですね。

新潟は数年前にも大きな地震があったので、住民の方々にとっては本当に心配だと思います。
救援活動も始まっているようですので、一日も早い復興を願うばかりです。
まだ余震などが心配ですが、頑張って日常を取り戻して復興していってほしいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月15日

家族で大阪へ

台風に備え、雨戸もしっかり閉めて眠りにつきました。
近畿地方は、朝方が最も台風の影響を受ける予報でした。
しかし妙に静かです。寝る前も「嵐の前の静けさかな」と言っていたのですが、朝方になっても静かです。
普通なら風で雨戸が揺られて、音がうるさくて眠れないのですが、今回は朝までぐっすり寝ました。

どうやらかなり南寄りのコースを通っていったようですね。
あまりのしずけさに拍子抜けしましたが、何にもなくて良かったです。

もともと今日は大阪に遊びに行く予定をしていましたが、台風が来ていたので中止にするつもりでした。
しかし、何事も無く台風は去ったので、予定通り大阪へ行く事にしました。
目的地は「なんばパークス」
何度かテレビで紹介されていて、「一度行ってみよう」といいながら、一度も行っていませんでした。

着いた時にはちょうどお昼時で、何か食べようと店を回りましたが、どこの店も長蛇の列です。
待っている時間も勿体無いし、何よりお腹空いていたので、タコスのお店でテイクアウトして屋上にある公園でお昼ご飯にしました。
電車で来ているので、コロナビールも飲んでしまいました(^^;)

その後は買い物へ。
まずは子供たちのために「トイザらスセレクト」へ向かいました。
ここのトイザらスは、普通のトイザらスと少し品ぞろえが異なり、雑貨っぽい物や大人が欲しくなるような物が置いてありました。
皆それぞれにいろんな物を見て回り、息子にはチョロQのリモコンカーを、娘にはお菓子をそれぞれ買ってあげました。

その後は雑貨屋さんを中心に、いろいろお店を見て回りました。
しかし物凄い数のお店です。当然全てを回る事はできません。
チョイスしながら見て回りましたが、歩き疲れてきたので、お茶をすることにしました。
なんばパークスは満喫できたので、次の目的地に向かう事にしました。
アップルストアと東急ハンズです。

まずはアップルストアへ。
息子は何度か来た事があるので覚えていて、早速2Fへ上がり、キッズコーナーでiMacで遊び始めました。
私と嫁さんはそれぞれにMacを触って見て回りましたが、娘が触りたがって大変でした。
家でも私がMacを使っていると、マウスをいじったりキーボードをガチャガチャしたりと、楽しそうに触っています。

休みの日と言う事もあり、アップルストアは沢山の人で溢れていました。
以前来ていた頃は、さほど人は多くなく、お客さん層もいかにも「Mac使って仕事しているな」と思わせるような、いわゆるマックユーザーが多かったのですが、今日は本当にいろんな人が来ていました。
普通の人がMacに興味を示し始めているのでしょうね。中には70〜80歳の老夫婦もいたりして、興味津々でMacを触っていました。

最後は東急ハンズへ。
ここは気をつけないと衝動買いしてしまう危険性が高いお店です。
特に私のような、いろんな物に興味を示す人間には、ついつい手を伸ばしてしまいたくなる物が多いです。
今日も沢山の物に興味を引かれながらも、何とかこらえました(笑)

東急ハンズを出た頃には、もうすっかり夜。
晩ご飯も食べて帰りました。
電車に乗った時には、もう9時半を回っていましたが、3連休の中日ということもあり、人はまだまだ沢山いました。
座る事が出来なかったので、窓際で家族皆立っていました。
私が娘を抱っこしていましたが、娘は私から嫁さんに移動してはまた私のところに戻ってきたりと、落ち着きがありません。
きっと今日は初めて見る物ばかりで興奮しているのでしょうね。

ドアに写る自分の姿を見つけて喜んでいたししましたが、突如ドアに貼ってあるシールに釘付けになりました。
広告のシールなのですが、旅行の宣伝のようで「メロン食べ放題」と書いてあります。
そして女性二人が丸々としたメロンを手に持っている写真なのです。

娘はしきりにそのメロンを指さして「まんま・まんま」と口にしています。
しかも両手を合わせて「ちょうだい」のポーズをし、口からはよだれまで出ています。
これには皆大笑い。「これはここには無いよ」と言っても、「まんま・まんま」を繰り返していました。
しかし何故メロンが食べ物だと分かっているのでしょう?
家でメロンを食べさせたことなんてありません。せいぜいスイカくらいです。
子供の本能で「これは食べ物だ」と分かったのでしょうか。

歩き疲れてクタクタでしたが、娘のメロンまんまですっかり笑い飛ばしてしまいました。
久々の大阪を満喫して帰ってきました。
たまには家族揃って電車で移動もいいものですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月14日

半衝動買い

台風が近づきつつある今日。
すでに台風が上陸した九州では、物凄い雨と風だったようですね。
そして現在は四国に向かっています。
近畿も直撃の可能性が十分にあり、今夜から明日にかけて台風の猛威にさらされる可能性があります。

今日は台風で飛ばされそうな物は、ひとまず玄関の中に移動しておきました。
そして万一の事に備え、缶詰めなどの緊急食料も買ってきました。
もし停電になったら、我が家ではご飯を作る事ができません。
日頃は便利ですが、こんな時オール電化は弱いですね。

さて、今日は嫁さんも仕事休みだったので、娘も託児所休み、さらには息子は学校休みで、全員朝からのんびりとしていました。
そして、嫁さんが「肩こりがひどい」というので、ジョーシンに買い物がてらマッサージ機でマッサージをしてきました。

嫁さんがマッサージ機でリフレッシュしている間に、私は娘を連れて玩具コーナーへ。
息子はすでに一人で行動して玩具コーナーの、自分の興味のあるところへ移動していました。
しばらく娘をサンプルの玩具で遊ばせていると、マッサージを終えた嫁さんが戻ってきました。
そして息子が何やら「欲しい」と言うので、見てみると車の組み立てパーツのタイヤでした。
モーターやタイヤ等、パーツで売っていて、自分が好きなパーツを組み合わせて、いろいろと作れるようなのです。
350円ほどでしたので、買ってあげることにしました。

その後、デジカメコーナーに移動して、デジカメを見る事にしました。
私がメインで使っているデジカメは、オリンパスのCAMEDIA UltraZoom C2100という機種です。
もう7年ほど前に購入した物です。画素数も211万画素という、今では考えられないほどの低い画素数です。
しかしその当時はなかなかの品で、購入した時はマクロレンズと合わせて15万くらいしたと記憶しています。

ずいぶんと長い間、このデジカメをメインで使ってきていますが、最近限界を感じてきていました。
画質の低さもそうですが、内蔵ストロボが壊れてしまい、室内では思うように撮影できません。
またメディアのフタが接触が悪く、撮影しているとすぐに「フタが開いています」と出て、撮影ができなくなってしまいます。
そろそろ買い替え時だなぁ〜と、2、3年前から考えていながらも、なかなか踏み切れずに今日まで来ました。

最近の一眼レフデジカメの低価格・高機能に魅せられて、今度買う時は一眼レフを・・・・と思いながら、どうしても金額的なことで踏ん切りがつかずにいました。
ところがデジカメコーナーに行ってみると、ちょうどセールをやっているようで、かなりお得な価格設定になっています。
私たちがデジカメを眺めていると、明らかに店員では無く、メーカーの販売スタッフと思われる女性が「どうですか?」と声をかけてきました。

私は今度買うとしたらCanonのEOSか、NikonのDシリーズのどちらかにしようと思っていました。
しかし正直どちらがどう違うのか、明確には分からないまま、漠然とどちらか・・・と思っていました。
販売員の女性はおそらくCanonの人だったのか、CanonのEOS Kissを強く勧めます。
価格も手ごろになっていますし、いろいろと機能面など聞いてみましたが、私が使うには十分な機種です。
最初は見るだけのつもりでしたが、お得な価格帯と販売員の勧めに心が大きく揺れました。

いずれは買い替えたいと思っていましたし、このタイミングを逃すと、またしばらく買うチャンスを逃すかも知れません。
そして何よりこの価格設定が16日までの期間限定でした。
嫁さんと相談して、いずれは買い替えるのだから・・・と言う事で、ついに購入決定しました。
以前から買い替えを検討していたとはいえ、今日は完全に見るだけのつもりだったので、半衝動買いでしょうか(笑)
当然現金を持ってきていなかったので、カードでの一括支払いにしました。

帰ってきてからちょこちょこと触りながら、試し撮りしていますが、やっぱりいいですね〜。
レンズキットで買ったので、標準レンズと望遠レンズの2つのレンズがあります。
他にもマクロレンズも欲しいので、こちらはまた予算と相談しながら考えたいと思います。

最近、めっきり写真を撮ることが減っていました。
写真を撮る時間が無い事もありますが、カメラの調子が悪くて、撮っても思い通りの写真にならないことも大きかったと思います。
写真撮る時間を作る事も必要ですが、また頑張って写真撮りたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月13日

台風巨大化した(*o*)

台風かなり強そうですね。
二日前につぶやいた時は、小さな台風だったのに、突如勢力を増して最大級の台風になってしまいました。
沖縄本島から奄美大島を抜けて、鹿児島へと向かっています。
沖縄の方ではかなり被害があったようです。

心配だったので実家に電話してみましたが、比較的落ち着いた様子で、「思った程では無い」と言っていました。
停電もしていないようで、ひとまずは安心ですが、暴風域を抜けるまでは安心できません。
引き続き注意してもらうしかありませんね。

明日には九州に、そして明日夜から明後日にかけては、近畿の方にも上陸するようです。
最大風速は50mから45mに落ちましたが、それでも45mという大きさはかなり大きな台風です。
このまま勢力を保ったまま上陸すると、かなりの被害が予想されます。
また、今回の台風は雨が半端じゃない量みたいなので、土砂災害や河川氾濫等に注意しなくてはいけません。

明日は家の周囲の物を、なるべくしまうようにして、風で飛ばないようにしなくてはいけませんね。
毎回、「台風が来る」と大騒ぎして、それていったり上陸してもさほどではなかったりしますが、万一に備えておかなくては、何かがあってからでは遅いですからね。
台風が来てから慌てて対策するのは、かえって危険です。
近畿地方の以北の皆さん、台風対策するのなら明日の早い時間に済ませておきましょう。
後は台風が弱まってくれるのと、早く過ぎてしまうのを祈りながら、台風の過ぎるのを待ちましょう。

少しでもそれて被害が少なくなってくれるといいですね。
我が家も明日は早々と台風対策して、家族揃って台風を乗り越えたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月12日

真夜中の出来事

昨夜(正確には今日の明け方)のことでした。
家族皆、ぐっすり眠っている中で、突然歌が聞こえてきました。
当然私もぐっすり眠っていたのですが、夢の中で陽気な歌が響いているのです。
そしてその夢はだんだん現実へと向かって行きました。
まるでぼんやりと見えていた物が、徐々に鮮明に見えてくるように、夢の中の歌はハッキリとした歌で耳に入って来ていました。

曲名は「チュンチュンワールド〜おげんきたいそう」by NHKみんなのうた。
♪チュンチュンチュンチュン ワ〜ルド〜〜〜♪?
明け方の4時近くに、何故か誰もいない1階のリビングから大音量でこの陽気な歌が流れています。
最初は何が起きているのかサッパリ分からず、起き上がってしばらく状況を把握できませんでした。

しかし1階で音楽が流れているのが分かり、すぐにリビングに向かいました。
家族は当然、皆、熟睡しています。誰も音楽など聴いていません。
そしてリビングに向かうと、誰もいない真っ暗な部屋の中で、オーディオの僅かな光りだけが輝いています。
そして大音量で「チュンチュンワールド〜おげんきたいそう」by NHKみんなのうたが流れているのです。

急いでオーディオの音を下げて、電源を落としました。
何故こんな時間に、しかもこんな大音量で音楽が鳴っているのか、さっぱり分かりませんでしたが、とりあえず音楽は止まったのでそのままベッドに戻り再び眠りにつきました。
嫁さんも起きたようで「何で音楽鳴ってるの??」と聞いてきましたが、私も分かるはずがありません。
お互い?????でしたが、眠かったのでそのまま寝ました。

そして朝起きて再びオーディオを見て、その謎が解けました。
犯人はズバリ「娘」
最近、ボタン類をいじったり戸棚を明けて、その中の物を引っ張り出すのがマイブームな娘。
オーディオのボタンはいつもいじって遊んでいます。
よくボリュームが下がったままで、音が鳴らずにCDだけが再生されていたりしました。

オーディオのディスプレイを見て、何故音楽が鳴ったのか分かりました。
タイマーがかかっていたのです。きっと娘がボタンをいろいろといじっていて、タイマーを押して、たまたまその時間が明け方の4時前だったのです。
そしてCDが入ったままになっていて、ボリュームはMAXに近い状態まで回されていたのです。
そのCDの1曲目が「チュンチュンワールド〜おげんきたいそう」by NHKみんなのうただったのです。

私はまた、以前起きたミステリーか?と、ちょっと不気味に思っていましたが、今回は原因が分かりホッとしました。
(ミステリーの内容は2003年12月25日のつぶやきを見て下さいね)
しかしまた娘がやりかねないので、寝る前はしっかりと確認してから寝ないといけませんね。
今回は見事に娘のイタズラにやられました(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 17:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月11日

信じられない光景

今日は仕事の打ち合わせで、久々に大阪まで出ていました。
朝一番に出て、打ち合わせを済ませ、帰ってきたのはお昼過ぎでした。
せっかく大阪まで出たのだから、いろいろ見て回ってきたかったのですが、時間が無かったので脇見も降らず帰ってきました(T_T)

たまに電車乗ると結構疲れるものですね(笑)
行きは朝早い(と言っても9時頃ですが)こともあり、まだ人は多く座席に座る事なく目的地へ。
帰りは流石にお昼だったのでゆっくりと座って帰ってきました。

お昼過ぎだというのに学生が結構いて、「テスト期間中で短縮なのかな?」と思って見ていました。
そして私が降りるひとつ手前の駅で、電車が停まった時でした。
ドアが開いた向こう側の光景に、私は一瞬目を疑いました。

女子高生と思われる女の子が二人。
駅のホームにあぐらをかいて地べたに座り込み、何かパンのような物を頬張っているのです。
しかも学校の制服ですので、当然スカートを履いています。
にも関わらず、一目を全く気にする様子も無く、まるで行楽地でお弁当を広げて食べているように、リラックスした雰囲気で二人で話しをしながら食べています。

せめてベンチに座って食べるのならともかく、コンクリートの上にスカートのまま、さらにあぐらをかいて座っているその姿は、とても女子高生には見えませんでした。
今どきの女子高生ってこんななのでしょうか?
私がそんな環境にいないから知らないだけなのでしょうか?
私がこの子の親だったら、とっつかまえて張り倒していると思います。

人が通る場所で平気で座り込み、さらに物を食べると言うだらしなさ。
「ここで食べたら人の通行の邪魔になる」ということも考えられない自己中心な無知さ。
それを分かった上で彼女達は行動しているのでしょうか?
もしそうだとしたら、思春期の頃の反抗的な態度として受け止められますが、分からずに行動しているとしたら、あまりにも情けないです。

電車が停まってドアが開き再び発車するまでの、ほんの数十秒間だけでしたので、それだけで彼女達の行動を否定するのは良くない事かも知れません。
しかし、少なくとも私はその光景を見て、凄く嫌なそして何より情けない気分になりました。

社会の中で生きていく上で、決められたルールを守る事は必要です。
しかしルール以前の問題で、秩序の崩壊にも近い光景だったと思います。
こんな光景があちこちで見られるようになると、これもルール化して罰金制度にしなくてはいけないのかも知れませんね。
そんな事までルール化しなくては守れないようでは、本当に情けないですけどね。
私も二人の子供を持つ親として、凄く考えさせられた瞬間でした。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:54 | Comment(2) | TrackBack(0) | 私の思うこと

2007年07月10日

台風が来ています

「今年は台風が発生しませんねぇ〜」と、この間つぶやいたらようやくというか、ついにというか台風がやって来ましたね。
本土に上陸するかは分かりませんが、沖縄・奄美諸島を狙ったコースをとる予想が出ています。
まだ最大風速30mと小さいですが、これから勢力を強めながら北上していくことでしょう。

台風1号かと思ったら4号なんですね。
1〜3号は知らない内に発生して、顔を覗かせることもなく消えていったということでしょうか。
遥か南の海で発生してすぐに消えていったのでしょうね。

確か台風って赤道当たりで、暖められた海面から上昇した空気が、上空で冷やされて強い低気圧になり、それが勢力を増していって熱帯低気圧→台風になるんですよね。
と言う事は、赤道直下にあるような島々って、台風が来る事はないのでしょうか?
台風の誕生の場所ですから、まだ台風にはなりきれない弱いものでしょうし、日本に来るような台風はありえないのでしょうね。

台風の発生する瞬間って見てみたいですよね。
よく雲の流れをVTRを早送りにして見る映像がありますが、ビデオを長時間撮影しておくと、台風の卵の発生状態なんかが撮れるのかも知れませんね。

今回の台風4号は、今のところさほど強くない感じですが、夏の台風は迷走したり勢力が変わったりと、変化しやすいので油断は出来ません。
台風の接近に伴って、梅雨前線も活発化しますので、今後の台風の進路に注意しなくてはいけません。
皆さん注意しましょうね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月09日

光は本当にお得!?

昨日パソコンの説明に友人宅を訪ねましたが、まだインターネットは繋がっていませんでした。
その時の話しで「光の工事が混み合っていて2〜3ヶ月待ちもある」と聞いていたのですが、そんなに光って今普及しているんですかね?
私の環境は未だにADSLですが、そんなに「遅い!」と感じてはいいません。光にするともっと快適にネットができるのでしょうか。

今日は2ヶ月ほど前にiMacを買った(私が奨めた)友人が、ちょっと用事で家まで来ました。
「Macの調子はどう?」と聞くと、「今忙しくてあまり触れていない」との事。
まだネット接続していないようで、調べ物があるとのことで、我が家のMacで見てもらいました。

用事が済んだ後「ネットどうするの?」と聞くと「どこにするか迷っている」とのことだったので、プロバイダのサイトを見て回って比較してみました。
結果、一番手ごろだなと感じたのが、今私が使っているプロバイダでした。

せっかくなのでここで申し込みを済まそうと、申し込みを済ませておきました。
友人も早くネット始めようと思っていながら、なかなか行動に移せず、ようやく申し込みが出来てホッとしていました。
後は工事待ちの期間がどれくらいなのかが気になるところです。

我が家のADSL環境には、別に不満はありませんが、光にした時に興味があるのが「光電話」です。
よく「今の電話より断然お得!」と宣伝していますが、一体どれくらいお得なのでしょう?
今、インターネットを経由したIP電話や、音声チャット等を使えば、それこそ無料で話しが出来ます。光電話の場合はどうなんでしょうか?
友人が光を使い始めたら、その辺も今後の参考に聞いてみたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月08日

パソコン講座!?

先日、いつも一緒に旅行などしている友人からメールが届いた。
「ついにパソコン買わされました」という内容のメール。
実は彼はパソコン全く使わない人間です。
しかし奥さんの仕事のために、どうしても購入しなくてはならなくなり、ついに購入したらしいのです。

でも、購入したのは「Windows Vista」。
あぁ〜一言相談してくれればMacも勧めたのに(笑)
ずいぶん前に「パソコンを買わなくてはならないかも」と話しは聞いていましたが、かなり前のことだったので、もう買う必要な無いのかなと思っていました。
奥さんの仕事で使うので選択の余地も無く、Windowsを買ったのでしょうね。

数日前にメールが来た時に「全く使い方分からないので教室に通うつもりです」と、書いてあったので「教室に通ったって大したこと教えてもらえないですよ。お金も勿体無いし」と返信しておきました。
そして、私が分かる範囲でよければいつでも相談にのりますよ。と付加えておきました。

すると早速昨日「教えて欲しい事がある」と電話がかかってきました。
何でも奥さんが作成したデータが、仕事場で使おうとしたら使えないとのこと。
最初は「何のこっちゃ?」って感じでしたが、話しを聞いていてすぐに分かりました。
仕事で使うとすると、おそらくWordでしょ。そして仕事場の環境はおそらくVistaでは無いはずです。
奥さんに聞いてみるとやはりVistaで作成したWordのデータを、仕事の場のXPのWordで開こうとしていたようです。

VistaのWordは最新版ですので、新しいバージョンのWordで作った物を、古いバージョンのWordで開こうとして、警告の画面が出ていたという訳です。
そこで電話で説明して、古いバージョンに対応した形式での保存を教えました。
本日聞いたら、その対処法で問題なく開けたようです。

今日は早速、私が出向いて「おおまかなパソコンの使い方」を説明してきました。
とは言え、私は普段はMacオンリー。WindowsはiMacでバーチャル的にXPを使う程度です。
Vistaは初めて使いましたので、私自身もいろいろと確認しながらの説明でした。
パソコンなんて車の運転と一緒。車が動く理屈が分かっていなくても、運転していけば慣れてきます。
時々は軽くぶつけたりする失敗もありますが、それを繰り返して上手くなっていきます。
要は習うより慣れろですね。

最初から入っているアプリケーションを開きながら「こんなことが出来ますよ」と、説明していくと「へぇ〜こんなことできるんですか」とビックリしていました。
VistaはやはりかなりMacの真似をしているみたいで、MacのiPhotoに似たアプリや、iDVDに似たアプリが入っていました。
カーソルの時間待ちの時のくるくる回るのも、Macのカーソルにそっくりだったし。
でも、やっぱり真似だけで終わっている感じがしましたね。

Vistaの売りの一つとして「グラフィックが美しくなった」というのを、よく聞いていましたが、それを期待していた私にとっては「XPとそんなに変わらないじゃん」と言うのが、率直な感想でした。
アイコンやメニュー部分は綺麗な物もありましたが、細部になると今までと変わらない物が沢山ありました。
何かいかにも「古いOSに上から綺麗な塗装をした」という感じがしました。
これで「グラフィックが美しい」と言うのは、ちょっとうなずけませんね。

かれこれ3〜4時間ほど、説明しながら質問を受けたりして、いろいろと話していました。
まだネット接続が出来ていないので、メールやネットの説明はしていませんが、それでも本人はかなり頭の中いっぱいいっぱいだったと思います。
今日聞いたことは、10の内、2〜3つ覚えていれば良い方でしょう。
何度も繰り返し聞きながら、自分で操作して覚えていくのが、一番確実な覚え方です。

これからもちょくちょくお邪魔して、話しをしながら覚えていってもらえたらと思います。
パソコンは使い方次第で、いろんな事ができる便利な道具です。
習うより慣れろで、楽しみながら覚えていくことが大事ですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月07日

見えない星に願いを

笹の葉〜さらさら〜♪

今日は七夕でしたね。皆さんのところでは織姫と彦星の年に一度のデートが見れましたか?
こちらは夕方くらいから、曇り空の隙間から晴れ間ものぞいていたので、多少は見えていたのかも知れません。
しかし、晴れた日でも最近は星があまりよく見えないので、今日もハッキリとした星は見えませんでした(^^;)

九州方面では豪雨による被害も出ているようで、七夕だというのに大雨のようですね。
くれぐれもご注意くださいね。

毎年七夕の頃って、梅雨真っ最中なので晴れる確立は絶対に低いと思います。
可愛そうに織姫と彦星は、年に一度も会えない事が多いのではないでしょうか。
出来る事なら七夕飾りでもして、願い事を短冊に込めたいのですが、まず竹が無いので無理ですね(笑)

私が子供の頃は、近くの山から竹を切ってきて、家族皆で夜なべ作業で七夕飾りを作ったものでした。
折り紙を細長く切って、輪にしていくつもつなげたり、金色や銀色の折り紙で星を作ったりしました。
子供ながらに眠い目をこすりながら、一生懸命作ったのを思い出します。
本当にワクワクしながら作っていました。

そして竹に飾り付けて、庭の畑に立てた時に沢山の七夕飾りが、夜風に吹かれて天の川の流れに調和しているようで、子供ながらにとても感動していました。
できれば子供たちにもこんな経験をさせてあげたいのですが、残念ながら天の川すら見えませんからね(-_-)

やはり周囲が明る過ぎるのでしょうね。
24時間営業の店も増えてきていますし、夜になっても明るい町が増えているのだと思います。
年に何回かは皆で協力して、電飾を落として夜空の星空を眺める日を制定しても、面白いと思うんですけどね。
たまには何もかも忘れて、夜空を皆で見上げるってのもあってもいいと思いませんか?
結構、リラックスして犯罪や事件なども減るかも知れませんよ。

まぁ、ちょっと現実味の無い話しですが、せめて年に一度くらいは夜空を眺めてみたいですね。
光りの少ない場所で、輝く天の川を家族皆で眺めながら、のんびりとした時間を過ごしてみたいものです。
今日は短冊に願い事を書いていませんが、せめて見えない星空に願いをこめたいと思います。

「家族皆が健康で楽しく過ごせますように」
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月06日

家族の大切さ

晩ご飯を食べた後、何気なくテレビを見ていて、そのまま見続けてしまった。
フジテレビでやっていた番組なのですが、途中から見て気になって見入ってしまいました。
様々な理由で、親と一緒に暮す事ができなくて、里親とともに過ごす子供たちのドキュメンタリーでした。

三つの事例を紹介していましたが、私が見始めたのは一つ目の終わりからでした。
普通の家庭の親が、問題を抱える子供たちを受け入れて、自分の子供と同等に育てている姿を見て、とても感動しました。
それと同時に子供たちを手放してしまう親達に、不快感を抱いて見ていたのですが、子供たちはそれでも親の愛情を求めているんですよね。

紹介されていた子供たちは、皆、中高生頃の普通でも多感で難しい年ごろです。
そんな年ごろで、尚且つ親の愛情を受けられずに育ってきているので、さらに難しいと思うのですが、育ての親である人たちは、本当に自分の子供として扱い、正面からぶつかり合っていました。
そうすることで、子供たちは心を開き、自分の心の居場所を確認しているようでした。

母親から虐待されて「顔もみたくない会いたくない」と言っていた少女が、実の母親が面会に来た時に、会う事こそ拒みましたが、そわそわして実の母親の存在を明らかに意識していました。
そして同じように母親から虐待されて、ずっと施設で育ってきた15才の少年は、母親の存在を全く関心が無いような口ぶりでしたが、母親が面会したいと電話が来た時は、とても嬉しそうな顔をしていました。
さらに、ファミレスで面会をしていた時には、嬉しさを隠しきれない様子がとても印象に残りました。

15才の男の子と言えば、そろそろ母親の存在を自分から遠ざけたがる時期です。
しかしこの少年の嬉しそうな顔を見ていると、どんな親であろうとも子供にとっては親の愛情が欲しいのだなと思い、とても複雑な気持ちになりました。
自分が親から愛情を受けられずに育ってきた現状を、子供はちゃんと分かっています。
でも、分かっていてもやっぱり親の愛情が欲しいのです。
幾つになってもやっぱり親の愛情を欲しがるものなのです。
しかし、当の親は愛情を与える事ができません。

私にはどうしても理解できません。
自分の子供を愛せないという事。虐待して子供を捨てて家を出ていってしまう親がいるということ。
心に深い傷を負ったまま、子供たちは成長していきます。
育ての親となる人に、心を託しながら何とか頑張って生きていますが、心の底ではやはり本当の親の愛情を求めています。
同じ親として見ていてとても考えさせられ、またとても虚しくなりました。
どうして自分の子供を愛せないのだろう。何故、自分の子供を手放して、平然として暮していけるのだろう。

私も決して立派な親ではありませんが、ひとつ屋根の下で家族が暮していけることが、幸せだと思っています。
決して裕福でなくても、毎日家族と顔を合わせ、時にはケンカもし時には笑い合い、同じ時間を過ごせる事が幸せだと思います。
特別子供に何を与える訳でもありませんが、同じ屋根の下でこうやって暮す事が、子供にとって大切なことなんだと思います。

子供たちを引き取って育ててくれている方々は、本当に立派で素晴らしい人たちだと思います。
でも、本当はこんな人たちが必要でないことが一番望まれることだと思います。
ひとつ屋根の下、家族がひとつになって暮していく、当たり前の幸せが、全ての家族にあって欲しいです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと

2007年07月05日

ネットのコミュニケーション

もう1年以上も前から考えていること。
islandサイトのリニューアル。本当にやりたいのですが、これをやるにはかなり気合い入れて、時間をかけなくてはできません。
年初めに「今年こそは・・・」と思っていたのですが・・・・(笑)
まぁ、あと半分あるので何とか目標たててリニューアルしたいと思うのですが・・・・。
(毎年後半の方が忙しいので、半分諦めモード 笑)

現在のサイトデザインは、もうかれこれ3年以上前のデザインになります。
完全にサイト構築からデザインまで一新したいと思っているのですが、なかなか着手できません。
この3年の間にサイト自体はほとんど変わっていませんが、ネットを取り巻く環境が激変しています。
ブログの普及、そしてSNSの普及で、ネットによるコミュニティは完全に舞台を移す事になりました。

ブログやSNSが普及するまでのコミュニティは、メールか掲示板によるものが主流でした。
ですから自分のサイトで掲示板を設置して、その場でコミュニティをはかるのが、一番のコミュニティの方法でした。
今でも掲示板によるコミュニティはありますが、全盛期の頃に比べると、その割合は激減していると思います。

私自身も忙しくなってきたこともありますが、やはり他のサイトにお邪魔して、掲示板に書き込みを残すことが減っています。
最近はサイトを訪問することすら減ってしまい、これまでネットでお付き合いしてきた方にも申し訳ない気持ちです。

特にSNSが普及し私もmixiに入ってからというもの、コミュニティの中心はmixiに移っていった感じがします。
お互いの日記の更新が自分のページに反映されるので、その日記を読む事でその人の動向や現状などが、何となく分かります。
それだけで何となくコミュニケーションがはかれているような錯覚に陥ってしまいます。
本当はネットを通してのコミュニケーションって、表情が見えない分、慎重にしなくてはいけないと思うのですが、忙しくなってくるとついつい文章もそっけなくなってしまいます。

ネットを始めた頃は、メールを書くのも掲示板に書き込みするのも、ある種の緊張感を持って書いていた気がします。
書いた文章を何度か読み直して、不備がないか確認をしていたのですが、最近はその緊張感が無くなってきている気がします。
これってある意味怖いことだと思うんですよね。
自分では軽い気持ちで書いた文章が、読む人にとっては、とても不快な気持ちになったり、傷つけてしまう場合だってあると思うのです。
お互い顔を見て話しをしていれば、相手の表情で「あっまずいこと言っちゃった」って気づくのですが、ネットではそれが分かりません。

急速に普及するインターネットの世界。
次々と新しいサービスやシステムが出てきて、どんどん便利になっていきます。
しかし、便利なだけで流されてはいけない気もします。
それを使う人間が、しっかりと使っていかないといけないのでしょうね。
顔が見えないけれども、ちゃんと人と繋がっているんだという意識を持って、ネットを使っていかなくてはいけないのだと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月04日

優良ドライバーだ(^o^)

本日ようやく免許更新してきました(^^;)
平日なので混んでいないだろうと思いながらも、早く終わらせたいために、受付開始時間数分前には免許更新センターへと到着。
ところがすでに大勢の人が並んでいた(@o@)

急いで受付して更新料払って視力検査して・・・と、順番にこなして行き、後は講習を残すのみとなりました。
私はこの5年間は無事故無違反で来たので、優良ドライバーということで、最も短い30分の講習で終わりました。
お陰で受付開始から約一時間ほどで免許の更新ができました。

今度の更新は5年後の平成24年になるのです。
前回の時も「次の更新は平成19年」という数字を見て「すごい先のことだなぁ」と感じたのを記憶しています。
きっと平成24年という時代も、あっという間にやって来るのでしょうね。
その時には私は46才になるんですか!?きゃ〜信じられな〜〜〜〜い(@▽@)/

私は高校卒業の時に、故郷の奄美大島で自動車学校に通いました。
自動車学校は卒業したのですが、最後の本試験だけ残っていて、大阪に来てから本試験だけ受けたのを覚えています。
18才で免許を取って約23年間免許を持っている事になります。

その間、交通違反3回、事故1回だけ経験あります。
交通違反は駐車違反が2回と、追い越し禁止が1回。
事故は駐車場での軽い車同士の接触でした。
全て大事には至っていませんが、それでも違反と事故として残っています。
最後の駐車禁止が確か29才の時だったと思うので、12年間は無事故無違反です。
これから先も、ずっと無事故無違反で行けるように頑張りたいですね。

交通事故と言うのは運転する人、一人ひとりの意識でずいぶんと減るものだと思います。
近年は交通事故数も死亡事故も減少傾向にあるようですが、それは道路の整備や自動車等の環境によるものが多いようです。
運転する人のマナーが良くなっていけば、さらに減少していくのだと思います。
次の免許更新も気持ち良く更新できるように、日々の安全運転を心がけたいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月03日

積み荷による事故

時々、自分の住んでいる近くで、事件や事故があるとビックリするのですが、今日もネットニュースで見てビックリしました。
隣町でトラックの扉が自転車を運転している女性に直撃し、片腕を切断する大事故が起きていたようです。
交通量が多い道路なので、交通事故は多いのかも知れませんが、今回の事故はちょっと不運です。

何でも中古車を載せていたのですが、扉が閉まりきれなかったために、針金で縛っていたらしいのです。
それが運転中に外れたみたいなのですが、もう少ししっかりとした方法でとめる事は出来なかったんでしょうか?

私も車を運転していて、時々積み荷が落ちてきそうなトラックとか見かける事があります。
「これが落ちてきたら・・・・」と思うと、ゾッとしてしまうのですが、運転している人はそこまで考えていないんでしょうね。
きっといつもの事で慣れて運転しているのだと思いますが、いつどんな状態で荷崩れするか分かりません。

以前も阪神高速の甲子園球場横で、トラックの積み荷がずり落ち、高速道路のフェンスを打ち破り甲子園球場のチケット売り場の前に落下する事故がありました。
この時は幸い夜中と言う時間帯もあり、誰もいなかったので良かったのですが、これが日中であれば大惨事になっていました。

今回の事故も、もっとしっかりと扉を固定するか、扉が閉まらない状態まで車を載せないか、どちらか対応していたらちゃんと防げた事故だと思います。
不思議なのが、扉が閉まりきれなくて、針金で止めただけなら「大丈夫だろうか?」という不安な気持ちにならなかったのでしょうか?
気にしながら走っていたら、扉が開いていることはサイドミラーで確認できたと思うのですが。

今後同じような事故が起きないためにも、積み荷をする方々は絶対に過重積載をしないで欲しいです。
そして運転中も決して気を抜かないで欲しいですね。
荷物を載せてハンドルを握ると言うことは、それだけ責任も重いということになります。
もちろん普通に運転する方も、ハンドルを握ったら気を引き締めなければいけません。
私も安全運転に注意して行きたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと

2007年07月02日

イラストの感想

本日委託販売して頂いている河西喜昇堂さんから、売れ残りのポストカードが返ってきました。
毎月「どれくらい売れたのだろう?」と、不安半分、楽しみ半分で箱を開きます。
今回は142枚の売り上げでした。まぁまぁですかね。

河西喜昇堂さんで委託販売を始めさせて頂いて、かれこれ3年近くになります。
今年の秋で丸3年になるのですから、もうそんなになるんだとビックリしています。
お陰様で毎月100〜200枚程売れています。そしてリピーターが多いのが特長のようです。
「毎月楽しみに買いに来られるお客様もいますよ」と聞くと、やはり忙しくても新作を描いて届けたい気持ちになるんですよね。
本当に嬉しいことですし、イラストを描く原動力になっています。

今回は初めて「ご意見・ご感想」の紙が入っていました。
以前に「購入される方やご覧頂いた方に、何か要望があれば書いて頂きたい。」と思い、ポストカードと共に置かせて頂いていました。
私もすっかり存在を忘れていましたが、初めてのメッセージでとても嬉しかったです。
ホームページで紹介可という欄にチェックして頂いているので紹介させて頂きます。

【ご意見・ご感想】
こんにちは。新作の「真夏の雪灯」がとても気に入りました。
夜の闇の色がとても美しいです。
静かな小川のせせらぎの音が聞こえて来そうです。
ウサギの親子もとても可愛いですね!

Hayaさん(大阪府・池田市)から頂きました。

Hayaさんは時々コメント頂いたり、mixiでもコメント頂いたりしています。
いつもありがとうございます。

やはり自分のイラストに関して感想を頂けるのは本当に嬉しいですね。
誰かのために描く訳ではありませんが、自分自身が好きで描くイラストが、誰かの目に触れその人の心を和ませることができるとしたら、本当に幸せなことだと思います。
これからも楽しみながら描いていきたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | アート

2007年07月01日

iPhoneがついに発売開始

今年の初めにつぶやいたのですが、Appleから発表されていたiPhone、ついにアメリカで発売開始となりました。
各Apple Storeで長蛇の列が出来て、数時間で完売したというから驚きです。
でも私も久々に無条件で「これ欲しい〜」と思ったので、列に並ぶ人の気持ちも分かります。

日本での発売はまだまだ未定ですが、私のように「欲しい」と思っている人は大勢いると思うし、何よりも携帯電話自体が頭打ちになっていて、新たな突破口が欲しいのはDoCoMo・au・SoftBankも同じでしょう。
通信方式の違い等でどこまで実現化するのか分かりませんが、これだけ注目度を集めている商品をほっておくおくことはできないでしょうね。

iPhone1台で電話が出来てiPodで音楽が聴けて、なおかつインターネット接続でWebサイトが見れるのですから、便利というか凄いです。
今までの端末は電話機に様々な機能が追加されてきた感じがあり、どうしても後の機能はおまけ的な要素をぬぐえませんでした。

しかしこのiPhoneは全く新しいデバイスです。
何よりもテンキーが無い、全面タッチスクリーンのシンプルなデザイン。
そしてMacintoshで培われてきた、分かりやすいインターフェイスが見事に活かされています。
携帯電話と言うよりは、Macの電話版と言った方がいいのかも知れません。

これから先、日本でも動きがどうなるのか、とても興味があります。
数年前にINFOBARを衝動買いしてから、全く「欲しい」と思える携帯端末に出会えないまま、未だにINFOBARを使っています。
iPhoneが日本で使えるようになれば、即買いしそうな勢いです(笑)

しばらくはハード的にもソフト的にも、いろんなトラブルがあると思うので、いろんな意味で落ち着いた頃に日本での発売開始になって欲しいですね。
願わくば価格も落ち着いてくれたら嬉しいな(^^;)

070701.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh