2007年06月18日

食卓は奄美物産展

今夜は昨日奄美から持ち帰ってきた物で食卓を彩りました。
一番のメインディッシュは、やはり「鶏飯(けいはん)」です。
地鶏のささ身や錦糸卵、椎茸、ネギをアツアツのご飯に乗せて、奄美の地鶏でとった出汁をた〜っぷりかけていただきます。
これがあっさりしていながらも、地鶏出汁の旨味が食欲をそそり、何杯でも食べてしまいます。

今夜も案の定食べ過ぎてしまいました(ゲップ)
今日は同じ奄美出身の友人を呼んで、一緒に食べましたが、それでも食べきれませんでした。
鶏飯の他にも豚骨、ティラジャ(巻き貝)も出してテーブルの上はまさしく、「奄美物産展」状態でした。
飲み物も最初はビールでしたが、途中からは黒糖焼酎に切り替えて、奄美の味を堪能しました。

昨夜に引き続き、今日も奄美の食べ物で、とっても贅沢な二日間の晩ご飯です。
まぁ、日頃たいした物食べていないので、たまにはいいですね(笑)
でも、子供にとっては、あまり嬉しい食事ではないようで、息子は鶏飯を一杯食べただけで終了していました。
子供にとってはカレーやピザみたいな食べ物の方が嬉しいんですよね。

奄美の郷土料理ですが、島の人が毎日こんな料理を食べているわけではなく、鶏飯等はおもてなし料理なので、滅多に食べません。
現に私が奄美にいた頃は、鶏飯なんて一度も食べた事無かったと思います。
貧乏だったので、尚更食べれなかったでしょう(笑)

鶏飯は作ろうと思えば作れるのですが、やはり地鶏でないと良い出汁がでません。
昔母に作り方を聞いて、嫁さんに作ってもらったことがあるのですが、出汁の味が全然違いました。
やはり地元の味は地元の食材でしかでないのでしょうね。

写り悪いですが鶏飯の写真載せますね。
「食べてみたい」という方は、是非奄美大島へ旅行してみてください。
やっぱり現地で食べるのが、一番美味しいと思います。

070618-1.jpg
中央奥から鶏飯具のネギ・椎茸・錦糸卵・鶏のささ身、一番手前が出汁を入れた状態

070618-2.jpg
アツアツのご飯にのせて出汁をたっぷりかけて・・・さぁ召し上がれ
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:25 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記