2007年06月14日

梅雨入りと息子の授業参観日

いよいよ梅雨入りしましたね。
今日は梅雨入りらしい、どんよりとしたお天気の一日でした。

そんなどんよりお天気の中、今日は息子の学校へと行ってきました。
授業参観日だったのです。
前回同様、嫁さんが仕事で行けないので、私が行く事になりました。
私も仕事が忙しいので、息子に「もしかしたら行けないかも知れない」と、言っていたので息子は私を見つけると、ちょっとビックリしたような嬉しいような顔をしていました。

今日の授業は道徳でした。
先生の質問に手を挙げて元気に答える子供たち。
息子もちゃんと手を挙げて、質問にしっかり答えていました。
授業参観だからでは無く、日頃からこんな感じだといいのですが(^^;)

前回もそうでしたが、今回も回りはお母さん達ばかり。
お父さんが来ていたのは、私ともう一人くらいでした。
私も慣れましたが、おそらくお母さん方は「あそこの家、いつもお父さんだわ」と思っていることでしょうね。
本当は嫁さんが行けるのがベストなのですが、どうしても勤務が決ってから、学校行事の方が連絡来るので、休みがとれないのです。
息子も本当はお母さんに見てほしいのだと思いますが、息子なりに気を使っているのかも知れません。

1年生の頃と比べると、だいぶ落ち着きが出てきている感じがしてきた息子。
忘れ物が酷くて、毎日のように私たちに叱られていますが、息子なりに成長しているようです。
次はお母さんが行けるといいけど、ダメだったらまたお父さんで我慢してもらいましょ。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記