2007年05月24日

自然がある環境

ふぅ〜。今日も暑かったですね〜。
すっかり半袖が普通になってきました。
日中はかなり気温上がっているので、仕事部屋もかなり暑くなってきています。
まだクーラーまではいきませんが、扇風機回して暑さを凌いでいます。

家の近くの田んぼも、土を起こしてそろそろ水張りの準備です。
もうすぐカエルの大合唱が始まりますね。

この田んぼのある風景。
日本の普通の風景ですが、やはり大都会の人にしてみたら、珍しい風景になってくるのでしょうね。
田んぼに水が入ると、一気にいろんな生き物が出てきて、毎年息子と一緒におたまじゃくしやカエルなどを探して回ります。
大都会に住んでいる子供達には、それも出来ないことなのでしょうね。

そう考えると、やはり生活する場所って、子供に物凄い影響を与えるのだと思います。
特に幼少から小学生の頃って、いろんな物に興味を示し、いろんな生き物と触れ合う時期なので、少しでも自然がある中で生活することが、子供にとっては大切なことなんでしょうね。

今生活しているところは、大自然はありませんが、田んぼがある分、まだ自然が残されています。
今日も息子は帰ってきて、明日の学校の準備を終わらせるなり「ちょっと外行ってくる」と言って、網を持って飛び出して行きました。
それから30分ほど帰ってこず、嫌な予感がしたのですが、その予感通り小さな虫かごに何やら入れて持って帰って来ました。

ザリガニです(-_-;)
用水路にザリガニが出始めて、最近網持ってよく捕まえに行っていました。
家の中に持ってきてグッピーの側に置こうとするので、「家の中には入れたらダメ」と言って、外に持って行かせました。
毎年、この時期になると同じ事を仕出かすのですが、今年もまたやってくれました(笑)

私は外に出してくれているものと思っていましたが、今朝嫁さんが玄関で見つけて驚いていました。
嫁さんはザリガニ捕まえてきたこと知らないので、一瞬何があるのか???な状態だったようです(笑)
おそらく捕まえてきた本人も忘れていると思うので、今日帰ってきたら逃がしてあげるよう話したいと思います。

近くに自然があり、生き物がいることは子供にとって、とても大切なことです。
でも、お願いだから捕まえたザリガニやカエルは、家の中には入れないでくれ〜(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:43 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記