2007年05月22日

あの飛行機に乗って・・・

今日は暑い一日でした〜(@@;)
気温は30℃くらいあったんじゃないでしょうか?
今の時期って暑い日と、涼しい日の気温差が激しいので、体調崩しやすいですよね。
はしかも流行っているようなので、皆さん注意しましょうね。

さて、今日は本当によく晴れ渡っていました。
こんな五月晴れの空をふと見上げた時に、飛行機雲を描きながら飛んでいく飛行機をよく見かけます。
真っ青なキャンパスに、白い絵の具でラインを引いたように、綺麗な白い雲が描かれていくのを見ているだけで、何故か心がやすらぎます。

空高く飛行機が飛んでいるのを見ると「あの飛行機はどこへ行くのだろう?」と思い、「どんな人たちが乗っていて、どんな思いで空の旅を楽しんでいるのだろう?」と考えます。
その内、自分も飛行機に乗って遠くに飛んでいきたくなるのです。
これってやっぱり現実逃避でしょうか(笑)

私にとって飛行機という乗り物は、故郷の奄美と第二の故郷の北海道に帰るための、大切な交通手段です。
だからこそ飛行機が飛んでいるのを見ると、自分も飛行機に乗って飛んでいきたくなるのかも知れません。
日々の生活を送りながらも、心は北へ南へと飛んでいるのです。

特に夏になると、私の心は遠くに飛んで行きます。
入道雲が出始めると、気持ちはもう奄美に飛んでいきます。
やっぱり夏は海が恋しくなりますよね。海の無い奈良にいると尚更です。

そして北海道にも心は飛んでいきます。
爽やかな北の大地は、避暑地そのものです。
広大な大地と無限に広がる空は、私の心を一気に北海道へと誘います。

しかし現実問題として、どっちに行くにしても飛行機代がバカになりません。
それを考えると、一気に心は現実に舞い戻ってくるのです(笑)
でも、やっぱり夏は奄美か北海道のどちらかには帰りたいですね。
家族が増えてくるとなかなか動きがとれなくなりますが、今年の夏も帰りたいですね。
それまでは空高く飛んでいる飛行機を見て、現実逃避しながら日々を過ごしましょう(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記