2007年04月30日

お天気に誘われて

今日は朝からとっても良い天気でした。
午前中は昨日のお誕生会の後片づけなどしていましたが、午後からお弁当持って近くの公園に行く事にしました。
娘の体調も少し良くなり、昨日食べれなかったケーキを朝からむさぼるように食べていました(^^;)

一人で食卓に座って食べているので、しばらくそのままにしておきましたが、戻ってきて顔を見てビックリです。
口の回りがケーキだらけ(^^;)
髪の毛にもケーキがついています。
あまりに凄いのでお風呂に入って綺麗にすることにしました。

お昼からは予定通り公園に。
天気も良くポカポカ陽気なので、沢山の人が遊びに来ていました。
皆でお弁当食べて、バドミントンして遊んだり、気ままに時間を過ごす事ができました。
娘もバドミントンに興味があるのか、私たちが遊び終わったバドミントンのラケットを持っては、一生懸命何かしようとするのですが、ラケットの大きさと娘の体の大きさが一緒くらいなので、思うように動かせません(笑)

暑いくらいの気温の中で、軽く体を動かし、家族と楽しい時間を過ごせました。
明日から二日間は平常に戻り、その後はまた4連休です。
家族と共にまったりとしたゴールデンウィークを楽しみたいと思います。

070430.jpg
さすがにこの顔で来られると抱っこできません(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年04月29日

お誕生日おめでとう

Happy Birthday to you〜♪ Happy Birthday to you〜?

今日は昭和天皇のお誕生日です・・・・・・(・.・)
あっいや、そうでもあるのですが、我が家の娘の誕生日です。
今日でめでたく1才になりました。

早いですね〜1年前に「おぎゃ〜」と産まれてから一年経ったのですね。
目も見えない、自分で体を動かす事もできない、小さな小さな赤ちゃんが、一年で立って歩くくらいまで成長するんですから、赤ちゃんの成長って凄いですよね。

今日は娘の誕生日と言う事で、ケーキを予約して、友人家族を招いてささやかなパーティをしました。
ピザを作り、パスタやサラダ等で乾杯をしました。
しかし肝心の主役は、昼頃から体調を崩したのか、食べても食べても嘔吐してばかり。
自分のお祝いでありながら、体調悪い中でお祝いになりました。
それでも食べたいのか、私たちが食べているのを見て欲しがり、食べてはまた嘔吐(^^;)

息子は・・・と言うと、友人家族が来たので友達とハイテンションで遊びまくり。
二人で競争するようにご飯を食べたかと思ったら、これまた競争するかのように二階に上がり、二人でワイワイと遊んでおりました。

娘にとってはほろにが誕生日になってしまいましたが、こうやって皆集まって祝ってくれたので、きっと明日には元気になるでしょう。
何はともあれ、1才の誕生日を迎える事ができた娘。
これからますます元気に育ってくれることと思います。

070429-1.jpg
大好きなケーキも食べれませんでした

070429-2.jpg
お昼までは元気に遊んでいたのですけどね
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年04月28日

息子と宿題

今日は土曜日。
今日からゴールデンウィークがスタートという人も多いのでしょうね。
私はもちろん仕事です(^^;)
しかし息子は今日から3連休。
私が家にいることをいいことに、土曜日はいつも学童に行きません。

嫁さんも今日は半日で終わる予定なので、息子に午前中に宿題を終わらせるように、言って聞かせていました。
約束通り自分の部屋で宿題をやり始めた息子。
しかし集中できないのか、私のところへやってきて、私の横で宿題をやり始めました。

1時間ほどしてようやく宿題が終わったのか・・・と思いきや、もう一つ残っていました。
しかしそれは「自分の町を探検しよう」という内容のもので、自分の家の周りのことを見て回り、それを絵と文で表現しなくてはいけません。
そのため一人では出来ないのです。
「先生もお父さんやお母さんと一緒にって言ってた」と言われ、仕事を中断して息子と家の周りを散策することになりました。

近くの川沿いの道を歩き、亀や鳥を見つけ田んぼの用水路に何かいないか、探しながら歩きました。
田んぼが始まる頃になると、ザリガニやカエル、時には金魚のような魚を見る事ができるのです。
しかしまだ時期が早いようで何もいませんでした。

ぐるっと回って家に向かって帰る途中に、梅の木に梅の実がなっているのを見つけました。
青い小さな実がいくつも木にぶら下がっています。
よく市販のお弁当に入っている、小さな梅干しがありますが、ちょうどあれくらいの大きさです。
「これをとって漬けたら梅干しになるのかな?」なんて、思いながら見ていました。

帰ってきてからすぐに宿題に取りかかった息子。
しっかり絵も描き、文章もちゃんと書いていました。
これにて宿題終了。
私は仕事を再開。
風が強くて、ちょっと肌寒い感じもありましたが、のんびりと歩いて気晴らしにもなりました。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年04月27日

またもやガソリン値上げ

ゴールデンウィークを目前にして、ちょっと嫌なニュースタイトルを見てしまった。
「ガソリン5円値上げ」
えぇ〜〜〜〜5円も上がるの(*o*)
ただでさえガソリン食いの我が家の車。これ以上ガソリン代かけたくないのに。

昨年夏にガソリン価格が急騰してから、ようやく落ち着いてきたと思っていたところに、再びこの急騰です。
そもそもガソリン代って、半分は税金なのにその上に消費税までとって、一体元々の価格はどれくらいなの?って思ってしまいます。

我が家の車の利用は、嫁さんと娘の送り迎えが主な利用です。
僅かな距離のように感じますが、毎日のことですし、ちょうど朝夕になるので渋滞する時間帯です。
朝は嫁さんを送り、娘を送り戻ってきて、夕方は息子を迎えて、娘を迎えて戻ってきます。
そしてその後嫁さんからお迎えコールが入ると、再び迎えに車を出します。
ガソリン食うはずです。

しかも最近さらに燃費が悪くなってきています。
もうすぐ7年になる車ですし、元々燃費の良い車ではないですからね。
長い目でみたら軽自動車買って、日頃は軽自動車で動いた方が得なんですけどね。
しかし軽自動車も結構な値段しますからね。

次に車を買い替える時には、絶対にエコカーにしたいと思っているのですが、まだまだ買い替えることはできません。
燃費の悪い車ですが、しばらくは乗らなくてはいけませんからね。
今回のガソリンの値上げが一時的なものであって欲しいです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年04月26日

新作「紫陽花お散歩りっちー君」

昨日に続いて、新作のお知らせです。
立て続けに描きました(^^;)
イメージは頭の中ででき上がっていたので、あとは形にするのにちょっと時間をかけました。

今回は人気者のりっちー君の登場です。
りっちー君は四季を通してイラストありますが、梅雨の時季という限定では無かったので、今回は梅雨の時季のりっちー君を描きました。
梅雨の代表の花と言えば、やっぱり紫陽花ですね。
この紫陽花は以前から描いてみたいモチーフでしたが、意外とスムーズに描けました。

梅雨の晴れ間に咲く紫陽花の花は、雨の忘れ物の雫をキラキラと輝かせて、とても綺麗です。
そんな紫陽花の中を散歩してみたら気持ちいいだろうな〜という思いで、今回のイラストを制作しました。

今までもいろんな花畑を描いてきましたが、だいぶ慣れてきた感じがします。
描き方というか手順というか、最初の頃よりもかなり描くスピードが速くなっています。
しかし描きながらも、毎回新しい何かを見つけている感じもします。
表現方法というのか何というのか、言葉で表現できませんが、描き続けることによって、1年前とは違う表現のイラストが描けている気がします。

このアニマルシリーズも、もう89作目になりました。
あと11作品描いたら100作になるんですね。
自分でもちょっとビックリです。
100作品出来たら作品集にしたいと思っているのですが・・・・どうだろう?出来るかな(^^;)
予算次第ですね〜。頑張りたいと思います。

070426.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新作のお知らせ

2007年04月25日

新作「水無月の唱」

先月ギリギリで作品を描いたのですが、もうあれから1ヶ月経ってしまったのですね。
もう4月も終わりが見えてきました(@o@)
本当に今年は例年以上に月日の流れが早く感じます。

今月もようやく1作品仕上がりました。
シリーズにもなっているカエルのイラストです。
ベースは娘の入院中に、病院にPowerBook持ち込んで描いていたのですが、その後全く手付かずになってました(^^;)

梅雨の前の田んぼが始まる時期って、田んぼに水が張られて、まるで大地に無数の鏡ができたようで、とっても好きな風景です。
夜になるとカエルが鳴き始めて、「きっとカエルも喜んでいるのだろうな」と毎年思うのです。
そんな頃のことをイメージして描いてみました。

カエルの合唱って何故か耳に心地よいですよね。
秋の虫の音もそうですが、夜の静寂の中に響く音なのに、耳に心地よく心が和みます。
きっと日本人の心の中に生き続けている音だからなんでしょうね。

今年ももうすぐそんな季節がやってきます。
梅雨は雨が続いて、ちょっと憂うつな時もありますが、恵みの雨ですので梅雨の時季の楽しみとして過ごしましょう。
さて、あと残り1作品、頑張って描かなきゃ(^^;)

070425.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新作のお知らせ

2007年04月24日

ゴールデンウィークの苦い経験

気がつけば4月ももう24日。
今週末からはゴールデンウィークに入りますね。
皆さんは何かゴールデンウィークの予定はありますか?
我が家は思わぬ出費も続いたので、何も予定していません(^^;)
家でのんびりするか、遊びに行っても近場で済まそうと思っています。

例年なら南紀白浜アドベンチャーワールドに行ったりしていたのですが、一度渋滞に巻き込まれて大変な目に合ってからは、ゴールデンウィークは避けるようにしています。
通常なら3時間程の行程を、何と8時間もかかって帰ってきました。

朝方5時頃に出発して、アドベンチャーワールド開園と同時に入り、アシカショー・イルカショー・オルカショーを見て、サファリを見て・・・・と、たっぷり楽しんでお昼の3時頃に出たのですが、途中の道路が大渋滞。
1m進んだと思ったら5分ほど停滞。それを永遠と繰り返し、ようやく高速の入り口にたどり着いたのは夜の10時頃。
途中ファミレスで晩ご飯食べましたが、そこも人・ひと・ヒト。
結局家に帰ってきたのは、夜中の11時半頃でした。

この経験があってから、なるべくゴールデンウィークには遠出はしないことにしていますが、場所も悪かったんですよね。
白浜から奈良まで帰るには、海沿いの国道か、山の中をぐねぐね走る道しかありません。
抜け道が無いので一度渋滞が始まると、もう抜けられなくなってしまいます。

今年は家でのんびりしたり、近場で遊んだり、ちょっと出かけるにしても電車で出かけられたらなぁ〜と思っています。
娘の誕生日もやって来ますので、楽しいゴールデンウィークにしたいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年04月23日

息子の授業参観日

今日は息子の授業参観日でした。
嫁さんは仕事で行けなかったので、私だけ参観することにしました。
毎回のことですが、参観日に来るのはお母さんばかり。
その中でお父さんは私ともう一人いたくらいです(^^;)

息子は授業中、何度もこちらをチラチラと見ていました。
今日の授業は新しく入ってきた1年生に、学校の教室の紹介をするためのポスター制作・・・した物を、発表するという内容でした(^^;)
教室の中にある物や説明文を書いたポスターを持って「ここは音楽室です。ピアノやいろんな楽器があります。〜〜〜これで発表を終わります。」と言った感じの内容でした。

息子は一番最後の発表で、お友達二人で発表しました。
体育館の紹介をしていましたが、思っていたよりもしっかりと発表できていました。
授業中にも先生の質問に手を挙げて、ちゃんと自分の考えを言っていて、1年生の時からすると成長した感じがしましたね。

子供たちは皆、お母さんが来ているのが嬉しいようで、何度も後ろを振り返ったり、手を振ったりしていました。
息子も本当はお母さんに来て欲しかったのだと思いますが、お父さんで我慢してもらいましょう。
慣れているとはいえ、本当は息子もお母さんに来て欲しかったのだと思います。
しかし一度勤務が決ると、なかなか休みをとる事はできません。
しかも今回の授業参観日は新学期に入ってからの連絡になるため、勤務が決った後でどうすることも出来ません。

私も仕事がありましたが、誰も来ないとなるとさすがに可愛そうなので、私だけでも参観する事にしました。
子供の頃って親が見に来る事が本当に嬉しかったですからね。
息子は息子なりに成長しているようで、嬉しく思った一日でした。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年04月22日

テレビ見るためなら

今日は日曜日。
必ず日曜日だけは早起きする息子。
誰に起こされなくても、ちゃんと自分で起きて7時からのテレビ番組を見ています。
お願いだから平日も自分で起きてくれ〜(笑)

私もそうでしたが、子供にとってテレビ番組というのは、やっぱり楽しみなんですよね。
テレビを見るために、学校から急いで帰ってきたり、急いでお風呂入ったりしていた記憶があります。
息子も最近はその傾向が強くて、夜の7時からの番組が始まると、嫁さんからお迎えコールが来ても「お留守番して待ってる」ということが多いです。

好きなテレビ番組を見るためなら、日頃のんびりしている事も速効でできるんですよね。
今日も夕方にお買い物行って帰ってきたら6時を過ぎていました。
テレビを点けるとちびまる子ちゃんがやっていて、もう終わりの時間でした。
次の番組はサザエさん。息子はサザエさんが見たいと言って聞きません。
そこで嫁さんが「始まるまでの間にサッと入ったら」と言うと、お風呂にすっ飛んで行きました。

いつもならお風呂の中で遊ぶので、最低でも20〜30分はお風呂に入っている息子。
しかし今日はサザエさん見たいがために、何と5分程であがってきました。
私たちに「ちゃんと洗ったのか」と聞かれて、自信たっぷりに「うん洗ったよ」と答えながらも、目はすでにテレビのサザエさんに向いていました。

あんまりお風呂でダラダラと遊ぶのも困りますが、こんなに早いのも極端過ぎますね。
私も子供の頃にやっていたことなので、あまり息子に言える立場じゃありませんが、お風呂はちゃんと入ろう(笑)
今日はカラスの行水の息子でした。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年04月21日

娘は車好き

我が家の娘はお兄ちゃんの影響からか、どうも玩具は車が好きなようである。
実際、家にはお兄ちゃんのミニカーがゴロゴロしているので、どうしても手に取って遊ぶ機会が増えてくる。
託児所の先生にも「○○ちゃん車好きですね〜♪」と言われ、どうやら託児所でも車が好きなようなのです(^^;)

少し前に「掴み立ち歩きの練習になれば・・・」と思い、息子が昔遊んでいた車の乗り物(子供がまたがって乗れる物)を出しておいた。
後ろの方に取っ手がついているので、押して歩く練習になるかなと思っていたのです。
ここしばらくは気に留めていなかった様子でしたが、今日は車に近づいて一生懸命乗ろうとしていました。
「まぁ無理だろうな」と思いながら傍観していたのですが、予想もしない乗り方で車に乗ったのを見て、思わず絶句しました。

ハンドルにお尻を乗せて、取ってを持って反対向きに座っているのです。
「おいおい逆だよ〜」という私を見て、娘は得意顔でニコ〜っと笑います。
「反対だよ。こう座るんだよ。」と教えても、前向きだと落ち着かないようで、何度やっても反対向きに座ります。

そして今度は「こうやって押してごらん」と、立たせて取ってを持たせ歩かせてみました。
娘にとっては思いもしなかったことのようで、車を押して歩けることが嬉しくてたまらなかったのでしょう。
あちこちにぶつかりながらも、車を押して歩くことに夢中になっていました。

しかしこのまま車好きで大きくなったらどうしよう(^^;)
他の子がお人形さんや可愛い玩具を欲しがるのに、車の玩具を欲しがられたらちょっと困ります。
今だけの事だと思うのですが、ちょっと不安です(^^;)
元気に育ってくれるだけで十分なのですが、願わくば女の子らしくなってね。

070421.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年04月20日

Macユーザーになった友人

本日、アップルストアから荷物が届いた。
中身は17インチのiMac。
2月にも同じiMacを購入したのですが、再びiMacが届いたのです。

今回のiMacは私の物ではなく、友人に頼まれて購入した物なのです。
ずっとWindowsを使っていた友人ですが、私の勧めでMacに切り替えたのです。
Windowsを使っている時から、Officeを使うわけでもなく、illustratorやPhotoshop等がメインのようで、何もWindowsにこだわる必要もなかったのです。

以前に私の家に来て、実際にMacを触ってその使いやすさに、速効で買いモードになったのです。
注文してから5日ほどでようやく届き、本日友人の家まで持っていきました。
早速箱を空けセッティングする友人。取説を見て「取説がたったこれだけって凄いな」と、Macの取説を見ていました。

私もそうなんですが、Macって取説読む事って殆ど無いんですよね。
感覚で使えるので使っていくうちに身体で覚えていく感じなんです。
おそらく友人も、遊び感覚で使いながら覚えていく事でしょう。

パソコンを買い替えたいという人に、よく「何がいいですか?」と聞かれることがあるのですが、私はいつも「パソコンで何したいの?」と聞き返します。
仕事で使うパソコンは100%に近い確率でWindowsだと思います。
「仕事でやっていることを家でもやりたい」と言うのなら、間違いなくWindowsを買った方がいいです。
でも、家で使うパソコンはネットやメール、そしてもっと遊び要素で使いたい。と言うのなら、私はMacという選択肢もあっても良いと思います。
Windowsを使っている人にとっては、Macって専門の人が使っていて難しいというイメージがあるようです。
しかし、私に言わせてみれば全く逆で、Macほど感覚で使える物はないと思います。

今日iMacを使い始めた友人も、きっとすぐにMacに馴染み使いこなしていくことだと思います。
元々自分で色々と作ったりするのが好きな友人なので、きっと楽しめる事でしょう。
パソコン買い替えを検討している方、Macという選択肢も考えてみませんか。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh

2007年04月19日

変わらぬ自分

毎日毎日、このつぶやきを書いていると、時々「な〜につぶやくかなぁ〜〜〜〜〜(-o-)」と言う日があるわけでして・・・・。
本日もしばらくモニターとにらめっこしていて、危うく睡魔が襲ってくるところでした(笑)

時々、「昨年の今日は何つぶやいてたかな?」と、参考までに過去を振返ってみたりするのです。
「昨年の4月19日は・・・・」

タイトル:つぶやき続けて・・・
内容:このつぶやきのこと

なんじゃこりゃ〜ちょうど1年前にも同じようなことをしていたのです(笑)
思わずモニターの前で苦笑いしてしまった(^^;)
何となく1年前の自分に笑われたような気分になってしまいました。

しかし、時々過去のつぶやきを読み返すのも、いろんな事を思い起こしていいもんです。
一昨年の今日は、結婚式のDVD制作に追われていて忙しいことをつぶやいていました。
そのまた1年前は、DTP講師をして初めての経験でとても勉強になったことをつぶやいていました。

自分の過去をこうやって振返る事ができるのも、なかなかいいもんです。
しかし振り返ってみて「あんまり変わってないな」と思うと、ちょっと淋しくなります(笑)
自分の中では常にステップアップできるよう、日々頑張っているつもりなんですが、こうやって振り返るとホント変わってないですね(^^;)

自分を取り巻く環境や、仕事内容などは徐々に変化しているのですが、自分自身の感覚があまり変わっていない気がします。
変わる事がいいことなのか、変わらない事がいいことなのか分かりませんが、自分自身でも「ステップアップしたな」と思えるくらいになりたいですね。

それには日々の努力が必要なことは分かっていて、そのために日々頑張っているつもりなんですが、なかなかアップしていきませんね(笑)
もしかしたら来年の今日も、また同じように過去を振り返っているかも知れません。
その時は、「少しステップアップできたかな?」と、思えるくらいにはなっていたいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年04月18日

初めての一歩

退院してから、ますます食欲旺盛になってきた娘。
最近はご飯の時も、自分でスプーンを使おうとしたりしますが、まだ上手に出来なくて結局手で取って食べたりしています(笑)
手でとって食べている姿は、まさしくお猿さんですね(^^;)

立つのもしっかりと立つようになり、かなり安定性が出てきました。
しかし歩くのはまだまだ先のような雰囲気です。
私たちが立っている娘の前で、一生懸命足踏みしてみせますが、娘は腰を回して笑顔をふりまくばかり。
きっと腰を回していることで、歩いているつもりなんでしょうね。

ところが今日、何気なく立った後、一瞬だけ足が動きました。
歩いたというよりは、開いた左足を中央に寄せたという感じです。
それでも足が動いたことで、私も嫁さんも息子も「今動いたな!!」と興奮していました。
そして娘に「ほら歩いてごらん」と、足踏みしてみせました。

するとどうでしょう。突然左足が一歩前に出たのです。
そして続いて右足が前に出て、何と3歩も歩きました。
これには皆「おおおぉ〜歩いた歩いた!!」と、大喜び。
まだまだ歩けそうな感じじゃなかっただけに、本当にビックリしました。
本人はいたって「何があったの?」というような顔で、冷静な顔をしてましたけどね(笑)

初めての第一歩を、家族皆が見ている目の前で行った娘。
これからもますます元気に動き回ることでしょう。
次は初めての言葉ですかね。今から楽しみです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2007年04月17日

二つの銃撃事件

嫌〜な事件が海外でも濃くないでも起きていますね。
どちらも銃を使った事件。
海外はアメリカでの大学キャンパス内での銃乱射。
32人が射殺されるという最悪の事態になってしまいました。

ドイツ語教室で惨劇が起きてしまったようなのですが、分からないのがその2時間半前にも学生寮で2人を射殺していることです。
いくら広いキャンパスとはいえ、何故2時間半もの間に最初の事件が学生達に伝わらなかったのでしょうか?
それが伝わっていれば、早急に避難してこんな大惨事にはならなかったと思うと、残念で仕方ありません。

アメリカは銃社会とは言え、こんなにも悲惨な事件が起きてしまうと、「銃社会だから」では済まされないと思います。
いきなり「銃を無くせ」と言っても無理でしょうが、アメリカの銃社会のあり方を考える必要性を求める声が上がってくるかも知れません。

しかし、銃社会ではない日本国内でも、市長が銃撃されるという事件が起きてしまいました。
長崎現市長が市長選の選挙活動中に狙撃されました。
心肺停止の極めて危険な状態のようですが、何とか頑張って欲しいです。
現在、日本各地で選挙運動中ですが、こんな事件が起きると立候補している人たちも、気が気でないでしょうね。

私たちの生活の中で無縁の存在の感じがする銃。
映画やテレビの中でしか見る機会は無く、実際に手にすることなど無いはずの銃を使った犯罪が日本でも起きたことは、とても残念です。
一般人が銃を手にすることが出来ない社会を、世界的に作っていかないといけないと思います。
暴力に暴力で対抗するのでは無く、その暴力の基を取り去っていくシステムを考えていかなくてはいけないのでしょうね。

犠牲になった方々の御冥福を、心よりお祈り申し上げます。
そして銃の無い世界が来てくれる日を、願いたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年04月16日

4月も半分終わり

気がつけば4月も半分終わってしまいました。
車の故障があったり、娘の入院があったり、そしてその時に奄美の母親が来たりと、何かと慌ただしい4月前半でした。

何なんでしょうね。今年のこの忙しさは。
仕事も忙しいのですが、何かとドタバタしています。
昨年以上にあっという間に終わってしまう一年かも知れません(^^;)

今年は是非、作品展を開催したいと考えているのですが、このままの状態では厳しいかも知れません。
作品展するにも準備の手間と、何よりお金かかりますからね(^^;)
可能なら京都辺りで一度やってみたいのですが。
今年の後半に向けて、ちょっと考えてみたいと思います。

仕事の傍ら、好きなイラストを描いて、それを販売することもやって・・・・と、仕事と趣味との境界線がどんどん無くなってきています。
嬉しい事の反面、販売することの難しさも味わっています。
今までは好きなイラストを描いて、それが売れてくれるだけで嬉しかったのですが、これからはどう売るかも考えていかなくてはいけません。

ここで難しいのが、イラストを売るために描く・・・になってしまうと、イラストに心が入らなくなる気がすることです。
そもそも売る目的で描き始めたイラストでは無いので、売る事を意識して描きたくありません。
あくまでも自分が好きで描く、趣味の範囲のイラストでありたいと思っています。
そして出来てきたイラストを、次にどうやって販売していくかを、また次の段階で考える事が必要なのです。

自分で好きで描いたイラストを、今度は違う自分がどうやって販売するかを考えることが大切だと思うのです。
難しいんですけどね。完全に頭切り替えていかないと、「売るためにイラスト描く」になってしまいます。

グラフィックデザイン・Web関連の仕事をしながら、月2作品の目標のイラストを頭の片隅で考え、楽天ショップの運営も考えていかなくてはいけません。
好きで始めたことですから、何にも苦ではありませんが、いろいろと考えなくてはいけないので、頭の中がぐるぐると回りっ放しという感じです(笑)
どちらも中途半端にしたくないので、精一杯頑張らないといけませんね。
特に楽天ショップの方は、どうしても後回しになってしまうので、未だに運営が中途半端です。
少し仕事も落ち着いてきたので、ここらで本腰入れてしっかり販売体制整えていきたいです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2007年04月15日

素材が命

今日は日曜日、娘の入院もあって2週間ぶりに家族で過ごせる日曜日です。
入院生活の疲れもあり、嫁さんも朝はゆっくりめの起床でした。
息子は日曜日の朝だけは、テレビを見るために誰に起こされなくても一人で起きてテレビを見ています。
「お願いだから学校の日も、ちゃんと一人で起きてくれ!」と思うのは、どこの親でも同じなのかも知れませんね(笑)

私もゆっくりと寝ているつもりでしたが、昨晩は仕事を片づけるために、朝方4時まで起きていました。
3時間ほど寝て、目が覚めると妙に寝起きが良いのでそのまま起きてしまいました。

「久々にピザでも作ろうかな!?」と思い、一人で台所で小麦粉をこね生地を作っていました。
「後は発酵させてと・・・・」と、レンジで発酵させている間に仕事部屋でメールチェックなどをしていました。
そうしている間に嫁さんと娘が起床してきました。
ところが、レンジを覗いた嫁さんが「お父さん何作ってるの????」と不思議そうに聞いてきました。
「何作ってるか、そんな分かるやろ」と思いながら見に行くと・・・・・・・。

とても奇妙な物体ができ上がっています。
これは一体何?????何が起きているの????
私の頭の中は?マークでフリーズ状態になりました。

まるできのこのように、もこもことパンのような物が出来ていて、下にはクリームのような白い液体が広がっています。
ここで謎が解けました。とんでもない失敗をしてしまった事に気づきました。
私は発酵させようとして、間違って予熱をしてしまったのです。
プラスティックのボールに生地を入れていたので、クリームのような白い液体は溶けてしまったボールでした。
そして生地は見事に発酵しパンのようになっていたのです。

溶けたプラスティックを取り外すと、本当に形の悪いパンのようになっています。
試しに食べてみると・・・・・実に良い食感!!
塩が入っていないので、味は無く無塩パンになっていますが、普通にパンになっています。
これは失敗とは言え捨ててしまうのは勿体無い。
そこでバターや苺ジャムを塗って食べました。

「こんな状態でパンが出来るんだなぁ〜」と、不思議に思いましたが、ふとある事に気づきました。
実は今回、北海道から送られてきた小麦粉を使ってみたのです。
いつもピザを作る時は、市販の小麦粉を使っていました。
しかしふっくらとならず「こんなもんかな」と思っていたのです。
今回の失敗で「もしかしたらピザもふっくらと出来るかも知れない」と思いました。

そこで再びリベンジで、夕食にもう一度生地をこねました。
今回は間違わないように、しっかりと発酵にして、膨らんだ生地を広げていきます。
生地をこねている段階でも感じましたが、今までの小麦粉と弾力が明らかに違います。
そしてトッピングしてチーズを振ってレンジでオーブンにします。

焼け上がったピザを食べてみてビックリ。生地がしっかりと厚みがありながら、中はしっとりとパン生地のようになっています。
まるで普通のピザ屋さんの生地のような食感です。
「小麦粉が違うだけでこんなにも違うのか」と、嫁さんと二人で驚きながら食べました。
もちろん息子も大喜びで、一緒に作ったパスタには目も触れず、ひたすらピザを食べ続けていました。

今までふっくらとした生地にならないのは、私の作り方も悪いし適当だし、お店のピザのようにはならないのが当たり前だと思っていました。
しかし今回の北海道の小麦粉で、こんなにも違うことにとても驚きました。
もう普通の小麦粉でピザは作れないですね(^^;)
今度はちゃんとしたパン作りにチャレンジしてみよう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年04月14日

仕事が出来るありがたさ

いや〜一日じっくり仕事が出来るのって嬉しいですね〜♪
普通なら仕事ってしたくないものなんでしょうが、私の場合フリーで仕事をしているため、仕事=生活に直結しています(笑)
ですから仕事があるのは嬉しいことですし、好きな仕事でもありますし、仕事に集中出きることはとても嬉しいことなんです。
特にこの一週間は、殆ど仕事が出来ない状態で、夜中に少し仕事をする程度でしたから、一日いっぱいしっかり仕事ができることが、こんなにもありがたいことなんだなぁ〜って実感しました。

私の仕事は、「チラシやポスターをデザインするグラフィックデザインが、主な仕事です・・・・・」と、いつも説明するのですが、最近はWeb関連の仕事も増えてきて、ホームページの仕事も増えてきています。
私の性格上、自分が出来ることは自分でやってしまいたいタイプなので、仕事の種類は増えていくのかも知れません。

ただし何でもやると言うわけではなく、自分のやれること、すなわち得意とすること、そして何より好きなことが大事です。
やっぱり仕事って好きでやっていかなきゃ長続きしないと思います。

でも、世の中に好きな事を仕事に出来る人って限られているのでしょうね。
こんなこと書くと、まるで私が好きな事やって気ままに仕事しているように思われるかもしれませんが、決してそんなことはありません。
私も好きな仕事ではありますが、そんな中にも厳しさや苦労はあります。
でも、好きな事なので乗り越えた時の達成感が、また好きなのです。

この一週間、仕事をしたくても出来ない状態で、今までの忙しさもこの一週間に比べればどうってことないかな。という気持ちにさえなりました(笑)
この一週間で時間の大切さが、本当によく分かりましたので、今後は今まで以上に仕事に集中できるよう、頑張っていきたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事

2007年04月13日

退院しました

ようやく娘が退院できました。
一週間の長い入院生活もようやく終わりです(^o^)
娘もすっかり元気になって、帰ってまいりました。

私はこの一週間、日中は付添で夜中に仕事をして、嫁さんは日中仕事をして、夜中に付添という繰り返しでした。
お互い大変でしたが、大事な子供のためだから頑張れたのでしょう。

私たち夫婦も退院を待ちわびていましたが、誰よりも待ちわびていたのは息子でしょう。
毎日娘と会えるのは、病棟の前で数分間だけで、抱っこしたくてもできません。
そのためか娘と会うなり「抱っこしたい」と、抱っこして離そうとしませんでした。
娘も久々にお兄ちゃんに抱っこされて嬉しいのか、ちっとも嫌がらず抱っこされていました。

今夜から、またいつもの生活に戻ります。
いつもの生活、当たり前の生活、それが本当に大切な事で、あり難いことなのだということを分かる事ができた一週間でした。
何より健康が一番、明日からその気持ちを大切にして、頑張りたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:14 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2007年04月12日

信じられないニュース

今日は午前中だけ、病院専属の保育士さんに娘を見てもらいました。
お陰で午前中は仕事に集中することができました。
お昼に病院へ行くと、娘の点滴が外されていました。
うまくいけば明日退院できるかも知れません。

入院の付添の間、どうしても時間潰しにテレビを見る事が多かったのですが、途中から大部屋に移ったため、テレビのボリュームも抑え気味で、何となく見ている感じです。
しかし、そんな中でも気になるニュースもあり、先日は同じ市内であった火事がニュースになっていてビックリしました。

ちょうどそのサイレンを病室で聞いていて、「あっ火事かな?」と思っていたので、まさかその火事がニュースで出てくるとはビックリでした。
大人5人が焼死した火事で、不可解な部分があったのでニュースになったのかも知れませんね。

しかし私がもっとビックリして、ショックを受けたのが子供を放置して餓死させた母親のニュースでした。
北海道の苫小牧で起きた事件ですが、3歳と1歳になる子供を家に残し、鍵をかけ自分は交際相手の家に行き、1ヶ月もの間放置していたというから驚きです。
最初から子供が死ねばいいと思って家を出たらしく、1歳の子供は餓死してしまいました。
でも、3歳の子供は冷蔵庫の中のマヨネーズやケチャップ、生の米粒、さらには生ゴミを食べて生き延びたようです。

3歳の子供が1ヶ月もの間、親に放置されながら、母親が戻ってきた時に抱きついてきたというのですから、子供と言うのは本当に親を信じきっているのだなと感じました。
しかしその母親は、二人とも死んでいると思っていたのに、長男が生きていてショックだったと話しているようです。
いったいこの母親は何なんでしょう?人間の面をした鬼でしょうか?
さらには3歳の長男が見ている目の前で、餓死した子供を段ボールに入れ、交際相手の家の近くに放置したというのですから、本当に信じられません。

親にとって子供って、自分の命に代えても守りたい者だと思うのですが、何故神様はこんな人間が親になることを許したのでしょうか?
自分がお腹を痛めて産んだ子供なのに、何故自分の子供を愛せないのでしょうか?
私たち夫婦も決して立派な親ではありませんが、少なくとも子供たちを愛し、何よりも子供の事が大事だと思っています。
それが普通だと思うのですが、こんな人間でも子供を産んで親になることが許せません。
世の中には子供が欲しくても欲しくても、どうしても願いが叶わない人も沢山いるのです。

この生き延びた3歳の子供が、1ヶ月間どんな思いで過ごしていたのだろう?と思うと、胸が張り裂けそうになります。
帰ってこない親を待ちわびながら、必死で食べ物を探し、餓死していく1歳の子供を見ながら、どんな思いで夜を過ごしたのだろう。
あまりに酷い仕打ちで、あまりにも過酷な経験です。
このままでは心に深い闇を持ったまま育ってしまうので、しっかり心のケアをしてあげてほしいと思います。

しかし日本人の心は一体どこへ行ってしまうのでしょう。
もう二度とこんな悲しいニュースは聞きたくありません。
家族が健康で、贅沢で無くても皆でテーブルを囲んで食事が出来る。
これが一番の幸せであると思います。
人それぞれ幸せの価値観は違いますが、家族が第一だと思うのですが、そんな考えも今の日本では無用になっているのでしょうか。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | 私の思うこと

2007年04月11日

奄美移住その後

今日も一日病院の中(^^;)
ホント病院の中って、そこに居るだけで疲れてしまいますね。
娘の方は食欲旺盛で、もうすっかり元気です。
もう少しの辛抱ですね。

さて、昨日のことなんですが、病院の中で、そして病院から戻ってきてからも、私はテレビを見ていました。
昨年の9月に放送された、番組の続編があったからです。
その番組とは、岩手県から奄美大島に移住した、大家族のドキュメンタリーです。

四男四女を一人で子育てしているお父さん。
「あれからどうなったのだろう?」と、私も少し気になっていました。
前回の放送では、岩手県から奄美大島に移住、そして島での生活のスタートまでを放送していました。
今回は島での生活を中心に、長女の高校受験までを放送していました。
すっかり島での生活に慣れてきているようですね。

初めて迎える島での正月に、初めて食べる三献(さんごん)が紹介されていました。
奄美の正月はこの三献を食べるのが、昔からの習わしで、私もずっと食べていました。
島での習慣や行事がいろいろと紹介され、見ていてとても懐かしくなりました。

最終的に長女は進学する高校を、大島高校から奄美高校へと変え、最後は無事合格していました。
名瀬には3つの高校があり、「だいこう」と呼ばれる大島高校、「あまこう」と呼ばれる奄美高校、そして私の母校の「こうぎょう」と呼ばれる大島工業高校です。
長女と友達が進学校のことで話していて、この「だいこう」「あまこう」という呼び方がとても懐かしく思いました。

島での生活は完全な共同生活です。
特にこの家族が移住した大和村等は、村全体が家族のような感じで、皆で助け合って生きている感じです。
人付き合いは大変ですが、逆に困った時や大変な時は、皆助け合います。
そんな環境の中で、子供たちは人を思いやる心を養って育っていくのでしょう。
これからも、この家族の生活を楽しみにしていきたいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年04月10日

淋しいお兄ちゃん

今日も朝から病院へ。
娘は私が病室に入ってくると、ニコッと笑顔で迎えてくれました。
日に日に体調が良くなっている感じの娘。
ちょうど主治医の先生が、嫁さんに状況を説明していたようで、採血の結果もかなり良くなってきているようです。
このままの調子でいけば、今週末か来週頭には退院できそうとのことでした。

体調が良くなってきてからは、娘の食欲も旺盛で、出された食事は全て食べきり、その後にパンを食べるくらいです(笑)
良く食べ良く寝て、一人で遊ぶ事も多くなってきました。

今日はお昼から3時間ほど、院内の保育士の方に娘を見ていただけることになっていて、その時間だけ家に戻り、集中して仕事をしました。
お陰様で幾つか仕事をこなす事ができました。
しかし娘の方はやはり慣れないため、ずっと泣き続けていたようで、私が戻る30分前に疲れきって寝てしまったようです。

「これは夜まで寝てるかな」と思い、ゆっくりとテレビでも・・・・と、テレビを見始めて数分。
突然目を覚まし、私と目が合うとニコ〜っと笑って寄ってきます(^^;)
結局寝る事なく、そのまま夕食をまたもや完食しました。

夜になって嫁さんが交代でやってきましたが、いつも息子が中に入れないため、娘を病棟の入り口まで連れていき、息子と少しの間だけ合わせています。
今日も息子は入り口で待っていました。娘を連れて息子のところへ向かいましたが、息子を見つけるなり娘が満面の笑みで手を振り始めました。
まるで「おにいちゃ〜ん」と言っているかのような表情で、お兄ちゃんに手を振っています。
これには息子も大喜びでした。

家族との時間が一番少ないのは息子ですので、一番息子が寂しがっていると思います。
現に最近の口癖は「Mちゃん早く帰ってこないかな」です。
毎晩毎朝、私と二人で過ごしているのですから、当然淋しいですよね。
お母さんとの時間は、夕方に仕事を終えて迎えに来てから、私と交代で病院に来るまでの2時間ほど、娘とは病棟の前でほんの数分ですからね。

私も日中付添で夜に仕事の毎日ですが、息子の淋しさに比べれば大したことでは無いと思います。
淋しい思いをしている息子のためにも、一日も早い退院が望まれますが、とにかくしっかり体調整えてから退院したいですね。
あともう少し、家族皆で頑張りましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年04月09日

父の命日だったのですが

今日は朝から一日、娘の付添で病院の中でした。
病院の中って病人でなくても疲れてしまいますね(^^;)
少しでも仕事しようと思って、PowerBook持ち込んでみましたが、娘がそれを触ろうと必死で起きている間は見せないことにしました(笑)

午後から寝てくれたので仕事をしようと思いましたが、今度は私が頭痛で仕事どころではなくなってしまいました。
鎮痛剤を飲んで、娘と一緒に寝たら少しマシになり、夕方近くになってようやく落ち着いたので、そこから少しだけ仕事しました。
娘も午後の間、ず〜っと寝ていて、起きてきたら気分スッキリでかなり御機嫌でした。

今日は私の父の命日でもあったのですが、こんな状態で何か出来るわけもなく、ただただ「命日だなぁ〜」って思うだけでした。
先日来ていた母も無事帰路についたようですが、今回の騒動でかなり気分的に落ち込んだようで、さらに島にいる姉が熱を出してしまい、迎えに来てもらえなかったようで、さらに落ち込んでしまったようです。
歳も歳ですからね、一人では淋しいのだろうと思います。
こんな時はやはり離れているのは辛いものがありますね。

電話で娘の回復ぶりを伝えると、少し安心したようですが、やはり病室で20〜30分程度の面会では満足できませんよね。
また退院したら写真やビデオを撮って、送るようにしたいと思います。

今年に入ってから本当に忙しくて、ついつい家族のことや親のことは後回しにしてきた感があります。
仕事が忙しいのは嬉しいことですし、あり難いことですが、うまいこと時間を使って仕事と家族の両立をしていかないとダメですね。
フリーで仕事をしている以上、自分の時間の使い方次第で効率も大きく変わってきます。

明日も一日付添ですが、明日は病院専属の保育士さんが、3時間ほど見ていただくことになっています。
その時間に一度家に戻って、集中して仕事に取り掛かりたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年04月08日

桜満開

昨日の雨もすっかり上がり、今日は朝から良いお天気でした。
天気も良いし今日は絶好のお花見日和。
我が家も本当はお花見の予定でしたが、娘が入院してしまったために、結局ダメになってしまいました。

しかし、少しでもお花見気分を・・・・と思い、お弁当を用意して病院へと向かいました。
娘の付添をしている嫁さんとバトンタッチして、嫁さんと息子で病院の近くの公園に行ってもらいました。
桜も咲いてちょうど見頃でしたので、ちょっとしたお花見気分になったようです。

娘の方は、今日はちょっと御機嫌斜めのようで、かなり愚図っていました。
その後再びバトンタッチして、私と息子は一旦家に帰り、夕方になって再度病院へと行きました。
もう一度嫁さんとバトンタッチして、嫁さんは家でシャワー浴びたり、洗濯したりして戻ってきました。
娘の方は昼間にぐっすり寝て、夕飯も全部食べたので、すっかり機嫌が良くなったようで、私が家から持ってきた玩具で遊んだり、私とボールで遊んだりと終始笑顔でした。

明日からは日中は私が付添い、夜は嫁さんが付添うことになります。
しばらく大変ですが、何よりも子供のことですから、親が出来る事を精一杯頑張りたいと思います。
日頃元気で託児所に通っていることが、本当にあり難いことなんだなぁ〜ってつくづく思います。
一日も早く退院できることを願いながら、娘と頑張りたいと思います。

070408.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年04月07日

娘も車も元気に

娘の突然の入院から一夜明けて、今日も様子を見に病院に行きました。
昨日とは打って変わって顔色も良く、すっかり落ち着いたようです。
しばらく様子を見なくてはいけませんが、ひとまず安心しました。

故障していた車の方も直って戻ってきました。
修理代が痛い出費でしたが、車が無くなってしまったと思えば、まだ安いことだと思います。
何事も良い方向に考える事で、良い結果に向かってくれるものと思っています。
何かある時というのは、立て続けにあるもので、この1週間は本当にドタバタでした。
本当に何事も無い日というのが、とてもあり難い日なんだと、改めて思った次第です。

今日はシトシトと冷たい雨が降っていて、満開の桜も少し寒く切ないような雰囲気に見えました。
本当なら明日、家族でお弁当持ってお花見に行きたいと思っていたのですが、今回は無理なので、せめて写真だけでも撮れたら・・・と思っています。
お天気晴れてくれると嬉しいのですが。
満開の桜からパワーを貰って、気持ちを切り替えて頑張りたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年04月06日

突然の入院

今日は奄美の母親が家に来る予定でした。
日曜日に結婚式があり、それに出席するためにこちらまで来るのです。
今夜は私の家に泊る予定にしていました。

しかし昨日から娘が発熱しており、今日は朝から嫁さんが病院に連れていきました。
母が来るのは夕方なので、それまでに受診を済ませておけば大丈夫だと思っていたのですが、突如入院することになってしまいました。
尿検査の結果が思わしくないので、入院しながら検査することになったようです。

もちろん付添が必要なので、私か嫁さんが付き添わなくてはいけません。
結局嫁さんが付添うことになり、母も家での宿泊を取り止め、一緒に来ている親戚の人たちと別の場所に泊ることになりました。
孫(私の娘)との再会を楽しみにしていたのに、再会したのは病室の中になってしまいました。

昨年の11月に来た時には、ちょうど人見知りで、その時も抱っこすることすら出来なかったので、今回は抱っこできると思っていたところに、今回の入院です。
またもや抱っこ出来ずに帰ってしまうことになります。

娘の状態は様子を見てみないと分かりませんが、今は何もないことを祈るのみです。
尿路感染の疑いが強いようなので、点滴をしながら検査を続けるようです。
来週は嫁さんと私と交互に付添いしなくてはならないので、仕事もまともに出来ないかも知れません。
お仕事の方では御迷惑をおかけするかも知れませんが、子供の事が一番ですので、嫁さんが付添する時間帯に仕事は頑張りたいと思います。

一日も早く退院できるよう、家族皆で頑張っていきたいと思います。
娘も小さな身体で一生懸命頑張っていることだと思いますので。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年04月05日

プレゼント企画終了

楽天ショップで開催した「プレゼント企画」が終了しました。
本当にたくさんの応募を頂いて、感謝感謝です。
全部で1122件の応募がありました。
「100件応募があれば良い方かな」と思っていたので、本当にビックリの応募数です。
そんな中から2名の方を選ばなくてはいけないので、選ぶ方もちょっと辛いです。
本当はもっと沢山の方に当選できればいいのですが、予算もありませんので(^^;)
仕事の方が忙しくて、なかなかショップ運営の方に本腰が入れられませんが、少しずつ力を注いで運営の基盤を作っていきたいと思います。

今回の当選者発表は、明日、ショップページにて行いますので、応募された方は是非ご覧下さいね。
残念ながら当選されなかった方は、また次回のプレゼント企画をお楽しみ下さい。

私はあまり懸賞はしない方ですが、懸賞応募する人は本当に沢山の応募に出しているんでしょうね。
応募された方のコメントとか見ていたら、「応募慣れしているなぁ〜」と思えるコメントが沢山ありました。
1122件の応募に全て目を通し、その中からたった2人を選ばなくてはいけないので、アンケートへの回答・コメントと言うのはやはり重要になってきますね。
プレゼントする側も、本当に欲しい人に貰って頂きたいという思いがあるので、どうしてもコメントある方が有利です。

開催中は毎日届く応募に目を通すのが楽しみでした。
次のプレゼント企画が、いつ出来るか分かりませんが、また楽しんで開催できたらいいなと思います。
今回は本当に沢山の応募、誠にありがとうございました。
外れてしまった方々、本当にごめんなさいm(__)m
また次回もよろしくお願い致します。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | ショップ情報

2007年04月04日

こんなことってあるの?

とんでもない事が起きました(@@)

はぁ〜参りました(T_T)

何でこんな事が・・・(>.<)




今、思いっきりブルーです。
あっいや、文字がブルーじゃなくて、気持ちがブルーです。

何があったのかと言いますと、車が故障してしまいました。
エンジントラブルとかパンクとか、そんな事では無く、信じられない故障です。

ガソリンが漏れてしまうのです。
それもどばぁ〜〜〜〜〜〜っと。

何で漏れるのかと言いますと、ガソリンタンクに穴が開いてしまったのです。
何で穴が開いたのかと言うと、ガソリンタンクに物が凄い勢いでぶつかったからです。

詳しく説明しますと・・・・

今日は息子の英会話の日で、息子を英会話教室に送って行きました。
車でほんの1〜2分のところにある教室です。
車をUターンさせようと、ハンドルを切った瞬間、物凄い音がして何かが飛んでいきました。
良く見るとそれは側溝のフタ。鉄製の網のようになっている幅20cm長さ60cmほどのフタです。

車輪が乗っかった時に何らかの力が加わって、飛び出してしまったのでしょう。
ビックリして車を止めてフタを元の位置に戻しました。
そしてふと車を見ると、車の底部から物凄い勢いで水が流れ出ています。
“何で水が流れてるの?”と一瞬思いましたが、匂いですぐにガソリンと分かりました。

その瞬間私の頭の中はパニック状態に陥りました。
“何でガソリンが流れ出ているんだ???”
“いったい何が起きているんだ???”
“私はだれ???ここはどこ???”
そこまで酷くはありませんでしたが、しばらくぼう然として立ちすくんでいました。

しかし次の瞬間。
“このままではガス欠で動けなくなる”
そう思いつき、急いで車に乗り込み車を走らせました。
“何とか家まで持ってくれ”
そう願いながらアクセルを吹かせました。

何とか無事家までたどり着き、車を降りてみると、何故かガソリンは流れ出ていませんでした。
“全部流れ出てしまったのか?”
しかし、まだエンジンはかかります。まだ少しガソリンタンクに残っているのかも知れません。
とにかく何とか対策をしなくてはいけません。しかし私には何も出来ないので、修理に出すために電話を入れました。

明日、朝から修理工場まで持っていくことになりました。
しかし、エンジンがかかるのか?それにもし途中で止まってしまったら・・・・。
そんな不安があるので、明日もう一度電話して来てもらうように頼もうと思っています。
今まで車を運転していて、こんなトラブルは初めてです。
ガソリンタンクって、そんなにもろいもんなんですかね?
別に猛スピードで走っていた訳ではないのに、ちょっと当たっただけで穴が開いてしまうなんて。
まぁ、交通事故とか命に関わるようなことでは無かったのが救いですけど。
しかし修理代が怖い(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:14 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2007年04月03日

夜桜お花見

先日の日曜日にお花見をするつもりが、用事が重なったのと、桜の開花が今一つだった事で取りやめにしました。
しかし今週末まで桜が持つか分からないことと、家族揃って夜桜見物に行った事がない事から、急きょ本日夜桜を見に行く事にしました。

屋台が出ているので、屋台の食べ物で晩ご飯にすることにして、おにぎりだけは持っていく事にしました。
子供たちを迎えに行く前に、簡単におにぎりを握り、レジャーシート等を持って準備万端。
息子と娘を迎えに行き、後は嫁さんの帰りを待つのみとなりました。

ところが、今日は嫁さんの仕事も早めに終わり、家に帰る前にお迎えコールが入りました。
一応そのままお花見に行けるように準備をしてきたので、嫁さんを迎えてそのままお花見へと向かいました。
いつも花見シーズンには大勢の人で混み合う場所なので、駐車場も止められないかなと思ったのですが、時間がまだ早かったのか空いていました。

そしてお花見場所も場所選び放題で、好きな場所にレジャーシートを敷いて、屋台でたこ焼きや焼き鳥、焼きそば等買い込んで持ってきたおにぎりで、早速お花見開始です。
本当に久々の夜のお花見で、ライトアップされた桜を見ながら、屋台の味を楽しみました。
久々に夜桜のお花見でしたが、心配していた酔っ払いやケンカ等は無く、穏やかな夜桜見物をすることができました。

息子は食べるのもそこそこに、屋台のテキ屋が気になるようで、私におねだりを始めました。
結局的当てとくじ引きをやりましたが、どちらも粗品。
息子としては納得出来なかったようで、すねてしまいました。欲しい物が手に入ると思ったらしく、「もう一回やりたい」を連呼。
何度やってもきりが無いのでやらせませんでしたが、あまりにしつこいので最後には私も叱り飛ばしてしまいました。
最初の約束は「一回だけ」と決めていたので、絶対にやらせませんでした。

夜はまだ冷えるので、そろそろ帰ろうということになりました。
叱られて後からトボトボとついてくる息子。
嫁さんが寒くて「温かい物食べたい」ということで、ラーメンを食べに行く事にしました。
息子もちゃんと食べていなかったので、まだお腹が空いていたようで、ラーメンを食べて機嫌が直りました。

家族揃っての初めての夜桜でしたが、人も少なくのんびりと過ごせたお花見でした。
でも、やっぱり桜は昼見る方が綺麗ですね。

070403.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年04月02日

死の恐怖

今日は何やら煙っているな〜と思っていたら、やっぱり黄砂だったんですね。
そのせいか、妙に目がしょぼしょぼして咽がイガイガしていた一日でした。
明日も黄砂が舞うようです。花粉症の人には花粉と黄砂のダブルパンチでしょうね。
しっかり対策して下さいね。

さて、話しはいきなり変わりますが、皆さんは子供の頃に「死んだらどうなるんだろう?」って考えた事ありますか?
おそらく皆一度は考えて悩む事だと思います。
私も幾つだったか忘れましたが、「死ぬ」ということがとても不思議で考えていて怖くなったことを記憶しています。

子供の頃にいろんな事を分かり始め、学んでいく中で「何故人は死ぬのだろう?」という疑問にぶつかるのだと思うのですが、本日、息子もその疑問にぶつかったようです。
しかも突然に。

皆でお風呂に入ったのですが、息子は一番先にあがりました。
次に私があがったのですが、いつもお風呂上がりに着替えもせずにテレビを見ていることが多く、今日も同じように裸でいた息子。
「また着替えてない、早く着替えなさい!!」と私が叱ると、何故か不安そうにつぶやいています。
“何か変だな”と思いよくよく聞いてみると「死ぬなんて嫌だ、死にたくない。」と小声で泣き出しそうになっています。

一緒にお風呂に入っている時は、全くそんなことはありませんでした。
すぐに“おかしいな”と思ったので「どうした?何があった?」と聞きました。
すると「おじいちゃんが死んだ時の事を思い出した」と言うのです。
奄美のおじいちゃん、私の父が亡くなった時のことを思い出したようです。
3年前のことで息子が4歳の時のことですが、記憶に残っているようです。

「何で人は死ぬの?死んで焼かれるのなんて嫌だ。違う世界がいい。」
こんな事を言い始め、目には涙を浮かべています。
ここはしっかり話しておいた方がいいなと思ったので、息子の着替えもそっちのけで、話しを始めました。

父:人はいつかは死んでしまうもの。お父さんもお母さんも死ぬのは嫌だし、死にたくはないよ。

息子:でも、お父さんもお母さんも死んじゃうんでしょ。そんなの嫌だ。

父:そうだね。でもそれまでの間、まだまだ沢山沢山生きていくよ。Y(息子)くんやM(娘)ちゃんと、皆で楽しく生きていくよ。YくんやMちゃんが大きくなって大人になって、結婚して子供産まれたら、その子供を可愛がりたいから、いっぱいいっぱい生きるよ。

息子:どうして命は一つしかないの?死んじゃったら終わっちゃう。

父:一つしかないから大切にしなくてはいけないの。命がいっぱいあったら大切にできないでしょ。たった一つしかないから大切に生きる。大切に生きるために神様は一つの命しか与えないの。

息子:死んだら何も無くなるの?何も出来ないの?

父:それはお父さんにも誰にも分からない。でも死んでも魂は残るよ。

息子:魂って?

父:Yくんの心だよ。楽しい・嬉しい・悲しいって思う気持ち。だから身体は無くなっても気持ちは残るんだよ。

息子:おじいちゃんも魂は残ってるの?

父:そう、だからおじいちゃんはいつでもYくんのことを見守っているよ。だからYくんも、おじいちゃんに毎日あったことを「ありがとう」って伝えるんだよ。

こんな話しを約30分ほど、息子と話しました。
何も明確な答えは出していませんが、死ぬ事は怖いけど、それよりも一生懸命生きていくことが大事なんだということを、私なりに話しました。
息子がどれだけ理解したか分かりませんが、話しをしていく内に徐々に元気になり、恐怖心が抜けていったようです。

何故突然息子がこんな事を言い始めたのか。全く分かりません。
数分前まで一緒にお風呂に入っていたのに、突然「死の恐怖」を考えたのでしょうか?
もしかしたら奄美のおじいちゃんが来ていたのかも知れません。
突然おじいちゃんが亡くなった時のことを思い出したという事。
今月の9日には3回忌です。息子を通じて私に何か伝えたかったのでしょうか。

息子の突然の死に対する恐怖心。
本当に突然で私もビックリしましたが、お陰で命の大切さ、そして命は動物にもあるということも伝えることが出来ました。
さらに、食べ物を食べると言うことは、動植物の命を頂くという事。
だから食べる時には「命を頂きます」ということで、いただきます。
食べ終わったら、「美味しく頂きました。ありがとう」という意味で、ごちそうさま。という事を伝えることが出来ました。

毎日ご飯が食べれて、楽しく遊ぶ事が出来て勉強も出来る。
時々はおもちゃも買ってもらうことも出来る。
とっても幸せなことだよね。だから大切に生きようね。
息子とそう話してこの話しは終わりにしました。

私も嫁さんも、毎日忙しく働く毎日で、気がつけば不平不満を口にすることがあります。
今回息子に話しをすることで、逆に今の幸せを教えられた気がします。
何事も無く過ごせる日々。こんな親の元でも成長している息子と娘。
本当にありがたいことなんだと思います。
明日からも何事も無く、家族皆で生きていけますように。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2007年04月01日

気持ちも新たに

今日から4月です。そして今日は4/1エイプリルフールです。
だからといって何かウソを言ったかと言うと・・・・・エイプリルフールということすら忘れていた次第(笑)
皆さんは何かウソをつかれましたか?

私はウソをついたと言うよりは、約束を実行出来なかったというのが正しいかな。
本当はお弁当持って花見に行く予定でしたが、桜がまだ咲ききっていないことと、他の用事がいくつか入ってしまい、結局断念しました。

しかし来週末まで桜が持つか分かりませんので、お花見が出来るか微妙です。
ハラハラと桜が舞う下でのんびりとお弁当でも食べたかったのですが・・・・。
今度の日曜日まで桜がもってくれることと、お天気が晴れてくれることを祈りましょう。

後は夜桜見物にもいくか・・・・・ですが、あまり夜桜は好きではありません。
そもそも単なる宴会と化している夜桜の花見なので、花を見ているのではなくて、宴会をしているだけですからね。
若い頃は友人達とワイワイやりましたが、さすがに今はそんな気力はありません。
ただ、桜祭りで屋台とかも出るので、雰囲気を味わいに行くくらいならいいかなぁ〜とも思っていますが。
問題は見に行く暇があるかどうかです(笑)

桜の写真も撮りたいと思っているのですが、忙しくて撮る時間があるか微妙です。
写真撮るのって気持ちにゆとりがないと撮れないんですよね。
時間気にしながら撮っても、全然いい写真は撮れません。
「今日は一日写真を撮る日」くらいの感覚で撮らないと、いい写真って撮れない気がします。
な〜んて、写真に関しては全くの素人ですので、いい写真が撮れないただの言い訳です(笑)

4月になって桜も咲き始めて、本格的な春のスタートです。
この3ヶ月間、本当に慌ただしく過ぎて行きました。
しばらく忙しさは続きそうですが、気持ちも新たに頑張りたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記