2007年03月27日

アイドルの最後

現在謹慎中のモーニング娘。の加護亜依さんが、再度未成年者喫煙発覚で所属事務所を解雇されてしまいました。
なんででしょうね。やっぱり止められないのでしょうかね煙草って。
たった1本の煙草で、自分の人生を狂わせてしまったのですから、本当に残念なことです。

厳しい意見かも知れませんが、モーニング娘。も、一時期のような人気は無いと思うので、仮に復帰したとしても元の人気を取り戻す事は難しいでしょう。
このまま引退するのか、それとも本当に芸能活動をしたいのなら、自分の努力で力をつけて輝いていくしかありません。

私は昔からアイドルというものがあまり好きではありませんでした。
単に「可愛いから」というだけでもてはやされ、歌も下手、トークも下手、何も才能が無くても人気がある。
しかし、数年もすれば次のアイドルが出てきて、気がつけばブラウン管からも記憶からも消えている。
結局、ファッションと同じで、飽きたら捨てられる運命にあるのかも知れません。
そう考えると、アイドルという存在は儚いものなんだと思います。

本当に芸能界に入りたくて努力してきた人なら、自分の能力、自分の技量・器というものを分かっています。
そしてどの道を進みたいのか、また進むべきなのか、常に考えながら活動をしていると思います。
しかしアイドルにはそんなことを考える必要はありません。事務所の言われるままに仕事をして、人気が無くなったら消えていく運命です。
その中で力をつけて自分の道を見つけ、生き延びてきた人たちが今も頑張っている人たちです。

加護亜依さんがこれから先、どのような道を選ぶのか。
そのまま引退か、それとも頑張って自分で努力して活動するのか。
活動を続けるとなると、それはもうイバラの道だと思います。
しかし本当に好きなことなら、イバラの道も苦労ではありません。
これをバネに頑張れたなら、本当の芸能人になれるのではないでしょうか。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと