2007年03月13日

見事な胴体着陸

お昼のニュースを見てビックリしました。
飛行機の前輪が出なくて胴体着陸をしていたんですね。
この飛行機に乗っていた人は、さぞかし生きた心地がしなかったでしょう。
しかし大事に至らず本当に良かったです。

この飛行機は「ボンバルディア機DHC8−400型」は、今までも様々なトラブルがある飛行機のようです。
今回も大事には至りませんでしたが、一歩間違えれば大惨事になりかねません。
機長の冷静な判断と操縦技術、そして天候に恵まれたことなどが結果を良い方向へと、導いてくれたのだと思います。

ニュースで胴体着陸する映像が流れていましたが、胴体着陸したとは思えないくらい、静かに着陸していました。
普通胴体着陸すると、火花が散ったりして異様な雰囲気なのですが、普通の着陸と見間違えるくらい見事に着陸していましたね。
飛行機のサイズが小さいこともあったと思いますが、機長の冷静な姿勢と、操縦の技術の高さが、この胴体着陸を成功に導きました。

しかし、トラブルの多い飛行機が、明日以降も空を飛ぶ訳で、今回のような事故がまた起きる可能性はある訳です。
整備不良に因るトラブルであれば、整備システムを強化することで対応できますが、機体本体の元々のトラブル、いわゆる初期不良ではどうしようもありません。

家電やパソコン等、製品によっては当たり外れがあって、一度も故障せずに買い替えるまで使い切る場合や、逆に買ってすぐに故障して、その後何度も故障する場合もあります。
家電やパソコンの場合は、よほどのことが無い限り、人の命を奪うことはありませんが、飛行機の場合はそうはいきません。

問題の多い型の飛行機は、早急にメーカーの方で対応してほしいですよね。
でも、テレビで言っていましたが、このメーカー海外のメーカーで、この大きさのクラスの飛行機メーカーが少なく、ほぼ独占状態にあるらしい。
やっぱり競争相手がいないと、メーカーって怠慢になるのかも知れませんね。

明日以降も飛行機は飛び続ける訳で、とにかくトラブルが無い事を祈るばかりですが、この飛行機メーカーにも、航空会社ならびに政府からも何らかのアクションを起こして欲しいですね。
何しろ多くの人の命を乗せて飛ぶ物なんですから、それだけ責任も大きいのです。
何事も無くて良かった、だけで済まさないでほしいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記