2007年03月08日

変わりゆくネットの世界

ネットを使っていて最近思うことがある。
ネットの使い方・使われ方が変わってきていると思うこと。
私自身の使い方もそうですが、自分のサイトを運営していてもそれは感じることです。

私がサイトをオープンした頃は、ホームページを持っていることが一つのステイタスみたいな感じでした。
そしてその中で掲示板を設け、そこに来る人たちとコミュニケーションをとったり、作品の感想を頂いたりする。
そんな使い方・使われ方がメインでした。

しかし、ここ2〜3年の間にネットの世界も大きく変わってきています。
最も大きな影響がブログとSNSでしょう。
ブログは誰でも簡単に自分のサイトを設けることができます。
今まではHTMLの知識や、有る程度勉強をしないと出来なかったことが、ブログを使うことで誰でも、しかも無料で情報を発信することが可能になりました。

私も自分のサイトに設けていたDiaryを、そのままブログとして移行しました。
それがこの「islandのつぶやき」です。
星の数ほどあるブログの一つですが、私にとっては日頃の出来事や、思ったことを綴る「つぶやき帳」です(笑)
ブログが普及したことで、個人が様々な情報や思いを発信する環境が整ったことになります。
良い意味でも悪い意味でも、誰でもが自由に発言することが出来るということですね。

もう一つ大きくネットの使われ方が変わったのが、SNS(ソーシャルネット・ワーキングサービス)です。
これは今までの開かれたネットの世界に、有る程度の仕切りを作ると考えたらいいでしょうか。
自分のサイトに設けた掲示板は、基本的に誰でもが自由に閲覧・書き込みができます。
しかしSNSはそこに登録をした人しか使うことができません。
最も有名なのが「mixi(ミクシィ)」ですね。私も登録していますけど。

mixiも、最初は小さな集まりの場だったのが、どんどん人が増えて今では物凄い数の登録人数となりました。
ここまで膨れ上がると、正直SNSの意味合い無いのではないかとさえ思えます(笑)

私自身、以前のようにネットでいろんな人と、コミュニケーションをとるのが少なくなってきています。
時間的な余裕が無いのも一つですが、やはりSNSの存在が大きい気もしますね。
同じmixiのマイミクシィ(友達同士)なら、お互い書いた日記のタイトル等が表示されます。
その日記を読むだけで、何となく相手のことを分かったような気持ちになってしまいます。
もちろん、その日記にコメントすることもありますが、以前よりも少なくなっていますね。

インターネットの世界が、情報発信の場、コミュニケーションの場となっているのは事実で、私もその中で作品の発表をしたり、コミュニケーションをとったりしています。
でも、サイトをオープンした数年前の頃に比べると、やはりワクワク感が無くなっているのも事実ですね。
それだけインターネットが当たり前の物になって、生活の一部として取り込まれているという事なのかも知れません。

これから益々変化していくインターネットの世界。
私の場合、仕事で使う割合が高いので、インターネットは無くてはならないものとなっています。
私も知らない物がいっぱいあるので、まだまだ広がっていくのだと思いますが、自分の生活の中の一部として、楽しく使っていきたいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記