2007年02月28日

髪の毛元気ですか?

このつぶやきを読んで下さっている方って、男性・女性どちらが多いのかな?
まぁ全体数が少ないので、数えるくらいしかいないとは思うのですが(^^;)
私と同じ男性の方は、本当に数える程度でしょうね(笑)

そんな数える程の男性の方々にお聞きしたいのですが・・・・・・・・

髪の毛元気ですか?

突然でスミマセンm(__)m
私も気になる1人でして、ず〜っと以前、もう20代後半から気になって育毛剤を使っておりました。
正直「これはヤバイな」と思える時期もあり、「このまま抜けてしまうのか」と悩んだ時期もありました。

髪の毛ってその時の生活習慣やストレス、食生活等に大きく左右されるので、有る程度正せば回復する場合もあります。
でもどうしようもないこともあるんですよね。
すなわち「遺伝」。必ずしもそうとは言い切れませんが、親父が髪の毛薄いと息子も薄いという可能性は高い気がします。

私の場合、親父はさほど薄くなかったのですが、おじさんが薄いのです。
そして私は幼少の頃から、おじさんの息子に間違われるほど、おじさんソックリだったのです。
一度、おじさんの若い頃の写真を見て、一瞬「なんで自分が写っているのだろう!?」って、自分でもビックリしたほど似ているのです。
ですから若い頃から「将来自分もおじさんのようになる可能性が高い」という、危機管理が出来ていたわけです(笑)

20代後半からず〜〜〜っと、育毛剤を使っていましたが、この半年間ほど使っていません。
「もう、諦めたのかって」
いえいえ(笑)、その必要性を今のところ感じていないのです。

実は半年ほど前からシャンプーを変えてみたのですが、これが実に良くて、試しに育毛剤をやめてみたのですが、今のところ全然影響無いのです。
髪質も以前と比べてかなりよくなりました。
以前は髪の毛の腰が弱く、何か油っぽい感じがしていましたが、シャンプーを変えてからは、髪の毛がとても元気になった気がします。
今までベタッとしていた髪の毛が、さらさらでそれでいてしっかりしています。

「また〜そんな事言って、実は商品を売りたいだけじゃないの?」って思う人もいるかも知れません。
なのであえて商品名は出しません(笑)
でも、本当に髪の毛が元気になったので、今ではそのシャンプー以外は使っていません。

このシャンプー、ネットで知ってネットで購入しています。
ですからスーパー等では買えないんですよね。それに値段も普通のシャンプーとは、比べ物にならないほど高いです。
何でも「インディアンにはハゲがいない」というところに着目して、インディアンのことを調べ尽くして出来た商品らしいです。
ですから、購入すると「髪の毛の手入れ」なども一緒に届きます。
要はシャンプーもいいけど、自分自身もちゃんと髪の毛を労りなさいということですね。

個人差があるので、絶対にそのシャンプーが良いとは言いきれませんが、私は今のところ合っています。
植毛技術等も進歩して、一度抜けても何とかなる時代ですが、お金かかるし何よりも自分の髪を大切にしたいですからね。
髪の毛、いつまでも元気でいて下さい(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年02月27日

娘のマイブーム

最近子供ネタが多いのですが・・・・・・本日も娘ネタで(^^;)

日増しに成長しているのが分かる最近の娘。
ハイハイもかなりスピードアップし、つかまり立ちもしっかりしてきました。
ここ数日はつかまり立ちどころか、何も支えに頼らず自分の足で立ち上がるようになりました。
大きく足を広げ仁王立ちし、バランスをとりながらしっかり立っています。

私たちがビックリして〜皆で「凄〜い!!」と喜んで拍手をすると、娘も喜んで拍手をします。
その時にふらつきながらもしっかりバランスをとっているから、本当に子供の成長って凄いですね。

最近の娘のマイブームは、小さなボタンを押したり、小さな引き出しを出し入れしたりすることです。
グッピーの水槽の下に、小さな引き出しがあり、その中にグッピー関連のグッズを入れているのですが、どうもこれが気になるらしく、しきりに引き出しを引っ張っては中を物色します。
中の物を一つ一つ引っ張り出したかと思うと、今度は一つ一つ戻してゆきます。
何かを出してまた戻すという行為が楽しいのでしょうね。

もう一つのマイブームの小さなボタンは、先日つぶやいたマウスにも関連しています。
マウスにもスクロール用の小さなボタンがあり、これをクリクリして遊ぶのですが、他にも今まで押せなかった玩具のボタンも押せるようになり、それが嬉しくて仕方ないようです。
テレビの主電源のスイッチも覚えてたようで、点いているテレビの主電源を切ります(^^;)
しかしテレビが消えるのが怖いのか、消した後慌ててハイハイしてその場を逃れ、私たちの元へと逃げてきます(笑)
でも、また点けるとやっぱり消しにいきます。怖いもの見たさなんでしょうね。

どんどん物事を真似てくるようになり、テレビのリモコンを必死に手を伸ばしテレビに向けています。
どうやら私たちが、リモコンでチャンネルを変えるのを真似ているようです(笑)
様々な物に興味を示し始め、いろんなことをするようになってきました。
息子が小さい時と同様に、いやそれ以上に様々な珍事件を引き起こしてくれるかも知れません。
今のうちから覚悟しておきましょう(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年02月26日

新作「春風桜歌(はるかぜおうか)」

ギリギリで今月も2作目出来ました(^^;)
前回同様、桜がテーマですが、前回とはかなりイメージが違います。
と言うか、前回が今までとイメージ違ってましたから、今回はいつも通りですね。

桜の咲く季節って、何もかもが桜色に染まるような気がして、今回のイラストを描いてみました。
澄みきった青空をバックに咲く桜も綺麗なのですが、今回は同色系でまとめてみました。
桜の美しくも一瞬にして散る儚さみたいなものを、表現できないかなぁ〜と思い、今回の配色になりました。

桜ってどうしてこんなにも美しくて儚いイメージがするのでしょうね。
一気に咲いて一気に散っていくからなのでしょうか。
それに加えて、卒業&入学の時季に重なり、人の別れと出会い、新たなる旅立ちの心境が、桜を一層特別なイメージにするのでしょうか。

私たち人間が愛でる桜は、動物達にとってはどのように映るのでしょうね。
意外にも人間以上に桜を楽しんでいるかも知れません。
今年は暖冬の影響で、春の訪れが早そうですが、桜の開花はどうなんでしょうか?
今年も美しい桜、楽しみたいですね。

070226.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新作のお知らせ

2007年02月25日

メガマック食べた

今日は日曜日。
午前中は掃除をして、午後から買い物に行く予定があったので、お昼過ぎに出発。
まずはジョーシンへ。
プリンターのインク等の必需品を買い、息子は案の定玩具売場に釘付け。
自分のお小遣いで、プラレールの新幹線を買いました。

次なる目的地へ移動する前に、お腹が空いてきたので、近くのマクドナルドに入りました。
久々のマクドナルドで、注文を何にしようか迷っていると、嫁さんが「メガマック食べてみる?」と聞いてきた。
期間限定らしく、写真で見るからにかなりヘビー(^^;)
まぁしかし食べれないことはないだろうと、メガマックセットを注文しました。
息子はいつも通りハッピーセット。こちらは完全に着いてくる玩具がねらい。

時間が無いため車を走らせながら食べることにしました。
しかし私のはメガマック。予想していたよりは小振りでしたが、やはり普通のバーガーと比べると、ずっしりと重いです。
片手にメガマックを持ち、かぶりつきながら車を走らせ、信号待ちでコーラを飲む。

普通のバーガーなら、パッと食べて他のポテト等で腹八分になるのですが、さすがにメガマックはそれだけで腹が膨れました。
これは子供や女性にとってはかなりヘビーでしょうね。
でも、男性や若い人たちにとっては、食べごたえがあっていいのではないでしょうか。

最後のポテトやチキンナゲットまで食べたら、さすがに胸焼けしそうになりました(^^;)
たまに食べるとマクドナルドも美味しいですね。
息子もしっかり食べ切っていました。娘は「自分にも食べさせろ〜」と言わんばかりに「あ〜〜う〜〜〜」と、おしゃべりしていました。
娘も食べるようになると、マクドナルドに行く機会増えるのでしょうね。

メガマックは腹いっぱいになったけど、「美味しかった?」って聞かれると「普通」でしょうか(笑)
次は違う物食べると思います。その頃には期間限定なので、もう終わってると思うけど(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年02月24日

友人の変わり家

う〜ん、ちょっと飲み過ぎたかな?
実はずるつぶやきをしています。え!?いつものことだろうって。ばれたか(^^;)
久々に遅くまで飲んでいて、完全に日付変更線を越えてしまいました。

本当は先月同級生と飲みに行った、大阪の奄美郷土料理の店に行く予定だったのですが、数日前に娘がインフルエンザにかかったため、キャンセルしてしまいました。
こちらの方は、また日を改めて飲みに行きたいと思います。

で、今回は、たまたま友人から「家で鍋するので飲みに来ない?」とメールが来たのです。
いつもなら、我が家に飲みに来る友人なのですが、向こうから「飲みに来ない?」と誘いがあるのはとても珍しい。
まだ独身なのもあり、家で食事をするのもままならない友人なのです(^^;)
「ちゃんと鍋の準備出来てるのだろうか?」と、嫁さんと話しながらも行ってみるとちゃんと準備できていました。

友人の家は一軒家なのですが、独身なので使うスペースは限られています。
そしてこの友人、結構変わり者でして、家の中は凄い状態になっています(笑)
私も久々に中に入ったのですが、またさらにレベルアップしたのではないでしょうか(^^;)
部屋の中にはハードロック・ヘビメタ系のCDやDVDがずらりと並べられ、まるでレンタルCD屋状態。
そしてその上には、所狭しとフィギヤが並べられています。(フィギアと言っても女の子ではありません)
さらに壁にはハードロック・ヘビメタのポスターがびっしり。

私はある程度知っているので、特に驚きませんが、息子の友達の家族も来ていて、かなりビックリしていました。
以前から「こいつの家は凄い状態で・・・」と話していたのですが、想像以上だったようです(笑)

息子もとても物珍しいのか、いろんな玩具(フィギア等)を触ったり、ポスターをじっと見つめたりしていました。
特にヘビメタ系のポスターって、ホラー映画に出てきそうな物が多く、IRON MAIDEN(アイアンメイデン)というグループのポスターをじぃ〜っと眺めていました。
息子にとっては「何でこんな怖いものを貼ってあるのだろう?」って思ったのでしょうね。

日付変更線も越えて、気がつけばかなりいい時間になっていました。
そろそろ帰ろうということで、おひらきにして車に乗り込みました。
私は飲んだので嫁さんが運転手です。

私の側に乗った息子がぽろりと私に言いました。
「○○おっちゃん、よくあんな怖いところに独りで住めるなぁ〜」
思わず笑ってしまいました。大人から見たら「変わった奴」みたいに思いますが、子供からすると純粋に「何で?」って思うのでしょうね。
でも、楽しかったようで、「また行きたい?」て聞くと「うん」と答えました(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年02月23日

新作「桜音水月(さくらねみづき)」

毎月2作品の目標でイラストを描いていますが、今月もようやく1作品できた。
しかし今月は28日までしかない。あと1作品頑張って描かなきゃ(^^;)

毎回、季節を先取りしたイラストを描いていますので、今回は桜をテーマにしたイラストです。
桜をテーマにしたイラストは、過去にも3〜4点ありますが、今回はイメージを変えてみようと思いました。
日本画風にしてみたいと思ったのです。

そこでまずは構図から考えました。
今まで描いてきた桜のイラストは、満開の桜が咲き誇っているイメージの物がほとんどでした。
しかし今回は構図をシンプルにして、桜の一部分をクローズアップしたイメージで描きました。
水面に映る月と、舞い散る桜の花びらで静寂な時間を表現し、色合いも渋めの色で配色しました。

今までもデジタルでイラストを描くと、どうしても冷たいイメージや固いイメージがするので、何とかアナログっぽく表現することを考えてきました。
いろいろと試行錯誤していますが、最近よく使うのが「ぼかし」です。
今までもぼかしは散々使っていますが、使い方が多少違います。

今までは写真のように、背景をぼかすイメージでぼかしを使っていましたが、最近ぼかしを使うのは、霧のようなイメージで手前に薄いぼかしを入れるのです。
これをすることにより、デジタル特有の平面的な色ベタに、ムラが出来てまるでエアーブラシのような雰囲気が出来ます。

まだまだいろんな表現方法があると思うので、デジタルでどれだけのことが表現できるか、試行錯誤を続けたいと思います。
もちろん、まだまだ描いていない動物と、まだまだ描いていない風景がありますので、今後もアニマルシリーズを描き続けたいと思います。

070223.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新作のお知らせ

2007年02月22日

マウス好きな娘

二日前にインフルエンザと診断された娘。
昨日は私が一日様子を見て、今日は嫁さんが一日様子を見ていました。
インフルエンザと言われたけど・・・・・・。

めっちゃ元気です(^^;)

熱も翌日にはすっかり下がり、その後もいたって元気で、間違って託児所に連れていきそうなくらいです(笑)
明日は再度受診して、問題ないようであれば来週から託児所復帰です。

そろそろ10ヶ月になる娘ですが、ハイハイもかなり上達して、つかまり立ちもしっかりと出来るようになりました。
手先もかなり器用になり、今までできなかった動作が出来るようになりました。
小さな引き出しを引っ張り出してみたり、小さな物を指先で掴み、おもむろに口にいれてみたり(^^;)
とにかく目が離せません。

そんな娘が今、とっても気になるものがあります。
それは、私が使っているMacのマウス。
私が仕事をしているのを見て、マウスを動かす動作を覚えたのでしょうか。
真似をしてマウスを触っては動かします。
しかし本当はマウスの下で光っている、赤いLEDの光が気になるようです。

時々抱っこしながらMacを触っていると、私の手を払いのけて、自分がマウスを触ろうとします。
私も娘の手を払いのけるのですが、娘も負けじと払いのけます。
二人で交互にマウスを取り合っていて、一向に操作が出来ないので、結局は私が根負けしてマウスを触らせるのですが、やっぱりマウスの裏側を見て喜んでいます(^^;)

時にはキーボードに手を出して、そこら中キーを押しまくります。
こんな時って、今まで見たこともないような、ウインドウが出てきたり「え?何やったの?」って思うような操作をしていたり、一瞬パニックになります。
先日もiMacのキーボードを押しまくっていて、気がつくとデスクトップの画面が拡大されていました。
しかもマウスの動きに合わせて、デスクトップ画面が動くのです。
今までデスクトップ画面が動いているとことなんて、見たことなかったので、凄く不思議な感じでした。
困ったのが元に戻す方法が分からないこと(^^;)
結局再起動して事無きを得ましたが、本当に何をしでかすか分かりません。

これから先、ますます行動範囲と好奇心が広まって、目が離せないようになってくるでしょうね。
大切な物は、娘の手の届かないところに移動しておかなくてはいけません。
マウスは移動のしようがありませんけどね(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年02月21日

シャットダウンデー

「コンピュータなしで1日を過ごせますか?」
こう訊ねられたらあなたならどう答えますか?
私はキッパリ「No」と答えます。

3月24日を「シャットダウンデー」と名づけ、可能かどうかの「実験」をしてみよう、との試みが行われているらしく、公式サイトまで立上げて3月24日に向けてカウントダウンをしている。
そのサイトでは「Yes」か「No」か、回答をすることができるようで、現在のところYesが優勢のようです。

070220.jpg

冒頭で私は「No」と答えると言いましたが、それはあくまでも仕事で一日いっぱいコンピュータを使用するからです。
もし、仕事をしない条件で同じ問なら「Yes」と答えるでしょう。
現に休みの日とかは、外出したりすることが多く、コンピュータを使うのは夜くらいです。
さらに奄美や北海道に帰省する時などは、殆ど使うことはありません。
PowerBookを持って行くので、時々使いますが、それもデジカメの写真を取り込むために使うためです。

しかし、これは非日常的な時のことで、日頃はやはりコンピュータが無くては仕事にならないし、メールも使えないので困りますね。
シャットダウンデーの3月24日は日本では土曜日、このサイトがアメリカだとすると、アメリカが土曜日の場合は日本では日曜日。
会社も休みですし、私のように休みに外出をする人が多いと、自然とコンピュータ使わない人は増えますよね。
意識して使わないようにすれば、このシャットダウンデーは成功すると思います。

でも、現代の世の中、コンピュータ無しではもう考えられない世の中になっています。
個人的に使わなくても、至る所でコンピュータは活躍しています。
今世界中のコンピュータが使えなくなったら、とんでもないトラブルが起こるでしょうね。
あまりコンピュータに頼り過ぎるのも良くないので、使う時と使わない時と、しっかり決めて使うようにしましょう。
私が一番注意しなくてはいけないのですけどね(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年02月20日

健康に感謝して・・・

え????2月ももう20日、今月もあと1週間しかないじゃないですか(T_T)
何でこんなに早いのだ。このところ一日が本当に早い、さらに1週間が凄く早い。
「え〜あれからもう1週間になるの!?」ということが多い。

こうやってどんどん時のスピードが早くなっていくのでしょうね。
そして気がつけば一年が終わるのです。
そしてまたひとつ年をとる。ひぇ〜〜〜〜(笑)

しかし冗談抜きで、このところ本当に時間が早いです。
1週間が過ぎるのが早いのに、自分のやろうと思ってたことが全然進んでいなくて、気ばかりが焦ります。
仕事が忙しいこともあり、無我夢中で動いている感じですが、意外とこう言う時って後から振返ると効率悪かったりするんですよね。
でも、今はとにかく走るしか無いという感じです。

しかしこんな忙しい時に、娘がインフルエンザになってしまいました。
明日から託児所に行けません(T_T)
嫁さんも仕事休めないので、明日は私が一日見なくてはいけません。
どぉ〜〜〜〜ど〜するよ〜〜〜。ただでさえ仕事詰まっているというのに(泣)
どうも最近調子悪そうで、時々発熱していたのですが、その時でインフルエンザ発症していたのかも知れません。

まだ症状が軽いのがすくいですが、解熱しても2日間は様子を見て、その後受診してOKなら託児所に行けるらしい。
ということは・・・・・・・今週はOUTじゃん(爆)

明後日は嫁さんが休めそうなので、明日は何とか娘をあやしながら、少しでも仕事するしかないですね。
殆ど出来ないと思いますが、やれるだけやってみよう。

自分の健康ももちろん大事ですが、親にとっては子供の健康が一番あり難いですね。
一日精いっぱい仕事できるのも、子供が健康で託児所・学校に行ってくれているからです。
明日は日頃の健康に感謝して、娘と一日過ごしたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年02月19日

MacでWinの注意点

Intel iMacを導入した時に、一緒にParallels Desktop というアプリケーションも購入しました。
これはMacOSの中でWindowsを起動させるためのアプリケーションです。
Intel MacになってからAppleがBootCampというアプリケーションを発表し、それを使うとMacで起動するかWindowsで起動するか選べるようになりました。
しかし切り替える度に再起動しなくてはならず、どちらかでしか立上げることはできません。

当然と言えば当然なのですが、願わくばMacを使いながら、すぐにWindowsにも切り替えられたら便利ですよね。
そこで出てきたのが、このParallels Desktopというアプリケーションです。
Macの中でWindowsを使えると言ったらいいでしょうか。いわゆるエミュレーションソフトなのですが、今までのソフトとは格段に使い勝手とパフォーマンスが向上しています。

先日WindowsXP Home Editionを購入し、早速インストールをしました。
完ぺきにMacの中でWindowsXPが動いています。
本当に便利ですね。私の場合、Windowsで何かをすることは無いのですが、Windows環境で確認をしなくてはならないことがあるので、その意味でも大変重宝します。

現にMacの環境では問題なく表示されているサイトが、Windowsで見るとレイアウトが崩れていたりします。
Macの場合、現在はSafariが標準ブラウザになっています。
WindowsはもちろんIEです。MacもIEは使えるのですが、バージョンが5.2でサポート終了になっていて、それ以上のバージョンはチェックしようがありません。

MacとWindowsの両方のOSを使えて、とても便利なんですが、反面困ったことがあります。
それはセキュリティの問題。
Windowsの世界ではウィルスが蔓延しています。Macでは殆ど皆無に近いウィルス問題ですが、Windowsを使うとなるとこれは避けては通れません。
最初はWindowsでメールはしないので、特に問題は無いと思っていましたが、サイトを閲覧するだけでもウィルス感染する可能性があるらしく、これは何か対策しなくてはいけません。

慌ててセキュリティソフトを探して回りましたが、Windowsで一番ベーシックなのってやっぱり「ウィルスバスター」か「ノートンのアンチウィルス」なんでしょうか?
ひとまずウィルスバスターの、60日間のトライアル版をダウンロードしてみました。
何もしないよりはちょっと安心ですからね(^^;)

Macは今のところウィルスとは無縁ですが、絶対に無いとは言い切れません。
シェアが低いのでウィルスを作る人間が、相手にしていないだけです。
もしMacのシェアが上がり、ユーザー数が増えたら、比例してウィルスも出回ると思います。
Windows程の数にはならないと思いますけどね。

とりあえず、Windowsはサイト表示確認用だけにとどめて、あまり使いたくないですね。
Windowsで何かするわけでもありませんから。
それに両方使ってみて、やっぱりMacの使いやすさが分かります。
Windowsしか使ったことのない人には、Macって未知のOSかもしれませんが、絶対にWindowsよりも直感で使えると思いますよ。
一度両方使って試してみましょう(^o^)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | Macintosh

2007年02月18日

兄弟のような従兄弟

今日は昼から、私の姉とその息子が遊びに来ていました。
大阪から来るのですが、私の息子と姉の息子が1歳違いなので、殆ど兄弟のように遊んでいます。
今日も来るなり、二人で遊び始めました。

大人はずっと話しをしていたり、テレビを見ていたりしていましたが、二人は大好きなプラレールで遊んだり、ボールの投げ合いをしたりと、家の中は突然賑やかになりました。
しかししばらくして、息子が私に「ねぇ〜おとうさん、DVD見ていい?」と聞いてきました。
先週借りたポケモンのDVDを見たいのでしょう。私がOKを出すと、二人は大喜びで2階へと上がっていきました。

それから1〜2時間ほどは、今までの賑やかさがまるでウソのように、シーンとしています。
おとなしくDVDを見ている証拠なのですが、あまりにも静かなのでちょっと部屋を覗いてみたのですが、二人で椅子に座ってMacの画面を見つめていました。

そしてDVDが終わると、再びプラレールやボール投げで元の賑やか状態に戻りました。
二人で遊んでいると本当に楽しいのでしょうね。
私の息子もずっと一人っ子で、ようやく産まれた下の子は女の子。
姉の息子も一人っ子で、お互いに兄弟みたいな感覚なのだと思います。
ず〜っと遊んでいても遊び足りないのか、なかなか帰りたがりません。
姉が「もう帰るよ」と言っても、「あとちょっと」を繰り返し。
最初は「6時になったら帰る」と約束していましたが、「6時30分になったら・・・」「7時になったら・・・」と、延びていきました。
結局帰ったのは7時過ぎ。それでも名残惜しそうに帰っていきました。

お互い男兄弟がいないので、本当に兄弟みたいな感覚で遊んでいます。
もっと近かったら頻繁に遊べるのですが、せいぜい月一くらいです。
「今度は泊まりがけでおいで」と誘ったのですが、果たしてどうなるか。
やんちゃ盛りの男の子二人。これからも兄弟みたいに育っていくのでしょうね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年02月17日

日本人になろう

ネットニュースで見かけた記事。
---------------------------
「日本は安全な国」と感じている国民は半数近くに上り、2年前より微増していることが、内閣府の「治安に関する世論調査」で分かった。
---------------------------
皆さんはどう思いますか?
そりゃ〜外国と比べれば、はるかに日本は安全な国だとは思います。
しかし、どう考えても治安は悪化の一途をたどっている気がするのですけどね。

私が子供の頃は、子供だけで一日中遊び回っていましたし、町中が家族みたいなものでした。
でも今、自分の子供が外に遊びに行ったりすると、「大丈夫かな」という不安がつきまといます。
現に学校からは「知らない人についていかない」「知らない人に声をかけられたら逃げる」などと、子供に危険を教え込むようなプリントが配られています。
不審者情報も時々あるようです。

私の住む田舎町でもそうなのですから、都会なんてもっとだと思います。
そんな状態で治安は回復しているとは、ちょっと信じ難いと思うのです。
確かに刑法犯件数は4年連続で減少しているらしいのですが、犯罪の性質も変わってきている気がします。
肉親や身内間での犯罪が急増していて、凶悪化している気がします。

子供たちに「知らない人に声をかけられたら逃げなさい」と教えなくてはいけない、そんな世の中でどこが治安回復なのでしょう?
それでも海外諸国と比べれば、まだ治安の良い国なのでしょうね。
しかし悪いところを見て「まだ良い方だ」と思うのではなく、「昔に比べてこんなに悪くなった」と、反省し直していくことが重要でしょう。

教育問題にしても少子化問題にしても、そしてこの治安にしても、日本はあまりにも本来の日本の考え方を捨ててきた気がします。
自由・効率・平等の名の元に、大切な日本人の心を捨ててきた気がするのです。

自由=勝って気まま。
効率=楽にする。
平等=尊敬の念の喪失。

自由は大切なことですが、それには責任も伴います。
子供や未成年に好き勝手させるのが自由ではありません。
効率化も間違った方向性のツケが、今経済界に押し寄せている気がします。
耐震偽装や不二家問題にしても、効率良くするのでは無く、いかに手を抜くかという考えのもとで起きた問題でしょう。
平等も何でもかんでも平等を訴えるのはどうかと思います。
男女平等と言われても、男性と女性は元々違うのです。
それに大人と子供、先生と生徒。それぞれ立場が違うのですから。

治安の話しからそれてしまいましたが、結局のところ日本人の心が失われてしまったために、治安も悪化した気がします。
それと地域社会の崩壊も大きな要因でしょうね。
私が子供の頃の、町全体が家族みたいな状態だと、その中で育つ子供は悪いことすると、親でなくても大人に叱り飛ばされました。
今そんなことしたら、逆に親が文句を言いかねない時代ですからね。

治安回復の鍵、それは日本人がいかに日本人になれるかでしょう。
私も育ってきた中で、どんどん日本人を捨ててきた世代だと思います。
日本人になれるよう、私も頑張らなくてはいけませんね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | 私の思うこと

2007年02月16日

DTPからWebまで

私の仕事は元々はグラフィックデザインです。
もともとは・・・・・というよりも、現在もメインはそうなのですが。
最近はグラフィックデザインの仕事に加えて、Webの仕事もやったりしています。
現在もホームページの制作を3件掛け持ちで進行中です(^^;)

印刷会社にいた頃はDTPがメインで、仕事はほぼ100%印刷物のデザインでした。
印刷会社なのですから当然と言えば当然ですね。
しかしフリーになってからは、DTPの仕事よりもWebやデジタルコンテンツの制作が増えてきています。
ペーパー媒体の仕事もあるのですが、最終的にオフセット印刷まで行わない仕事も多いのです。

そのため、印刷会社で仕事をしていた頃のような、DTPの知識が弱くなってきている気がします。
加えてDTPを取り巻く環境も、刻一刻と変化し、どんどん進歩していきます。
現在はillustratorのデータで入稿していますが、その内PDF入稿が標準となっていくのでしょうね。

DTPの知識に加えて、最近多いWeb関係の知識、さらにはムービーなどのデジタルコンテンツの知識と、本当に幅広い知識が必要になってきます。
グラフィックデザインがメインの仕事なので、それだけに集中してもいいのですが、なかなかそれだけの仕事って少ないのですよね。
私自身もいろいろと興味を持つ方で、仕事として出来ることならどんどん自分の知識として取り入れていきたいですし、グラフィックデザインだけにこだわるつもりもありません。

しかし先日もintel iMacを導入したように、日々進歩するハードウェア・ソフトウェアに対応するためにも、バージョンアップも必要なのも事実です。
これが本当に大変なんですよね。
メインで使っているillustratroもバージョンは10のままです。現在はCS2(バージョン12)で、今年中か来年にはCS3になると思います。

仕事の幅を広げる意味でも、バージョンアップは必要なんですが、使用しているアプリケーションの全てをバージョンアップすると、物凄い金額になります(^^;)
それだけ仕事が入って収入が増えるのならいいんですどね。
今でも仕事忙しい割には、収入少ないし(T_T)

とりあえず、現在使えるハード・ソフトを駆使して、自分の持っている能力で仕事するしかないです。
その能力が一番の問題ですよね。こればっかりはいくらお金があっても、自分のやる気と才能が問題ですからね。
お金も才能もありませんが、やる気だけはあるので、なんとか頑張っていきたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2007年02月15日

intel iMac導入

我が家に新しいMacがやって来ました。
それはiMac(intel17インチ)です。お金無いのに無理して買いました(TT)
どうしても仕事で使う必要せいがあったのと、嫁さんの使っていたiMacG4がず〜っと壊れたままで、嫁さんの使うMacが無かったのも理由です。

しかし一番の理由は、やはり仕事で使うということ。
どうしてもintel iMacが必要だったのです。
それは・・・・Windowsが使えるからなのです。
それならWindows買えばいいじゃない・・・ってことは言わないで下さいね。
我が家は昔からオールMac。Windows買っても何も使うことはありません。

今回はintel iMacでWindowsが動かすことが出来るので、無理してiMac買ったのです。
ようするにWindowsはおまけです。しかし仕事でWindowsで表示確認や動作確認を必要とするので、Windows環境も欲しかった訳です。
ただ動作確認のためだけに、Windowsマシン買うのは、あまりにも無駄です。
そこでintel iMacで、Windows環境も実現しながら、嫁さんのためにもなるということです。
おぉ〜なんて嫁さん思いの旦那なんだろう〜(誰も言ってくれないので自分で褒め称えよう:笑)

しかし肝心のWindowsOSがありません(笑)
iMac買うときに一緒に買えば良かったのですが、何せiMac買ったのはネット上のApple Storeです。
さすがにApple StoreにWindowsOSは売っていません。
仕方ないのでジョーシンに見に行きましたが、残念ながら在庫切れ。
そこでAmazonで注文しました。明後日には届くことでしょう。

それにしても、WindowsOSって高いですね。HomeEditionでも¥25,000ほどするんですね。
MacのOSXならだいたい¥14,800なのでビックリしました。
まぁその中にOfficeも入っているからなのでしょうが、それでも高い気がします。
Professional Editionだとさらに高いんですよね。

今日は新しいiMacでいろいろ試してみましたが、なかなか面白いです。
リモコンがついていて、Mac内の音楽・写真・ムービーをリモコンで操作して楽しめます。
この動きがまたMacらしくクールでいいですね。

そしてもう一つ面白いのが、標準でついている内蔵カメラ。
自分で写真を撮ることもでき、iChat AVを使えばビデオ会議なんかも出来るみたいです。
世界中のどこにていも、このiChat AVを使えばテレビ電話のようなことができるわけです。
しかし私はChatもしたことが無いので、今一つ使い方が分かりません。
嫁さんの妹が同じくiMacを使っているので、今度二人で試してみたいと思います。

他にもちょっと面白いソフトを見つけたのですが、これはまた触ってみて後日つぶやきたいと思います。
仕事に必要で買ったiMacですので、どんどん仕事こなして稼いでいかなくてはいけません。
新しいiMacのように、私もきびきびと動いていきたいと思います(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:59 | Comment(6) | TrackBack(0) | Macintosh

2007年02月14日

暖いバレンタインデー

今日はバレンタインデーでしたね。
皆さん、チョコは貰いましたか?またはあげましたか?
我が家は予告通り、スーパーの残りチョコを買いに行きました(笑)

しかし時間が遅かったせいか、あまり品数がなく、選ぶほどもありませんでした。
それでも幾つかチョコを買って帰ってきました。
晩ご飯の後に食べて、ちょっと食べ過ぎて胸焼け気味です(^^;)

それにしても今日は暖かったですね。春一番が吹いたようで、ついに春が来てしまいましたね。
例年なら「春が来た〜」って喜ぶのですが、今年は春が来てしまった・・・という感じです。
もちろんこれからも寒い時期はあるんでしょうが、本格的な寒さは無いでしょうね。
どんどん春本番に向けて暖くなっていくのだと思います。
本当にこの調子だと3月中旬くらいで桜満開になってたりして。

暖いバレンタインデーで、心まで暖くなった人が沢山いるのかな?
それとも春の嵐で、心も嵐になっている人もいるのでしょうか?
どちらにしても、気持ちを伝えるということは、とても大事なことですね。
男性諸君、次はお返しのホワイトデーが待っています(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年02月13日

スパムまだ続いているんですね

確か一年くらい前は、しょっちゅうこの話題のつぶやきをしていた気がします。
毎日届くスパムメールに、本当にうんざりしていたものです。
昨年春にサイトのドメインを取得し、サイトも引越し、さらにメールアドレスも変えてからは、お陰様でスパムメールは今のところ来ていません。

しかし、独自ドメインのメアドには、相変わらずスパムが届いているようです。
このメアドはウェブメールですので、時折開いて確認していますが、全てスパムメールです。
特に使用しているメアドでは無いので、誰からもこのアドレスに届くことはありません。
一時期サイトのお問合せのメールとして、サイトに表示していたので、そこからメアド収集ソフトに拾われてしまったのでしょう。

本当にこのスパムメールという物は、迷惑以外の何物でもありませんね。
最近は大量の迷惑メールを送信したということで、逮捕者も出てきていますから、少しずつこうしたサイバー犯罪も、取締できるようになってきているのだと思いますが、もっともっと厳しくやって欲しいです。

中国では「お祈りパンダ」という、何とも笑えるウィルスが出回っているようです。
何でもこのウィルスに感染すると、PCのアイコンがみんな線香を持ったパンダの絵柄に書き換えられるのだとか。
それだけならいいのですが(いいこともないけど)
感染すると、脆弱性が修正されていないアプリケーションを狙い、PEファイル感染、HTMLを使ったWebベースのエクスプロイトやメディアファイル経由で、信頼できるメディアファイルにまで悪意あるコードやハイパーリンク感染を拡大する。
う〜ん、よく分からんが、とにかく大変なことになるらしい。

そして明日はバレンタインデーということで、バレンタインにちなんだ商品を装った、ウィルスメールも出回っているようです。
皆さん、知らないアドレスのメールは、うかつに開かないようにして下さいね。
特に男性諸君、私も含め、知らない女性の名前でメールが届いたら、まずスパムと思うように心がけましょう(^^;)
ついつい女性の名前につられてファイルを開いて、ウィルスに感染したら大変なことです。

今は笑ってつぶやいていますが、昨年は本当に怒り心頭でつぶやいていましたからね。
中国のお祈りパンダの作成者や、関わった人物も複数人逮捕されているようです。
悪いことしていたら、いつか必ずしっぺ返し来ますからね。
本当に頭の使い方を間違えていますね。
頭の良くない私のひがみかも知れませんが、頭が良くてもそれを使う能力が無ければ、何の意味もない宝の持ち腐れです。
私は腐るほどの宝もありませんので、明日からも少ない頭を使って頑張ります(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウイルス・迷惑メール

2007年02月12日

男たちの大和を見た

今日も暖かい一日でした。
もう春本番って感じの気候ですね。例年なら今が一番寒い時期なんですが・・・・。
本当に異常です。

今日は天気も良くポカポカとした陽気であることもあり、息子が「公園に行きたい」を連呼。
お昼頃に公園に行くことにしました。
1時間ほどキャッチボールやバドミントン等をして遊びました。

その後、お昼ご飯を食べに行き、帰りに久々にDVDをレンタルして帰りました。
最近映画はもちろんのこと、DVDも見ていないのです。
何か映画を観たい気分で、皆でレンタルしに行きました。

しかし、当然息子が見たいものと、私達が見たいものは違います。
息子が持ってきたものは「ポケモン」(^^;)
そんなもの、私達は見たいと思いません。でも、息子はどうしても見たいらしく、仕方ないのでそれは息子が見るものとして、他にもレンタルすることにしました。

そして選らんだのが「男たちの大和」。
息子も大和に興味があり、私達はその内容に興味があり、レンタル決定。
そしてもう一つ、これもとても見たかった「博士の愛した数式」をレンタルしました。

帰ってきたのが夕方でしたので、男たちの大和のみ見ることにしました。
我が家にはDVDプレイヤーが無いので、PowerBookで上映会開始。
私達はストーリーに注目していましたが、息子はいつ大和が出てくるのか、そればかりが気になる様子。
ようやく大和が出てくると「すげ〜でかいな〜」とかなり興奮気味。

しかし大和が出ないシーンになると、どんどん退屈になってきたのか、自分の大和のプラモデルを持ってきて、それで遊び始めました。
そして戦闘シーンになると、また画面の前に飛びついてくるのです(笑)
息子にとっては大和はカッコいい戦艦以外の何物でもありません。

ただ大和の最後の戦闘シーンには、息子も多少衝撃を受けたようです。
次々と破壊されていく大和。そしてそれ以上に無残に死んでいく兵士達。
そこはまさに地獄絵図です。

私もこの映画を観て、初めて知ったことがありました。
それは大和の機関銃の操縦席がむき出しになっていることです。
大和はプラモデルで作ったりして、知っているつもりでしたが、まさかあんな作りだとは思いませんでした。
向かってくる敵機に、操縦席から生身の人間が機関銃を撃っているのです。
そこには何も身を守るものはありません。まさしくやられる前にやれ。といった感じでしょうか。

敵機から撃ってくる機関銃に、次々と死んでいく兵士。
回りはどんどん血で染まっていきます。
あまりにも無残な戦場に、しばらくは言葉を失い見ていました。

大和と共に死ぬことを覚悟しながらも、様々な葛藤の中で、最後の戦いで死んでいった沢山の若者たち。
そして生き残った者たちの、生き残ったがための苦しみ。
戦争というものが、いかに残酷で多くの人の心に深い傷跡を残したのか。
改めて考えさせられた映画でした。

もし自分がその時代に生きていたら、同じ状況で大和に乗ることができるだろうか?
死ぬために出向することを分かっていて、それでも大和に乗ることができるだろうか?
愛する家族や親を残して、大和に乗ることができるだろうか?
もし自分が親の立場で、自分の息子が大和に乗る立場だったら?

いろいろ考えると目頭が熱くなり、涙が込み上げてきました。
やはり戦争はしてはいけない。戦争とはこんなにも残酷で無意味なものだ。
改めてその思いを強くしました。
私達はこの太平洋戦争を、忘れてはいけないし後世に伝えていかなくてはいけません。
でも、戦争を知らない世代が大半となってしまった日本で、どれだけのことが後世に伝えられるでしょう。
言葉で語り継ぐことも大切ですが、このように映画という手段で伝えるのも良いと思います。
男たちの大和、辛く切ない映画ですが、命の大切さ平和のあり難さ、本当に分かります。
まだ見ていない方。一度見て下さい。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2007年02月11日

我が家にも雛飾り

今日は朝から荷物が届きました。
送り主は嫁さんの両親。送ってきたのは娘のための雛人形でした。

娘が生まれて始めてのひな祭りを迎えるに当たり、私達夫婦は、トイザらスに売っているような雛飾りで十分だと思っていて、「これくらいのでいいんじゃない?」と、話したりしていました。
それでも結構な値段するんですけどね。

しかし、一生の物だから・・・ということで、北海道の両親が娘のために贈って頂くことになり、先月からパンフレットを送ってくれたりしていました。
どれもこれもとても良いもので、値段も結構な物ばかりです。
散々迷ったのですが、結局、北海道の両親が「これがいいんじゃないか」と、オススメの丸を書いてある物に決めました。
パンフレットで見る感じでも、そのオススメの物が一番上品で飽きの来ない感じがしたのです。

朝一番に雛飾りが届いて、早速開けたい気持ちでしたが、まずは飾り付ける床の間を綺麗にしなくてはなりません。
我が家の和室は、現在は洗濯物干場&洗濯物置き場と化しています(笑)
和室の掃除を終えて、ようやく雛飾りを取り出し始めました。

嫁さんが手袋をつけて一つ一つ取り出していきます。
その側で息子は自分も触りたくてうずうずしながら見ています。
娘はまだ何も分からないので、私が抱っこしながら見せていましたが、途中で飽きてきたようなので、場所を変えて一緒に遊ぶことにしました。

嫁さんは雛人形を触ろうとする息子を、何度も注意しながら、ようやく雛飾りを完成させました。
パンフレットで見ていた以上に、上品でとても綺麗な雛飾りです。
娘に見せてあげましたが、やっぱり何の反応も無く(笑)

2〜3才くらいになれば、興味を示して自分で飾り付けとかも始めることでしょうね。
娘にとって初めてのひな祭り。とっても素敵な贈り物で迎えることができそうです。
後は終うのを忘れないようにしなくちゃいけませんね(笑)

070211-1.jpg

070211-2.jpg

070211-3.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年02月10日

決まり手は裁判!?

今、テレビで取りざたされている「大相撲八百長疑惑問題」。
皆さんはどう感じて見ていますか?
横綱、朝青龍が白星をお金で買ったとされる、この八百長疑惑。
もちろん朝青龍本人は、強く否定し、他の力士達も否定しています。

しかし、編集者である週刊現代は一歩も譲らぬ強い姿勢。
判決は法定という土俵へ上がることになりました。

横綱・朝青龍のインタビューで見せた、あの怒りと「これだけ頑張っているのになんで?」というような、切なさともとれる表情を見る限り、八百長ということはとても考えにくい気がします。
それでも「八百長があった」とするならば、朝青龍の知らないところで、八百長の話しがついていて、お金のやり取りがされていた。と考えられなくも無い。
しかし、そうなると対戦した力士は、当然八百長の事実を知っていることになります。

強過ぎる横綱であるがために、こんな疑惑が向けられるのか、それとも実際に八百長が存在するのか?
大相撲ファン、いや、大相撲ファンでなくとも、日本の国技の頂点である大相撲で、八百長の疑惑があると疑われたのですから、キッチリと明確にその無実をはらしてほしいと、皆が思っていることでしょう。

若・貴ブーム依頼、大相撲の人気は外国人力士に、おんぶに抱っこ状態です。
日本の力士も頑張ってもらいたいところです。
最近は力士になりたい人が少ないようで、なかなかいい力士が育たないのでしょうね。
少子化に伴う子供の減少に加え、ハングリー精神の低下、相撲の人気低迷等が重なって、昔のような粘り強い力士が出てこないのだと思います。

最近は日本の文化を見直す動きが出てきています。
日本の良さ、日本人の本来の民族性。それを再認識するような方向に向いている気がします。
特に邦画のこのところの好調ぶりを見ていると、そんな気がしてなりません。
ハリウッドに追いつけ追い越せではなく、日本人ならではの表現、日本独自の文化がいきてきている感じがします。

相撲ももっと、「相撲ってこんなに凄いんだ」「相撲ってこんなに奥が深いんだ」と、思わせるような見せ方をして欲しいですね。
力士になりたい人が少ないのも、相撲の魅力を伝え切れていないからだと思います。
そして国としても、もっと相撲を国技として扱ってほしいですね。
例えば学校の体育の授業に、必ず相撲を取り入れるとか、力士になったら国が表彰するとか、国技としての扱いをもっとして欲しいです。

人気回復のためにも、まずは八百長疑惑を晴らさなくてはいけません。
そして大相撲協会内も、もっと良い大相撲になるように努力をして欲しいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年02月09日

忘れ去られたバレンタイン

気がつけば2月ももう9日経ってしまったのですね。
2月に入った事すら気づかないような勢いで、このところ忙しさに追われています。
さらにこの暖冬で、何だか2月という感じがしなくて、時々「あっ今2月なんだ」って不思議に思うことがあります。

2月のメインイベントと言えば、節分ともう一つ。
そう、バレンタインですね。
2月という事すら忘れているような状態ですので、バレンタインも全く頭から消え去っています。
別に消え去っていなくても、全く関係のないイベントですけどね(爆)

時々、スーパーやコンビニでチョコレートが並んでいるのを見ると「あっバレンタインなんだ」と思い出すような始末です。
何だかオッサンになってしまったなぁ〜と痛感しています(^^;)
独身の頃にはやはりとても気になるイベントでしたからね。
それが家庭を持ち、仕事場での義理チョコの環境になり、フリーになってからはその義理チョコすら無くなり、今ではすっかり無縁のイベントです(笑)

我が家のバレンタインのイベントは、バレンタイン当日もしくは翌日に、売れ残ったチョコの安売りを狙って買って、家族で食べることです。
ここ2〜3年、このパターンが定着しています。売れ残りでも結構美味しそうなチョコや、珍しいチョコも残っていたりして、子供と一緒に「どれにしよう〜」なんて選んでいます。

バレンタインまで、あと5日ほどですが、女性の皆さんはチョコは買いそろえたのでしょうか?
明日からの3連休で買い出し・・・・という方も多いのでしょうね。
彼氏や旦那さんへの本命チョコ、会社で配る義理チョコ、最近では女友達に贈る「友チョコ」や、自分へのご褒美として「自分チョコ」なんてのもあるらしいですね。

何にせよこの時期はどの店もチョコレートで埋まっています。
この経済効果って凄いのでしょうね。日本人って本当にイベント好きだと思います。
贈る人も、贈られる人も、ドキドキ・ワクワクのバレンタイン。
恋の花咲くこともあれば、恋の散っていくこともあり、いろんなドラマが繰り広げられるのでしょうね。
我が家は今年も例年通りのイベントになることでしょう(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年02月08日

美しい国の実現は政治から

日本の政治って大丈夫なのか?
最近の柳沢厚生労働相の「女性は産む機械」発言を見ていて思う。
そういう発言をした柳沢大臣もおかしいが、それを必要以上に責め立てる野党もおかしい。
少子化対策を真剣に考えているのであれば、「誰が何を言った」ではなくて「この事態をどうするか」に論争がいかなくてはいけません。

確かに柳沢大臣の発言は不適切だが、一番に問題にしなくてはならないのは、子供を産み育てる環境が、非常に良くないことである。
私も今まさに二人の子供を育てているところですが、どうしてもっと当事者達の気持ちを聞かないのだろう?って思います。

本当に国を挙げて、少子化対策をしようと言うのであれば、現在子育てをしている家庭、または結婚適齢期の男女、そして子供はいないが家庭を築ける環境にある夫婦。
全ての県で一斉にアンケートや意見収集を行って、今何を一番望んでいるのか、そして何が問題なのか、それをしっかりと聞き出してほしいです。
何か当事者達は蚊帳の外で、政治家だけで勝手に分かったつもりで話しをしているように思えて仕方ありません。
揚げ句にこの騒ぎです。「本当にいい加減にしてくれよ」って怒りたくなります。

日本の政治って本当に国民無視の政治ですね。
与党は守りに入り、それを責め立てる立場の野党は、単なる揚げ足取りに必死になって、全く中身は無い。
本当に日本の事を考え、本当に国民の為を思っている政党なんて無いのでしょうね。
「美しい国」と阿部さんは言いましたが、美しい国になるには、国民の心が美しくならなくはダメです。
そのためにも教育の見直しにメスを入れたのだと思いますが、自分たちの心にもメスを入れる必要を感じていないのでしょうね。

国を変える、国民を変えるには、まずは自分たちが変わらなければ、何も変わりません。
一家の大黒柱であるお父さんが、「家系が苦しいから皆おやつは禁止」と言いながら、自分は煙草をぷかぷかしていたら、家族は皆怒るでしょう。
野党は与党の批判をし、与党は野党の批判をするだけでは、国民はどこの党も指示しません。
本当に政治家そのものが「このままの政治ではいけない」と、真剣に取り組まなくては国民はついて行きません。
宮崎の東国原知事の例がそうだと思います。県民は「これまでと違う県政を」という思いで、選んだのだと思います。

日本の政治を変えるのも、私達国民なのだと思いますが、あまりにもその政治が情けなく思えてきた、今回の騒動です。
これじゃ無党派が増えるのも仕方ないですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 私の思うこと

2007年02月07日

auでiPhoneの可能性

AppleがiPhoneを発表してから、1ヶ月近くが過ぎたが、やはりかなりのインパクトがあったようですね。
私もそうですが「欲しい」と思った人が大勢いたことと思います。
しかし悲しいかな、アジアでの開始は2008年からと、来年のお話なのです(T_T)
しかも日本の携帯通信システムは、海外のシステムとは異なるようで、日本でiPhoneを使えるかも疑問らしいのです。

もしiPhoneが使えるとして、キャリアはどこになるのか?
これがiPhoneを欲しいと思っている人にとって、一番の注目だと思います。
一番可能性が高いと言われているのがSoftBank。
今までもiPodとケータイをセットにしたりして、一番飛びつきそうなイメージがあります。

DoCoMoは何事にも反応が一番鈍そうなので、可能性としては低い気がする。
auはデザイン性等で、iPhoneに興味を示す可能性はあるが、音楽配信で競合するので、可能性は低いと思っていました。
ところが、ネットニュースで見たビックリ内容。
KDDIの小野寺社長が、iPhoneに興味を示しており、日本での販売の際は「一緒にやりたい」と提携に強い関心を表明したとか。
わぁ〜〜〜〜い。これが実現すれば文句無しにiPhoneに機種交換しちゃうぞ〜(^o^)

可能性としては低いと思っていただけに、とっても嬉しいニュースですね。
まだ決まった訳ではないですが、トップの人間が興味を示しているとなると、Appleも話しに乗ってくる可能性は高いです。
私もそうですが、最近のauのDesign Projectケータイに物足りなさを感じていつ人も多いのではないでしょうか。
INFOBARが出たときの衝撃のようなケータイは、正直出てきていません。
根本からケータイのデザインを考える時期に来ていたところに、iPhoneの衝撃デビューですから、auとしても他のキャリアに先を越されたくないと思ったのかも知れませんね。

まだまだ先の話ではありますが、少し希望が持てるニュースで嬉しいですね。
アメリカでは6月から発売されるiPhoneですが、おそらく発売当初はいろんな問題があって、それをクリアしながらバージョンアップされたiPhoneが出ることと思います。
日本で発売される頃には、かなり精度も高くなり、iPodのようにカラーバリエーションも増えているかも知れません。
勝手に想像しながら、一年先のことを楽しみにしていたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh

2007年02月06日

仕事の時間

またまた仕事が忙しくなってきました(@@)
嬉しいことではありますが、フリーでやっている以上、うまくスケジュール調整していかないと、後で大変なことになってしまいます。

仕事と同時進行で、現在新たな展開の事をやっていて、こっちも早いこと形にしないといけないのですが、なかなか時間が取れずに進まないでいます。
一日って本当に早いですよね。若い頃は夜中の時間に仕事をやっていましたが、最近は夜遅いと次の日が辛いので、12時頃には寝てしまいます(^^;)

夕方、子供たちを迎えに行った後は、子供たちが寝るまで全く時間が無いのと一緒です。
こんな時に仕事をしようなんて思えませんし、実際にすることは不可能です。
頭の中で仕事の事を考えていると、子供のちょっとした仕草でイライラしてしまうので、仕事のことは考えないようにしています。
子供たちを迎えに行ったら、仕事のことは頭から一旦離して、家族の時間にするように心がけています。

子供たちが寝静まった後に、再び仕事モードに入りたいのですが・・・・・どうしても遅くなってしまうので、このつぶやきが終わる頃には眠たくなってしまうんですよね(*_*)
今夜も少しでも仕事をしたいのですが、果たしてどこまで起きていられるか?

やはり日中の時間に、いかに集中して効率良く仕事が出来るかが、鍵になってきます。
そのためにも、あまり夜更かしをすると効率悪くなるので、早めに就寝する方がいいんですよね。
となると、今夜もそろそろお休みの時間(笑)
いやいや、もうちょっとだけ頑張ってから寝るとしよう。
皆さんは、明日のために早めに寝て下さいね。ではお休みなさいm(__)m
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2007年02月05日

世界中をひとっ飛び

今、ちょっとはまっているアプリケーションがある。
アプリケーションと言っても、ダウンロードしてフリーで使えるので、知ってる人はとっくに知ってて使っているだろう。
ご存知のGoogle Earthです。

Google MapはWeb上でブラウザで地図を表示し、航空写真に切り替えると見事に写真に切り替わります。
Google Earthも同様の機能なのですが、これはまさしくEarthで、最初の表示は丸い地球から始まって、アメリカ合衆国が表示されます。
面白いのは、そこで検索したい住所を打ち込むと、地球がぐりんと回り日本に向かって行きます。(私が検索しているので、当然日本の住所しか知りませんので^^;)

そして検索した場所に向かって、どんどん表示が拡大されていきます。
まるで自分が宇宙から地球に向かって、物凄い勢いで飛んでいるような感覚です。
検索した住所の付近まで来ると、ゆっくりと表示が止まり、目的の地域が表示されるのです。

自分の住んでいる所を上空から見たり、知っている所を上空から見たりしているようで、とても面白いです。
また行ったことの無い海外へも、気軽に飛んで行くことが出来、上空から町並みを眺めることが出来るので、ちょっとした観光気分を味わうことが出来ます。
昔よく地球儀をぐる〜っと回して、適当な所で指を当てて止め、その国に行ったような気分の遊びをしていましたが、まさしくこれはバーチャル地球儀旅行です(笑)

とても鮮明に画像が表示されるので、本当にその国に行ったような気分になります。
反面、あまりにも鮮明に画像が表示されるので、ちょっと怖い気分でもありますけどね。
裏を返せば、世界中の人々が日本を上空から見ているのと同じですからね。

画像表示だけでは分かりにくい場合も、道路標示出来たり、レストランや主要施設の表示が出来たりするので、まるでカーナビ状態です。
日本語システムには対応していませんが、出発地と到着地を入れて検索すると、ルートを説明してくれる機能もあるようです。
便利ですね〜。

お遊びで、私の故郷の奄美と、嫁さんの故郷北海道を、上空から見てみました。
奄美は海のサンゴ礁の模様までしっかり見えて、北海道は広大な畑と牧場が広がっている様子が見れます。
どちらも同じ日本とは思えません(笑)
さてと、次はどこの国に行ってみようかな。

070205-1.jpg
奄美の笠利方面。右側に空港が見えます。

070205-2.jpg
帰ったときによく写真を撮る「ばしゃ山」付近。

070205-3.jpg
北海道の上空。嫁さんの実家はこの辺り。

070205-4.jpg
しかしなんぼほど広いのだ。これでもまだまだ一部です。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年02月04日

息子とキャッチボール

先週果たせなかった息子との約束があった。
「お父さん、キャッチボールしよう!」
そう言われて「時間があったらな」と答えたまま、結局先週はできませんでした。
そのことをしっかり覚えていた息子。お昼前に突然「お父さんキャッチボールしよう!」と再び私のところへやって来た。

午後からお買い物に出かける予定だったので、「ちょっとだけだよ」と言って、隣の空き地へ。
小学生になってから、学校の体育の授業などでボールを使うからか、ボールに対する恐怖心が無くなってきているようです。
以前なら投げたボールを除けるようにして、ボールをキャッチしていましたが、全く怖がらなくなりました。
そして投げる球も、結構スピードがのってきています。

私も最初は下からボールを投げていましたが、ちょっと試しに上から投げてみました。
いきなり強いボールを投げると怖がるので、チェンジアップの要領でスピードを抜いた球を投げましたが、なんなくキャッチしたので、その後はずっと上から投げました。
息子はそのことが自身になったのか、キャッチボールが終わったあとで嫁さんに「お父さんが思いっきり投げた球バシッと掴んだで」と、自慢気に話していました。
かなり力抜いて投げているんだけどね。息子にとってはバシッと感じたのでしょうね(笑)

しかし確実に息子の投げる球はスピードが出てきています。
来年・再来年くらいには、私と同じくらいの球を投げるようになり、その後は完全に息子の方がパワーアップしていくのでしょうね。
キャッチボールするだけで、息子の成長が分かるのが凄いことだと思います。
やっぱり時々はキャッチボールしないとダメですね。
なるべく休みの日は、息子の相手をしてあげれるように頑張ります(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年02月03日

太巻き食べました

鬼は〜外 福は〜内

今日は節分の日でしたね。皆さん豆まきはされましたか?
我が家は豆まきはしませんでしたが、恵方巻を買ってきてかぶりつきました。
関西の方では、節分の日に太巻きをその年の恵方を向いて食べる習慣があります。
今年は北北西ということで、家族揃って北北西を向いて、太巻きを黙々と食べました。
食べている間は言葉を発してはいけないらしいのです。

最近は関西だけでなく、全国的になってきたこの太巻きを食べる習慣。
バレンタインのチョコレート同様、おすし屋さんの商売アイテムのような気もするんですけどね(笑)
今日のスーパーは、太巻きがずらりと並んで、沢山のお客さんが太巻きを選んでいました。
混雑する中から美味しそうな太巻きを買って来ました。

太巻き一本丸々食べるのは、ちょっとヘビーなため、半分に切って黙々と食べました。
その様子を見ていた娘。「私にも食べさせて〜」と言わんばかりに、必死にくらいついて来ます。
太巻きを口に持ってくると、大きな口をさらに大きく開けて、太巻きにかぶりつきました(笑)
海苔が美味しいのでしょうね。必死になって食らいついていました。

鬼は〜外 福は〜内。
豆まきはしませんでしたが、太巻きを丸かぶりしながら、無病息災を祈願していました。
家の中から鬼を追い出し、福を招き入れる。
まずは自分の心の中から鬼を追い出し、優しい心になることから始めないといけませんね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年02月02日

初雪が降った

今日は寒波がやってきているということで、朝から寒いわけです。
しかし本来ならこれが普通の寒さ。
昨年に比べるとあまりにも暖かい冬。昨年が寒過ぎたのもありますが、今年は本当に異常です。

数日前に「雪が降らない」とつぶやきましたが、今日はようやく雪が降りました。
しかしほんのちょっとだけ、数分間降ったと思ったら、いつの間にかやんでいました。
もちろん積もることなんてありません。
昨年はあれだけ雪に苦しめられたのですが、今年は逆に雪が降らなくてスキー場なども大変みたいですね。
昨年も大雪で異常でしたが、今年は暖冬で異常です。本当に地球がおかしくなってきているのでしょう。

南の島の育ちの私にとって、雪は神秘的な存在です。
音も無く空から舞い降りてくる雪は、本当にずっと見ていても飽きません。
だから毎年雪が降るとワクワクして、雪が積もったりすると、まるで子供のようにはしゃぎたくなります。
しかし今年は雪が積もるのは、100%無いと言い切ってしまうほどの状態です。
寒波も明日には終わり、また暖かい日が続くようです。

寒過ぎるのも困りますが、ここまで暖冬だとこれまた困りますね。
今年の冬は暖かいので、あまり鍋も食べたいと思わないです。
実際、鍋する機会減っています。きっとスーパーの鍋物商品も売り上げ伸びていないんじゃないでしょうか。
いつもなら「寒いから鍋しようか」といって、一週間に2〜3回鍋することもあったのですが。

今年の冬はこのまま終わってしまうのでしょうかね。
梅の花が咲き始め、春の気配が少しずつ感じ始められる時期です。
春の訪れは嬉しいのですが、やはり寒い冬を乗り越えて、暖かい春が来るから嬉しさも倍増するんですよね。
やはり冬に頑張ってもらって、もう少し寒さを連れてきて頂きたいです。
頑張れ冬〜(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年02月01日

何しに来たの?

テレビを見ていたら、忘れていた顔が出てきた。
青森県住宅供給公社で、14億円が横領された事件の元妻、アニータさんだ。
「何で日本に来ているの?」と思って見ていたら、何でも服役中の元夫を励ましに来たんだとか。
「それなら何でチリのテレビ局と一緒に来てるの?」って不思議に思いました。

お昼のテレビで約30分間に渡り、スタジオと中継で番組の出演者と質疑応答していましたが、正直言ってこの人に何言っても無駄ですね。
出演者もかなりキレかけていました(笑)

元夫を励ましに来たのなら、何もテレビ局連れてくる必要ないし、マスコミを避けて元夫に会いに行けばいいわけで、どう考えても話題作りとしか思えません。
きっと、チリのテレビ局に出演料を貰って、日本で話題を作りチリのテレビで放送したいだけだと思います。
反省の色なんてこれっぽっちも無いし、むしろ自分は被害者のような顔をしてテレビで堂々と話しています。
この人って、お金の為なら何でもする人なんだろうなって、思ってしまいました。

一番悪いのは、こんな女にお金を貢いだ元夫の千田受刑者ですが、アニータさんに罪が無いわけではありません。
本当に悪かったと思っているのなら、のこのこと日本にテレビ局連れて来ませんし、マスコミの前で堂々としていることも無いはずです。
明らかにこの事件の事を利用して、またお金もうけをしようとたくらんでいるように思えます。
また、それにのっかっている日本のマスコミが情けなく思います。

こんな生き方していたら、いつかは誰からも信用されなくなり、独り寂しく人生を終わるようになると思うのですが。
この人はそんな先のことなんかより、目先のお金や利益の方が優先なんでしょうね。
もうこれ以上、日本のテレビに顔を出さないでほしいですね。
特に青森の方々にとっては、見たくもない顔だと思います。
ちょっと怒りのつぶやきになってしまいました。
アニータさん、早くチリに帰って下さい(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記