2006年11月15日

津波警報なのに

突然テレビで「津波警報」が出たのでビックリしてNHKに変えた人も多いはず。
わが家もそのパターンでした(笑)
ちょうど私はお風呂に入っていた時間で、風呂から上がってくると、嫁さんがテレビに釘付けになっていたので「何かあったの?」と私もテレビを見ました。

「北海道沿岸部に津波注意報」と出ていて、太平洋側で津波注意報示す、赤いラインが点いていました。
さらに日本海側と本州太平洋側の静岡辺りまで、注意報を示す黄色いラインが点いていました。
予想される波の高さは1〜2mと出ていましたが、2mってビックリする数字です。
今まで津波警報や注意報で出てくる数字って、20〜50cmくらいです。

津波到達予測時間まで30分ほどありましたので、地震の震源地が遠いのだろうな〜と思っていたら、やはり千島列島という北方領土からさらに北東に位置するところ。
マグニチュードは8.1らしく、かなり強い地震だったのでしょうね。

わが家は遅い晩ご飯の時間帯で、そのままNHKの津波警報の画面を見ながら食事になりました。
北海道でも地震の揺れがあったようですが、震度1〜2も弱い揺れだったようです。
息子は「北海道」と聞いて、「おじいちゃん家大丈夫?」と聞いてきました。
おじいちゃん家は十勝平野のど真ん中なので、津波は全く心配ないのですが、電話をして息子に受話器を渡しました。

テレビの画面を見ながら、一生懸命津波の波の高さや、到着予想時刻を電話で教えている息子。
北海道でも同じNHKを見ているので、説明する必要も無いのですが、教えてあげたいのでしょうね。

最終的に40cm程の波が津波として観測されたようですが、特に大きな被害などは出ていないようで良かったですね。
それにしても、津波警報が出て、釧路の海やその他の港等が映し出されていましたが、普通に車が走り船が進んでいく映像を見ていて、津波警報の緊張感とそれを全く感じさせない映像に、何とも言えない違和感を感じてしまいました。
「もしこの瞬間に津波が押し寄せていたら・・・」と考えると、恐ろしくなるのですが、皆津波警報が出ているのを分かっていて、行動しているのでしょうか?
それとも知らずにいつも通りに行動しているのでしょうか?どっちにしても問題ですよね。

結果的に大きな津波は来ませんでしたが、もし来ていたら車や船はあっという間に呑み込まれてしまいます。
津波の怖さはよく知っているはずなんですが、映像を見る限り警戒している雰囲気が無くて、NHKのアナウンサーの妙に緊張感のある声とのギャップに、少し疑問を感じてしまいました。
地震の多い日本ですから、その分津波警報や注意報も多いのかも知れません。
ひょっとしたら「また津波警報か、どうせ大きな波は来ないだろう」と思っている人がいるのかも知れませんね。
何事も最悪の事態を想定して動かなければ、その時が来てからでは遅いはずです。
今回は何事も無くて良かったですが、慣れっこになってしまってはいけませんね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記