2006年10月13日

久々の鶏飯

いや〜やっぱり島の料理は美味しいです。
久々に島の料理「鶏飯」を食べました。どこで食べたのかというと・・・・・家です。
実は夏に奄美に帰った時に、実家の母が鶏飯の出汁を用意してくれて、後から送ってくれていたのです。
なかなかゆっくりと食べる時間がなかったので、冷凍庫で保存していて、本日食べたのでした。

以前、嫁さんがこちらの地鶏を使って出汁を取り、鶏飯を作ってくれたことがありました。
それはそれで美味しかったのですが、やはり奄美の地鶏の方が美味しいです。
嫁さんも「やっぱりこの味は奄美の地鶏でないとでないね〜」と、言っておりました。

本日は私達家族の他に、1人ゲストを呼んでいました。
それは私の甥っ子です。同じ市内に住んでいて、今日は鶏飯を食べると言うことで呼びました。
正確に言うと甥っ子に鶏飯を食べさせるために、実家から鶏飯の出汁を送ってきたというのが正しいです。
奄美を離れ、まだ独り身で寮生活ですので、鶏飯を作って食べることなど出来ません。

甥っ子も久々の鶏飯に、大喜びで食べていました。
食べながら話していると、意外な話しが聞けました。
それは学校給食で鶏飯を食べたことがあるということなのです。
私が学生の頃には、学校給食に鶏飯を食べた記憶なんてありません。
しかし甥っ子は食べたらしいのです。やはり時代の差なんでしょうか。学校給食もそこまで進んでいるんでしょうね。

確かに息子の学校の給食のメニューを見ても、私が子供の頃に食べていた給食とはまるで違います。
メニューを見ただけでも美味しそうなメニューで「どんな料理だろう?」って思えるような料理すらあります。
私が子供の頃は、学校給食に味を求めるのではなく、とにかく腹を満たすのが目的だったように思います(笑)

奄美の学校給食で鶏飯が出るくらいなら、他のところでもそれぞれの地元料理が出るのでしょうか?
香川ではさぬきうどん。広島では広島焼き。仙台では牛タン。札幌ではサッポロラーメン。
本当にあったら凄いですね(笑)
美味しい鶏飯を食べながら、いろいろ想像していましたが、学校給食の鶏飯もどんなものか、一度食べてみたいものです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記