2006年10月05日

年賀状の時期になりました

10月に入ると気分的にもう年末気分になるのは私だけでしょうか。
これはきっと「年賀状」を意識するからだと思うのです。
毎年自分でデザインした年賀状で、知人・友人などから年賀状を受注しています。
そのため、遅くとも11月上旬には年賀状サンプル一覧表を作っておく必要があるのです。
ということはもう制作にかかり始めなければいけないのです(^^;)

毎年毎年「今年こそは早めに・・・」と思いながら、いつも10月になって急いで制作するのです。
今年もやっぱりそうなってしまいました(笑)
何とか今月中にサンプル制作して、一覧表を作って配付しなければ・・・・(汗)

思い起こせばこの請負年賀状、いつごろからやっているんだろう?
少なくとも10年以上はやっている気がします。
最初は本当に親と友人数人くらいだったのですが、徐々に増えてきて最近は1000枚近くプリントしています。

10年くらい前は、ちょうどインクジェットプリンターが普及し始めた頃で、年賀状のインクジェット紙が品薄で、あっちこっちの郵便局を走り回って買い求めた記憶があります。
最近はそんなことは無く、いつでも手に入るようになりましたが、今度は光沢紙の年賀状が出始めていて、写真を使った物はこちらを使うと、とても綺麗にプリントされるようです。
昨年末にそれを知って、ちょうど結婚後の写真を使う年賀状があったので、光沢紙を買おうとしたらすでに完売になっていました。
10年前のインクジェット紙と同じ現象です。今年はどうなんでしょうか?

年賀状って年々出す人が減っているようで、郵政省も生産数を減らしているようです。
最近は皆、メールで年始の挨拶をするみたいですね。
確かに便利でお金かからなくていいけど、やっぱり何か味気ないですよね。
一年の始まりの挨拶くらいは、メールじゃなくて形にのこる年賀状にしたいですよね。

ところで頂いた年賀状って、皆さんどうされてます?
私は全て残しているのですが、年々増えていって保管場所に困っているのも事実です。
これってどうしたらいいんでしょうね。古い物から捨てていってもいい気もしますが、何かやっぱり捨てられないんですよね。
年賀状を見ると、その時々の人付き合いが見えてきて、「あ〜こんな人いたな〜元気かな?」とか思い出すんですよね。

そんな訳で、皆さん年始の挨拶はやっぱり年賀状にしましょう(笑)
私はその前に頑張ってデザインサンプル作らなきゃ(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記