2006年10月03日

ダメな父親

子育てってやっぱり難しいですね(=_=)
のっけから重いつぶやきでスミマセン。
娘が生まれてからというもの、どうしても娘中心になってしまうためか、どうも息子の態度が反抗的です。
素直に聞くときもあるのですが、何か言い訳をするので、最終的に叱ってしまいます。
これって私達親に原因があるんだと思うのですが、ついついイライラとして息子に強く当たってしまいます。

特に先月は私が多忙のため、休日もほとんど仕事で、ピリピリしている私に息子なりに気を使っていた感じがします。
本当は休みの日くらいは、一緒にキャッチボールしたりバドミントンしたりしたいのだと思うのですが、先月は全くそんな時間はとれませんでした。
なるべく息子のことを気にかけているつもりなんですが、頭の中では必ず仕事のことを考えていて、気がつけば息子は1人で遊んでいることが殆どでした。

まだ学童で友達と遊んでいるのが救いですが、休みの日に1人で遊んでいるのを見ると気になります。
近所に学校の友達もいるのですが、学童に通っていることもあり、なかなか近所の子供と遊ぶ機会がないようです。
これから徐々に遊ぶようになってくれると思うのですが、親としては心配です。

きっと息子の中では、自分がお兄ちゃんになった事実と、まだまだ甘えていたい気持ちが、妹は可愛いけど、妹にお母さんを取られた。という気持ちになっているのかも知れません。
どうしてもお母さんが娘にベッタリになってしまう分、私が息子の相手をしてあげなくてはいけないのですが、先月はそこまでゆとりがありませんでした。

息子は息子なりに一生懸命やっているつもりだと思います。
しかし親の目から見ると、ついつい「何でこれ出来ていないの?」とか「何でまだやっていないの?」とか、小言が出てしまいます。
自分の心にゆとりが無いとその傾向はさらに強くなります。
子供は叱るより褒めて育てる方が良いというのを聞いたことがあります。確かにその通りだと思います。
解ってはいるのですが、ついついイライラして小言が出ます。ダメですね(×_×)
子供の姿は私達親の姿の写し鏡だと思います。つまり子供を叱っているのは、自分が親としてだらしないことを自分自身に言い聞かせているのと同じです。
深く反省し、息子の目線で息子と一緒になって、ひとつひとつ出来ることを増やしていきたいです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:27 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記