2006年09月12日

命名

先日ご誕生した、紀子様の男児のお名前が公表されましたね。
「悠仁(ひさひと)さま」ということで、全国の同じ名前の人は、驚きと喜びの一日だったのではないでしょうか。

人の名前って一生ついて回るものですから、決めるのも大変です。
ましてや天皇家ですから、いろいろ考えて命名するのでしょうね。
ひさひとって呼び方が、また日本的でなんともいいですよね。

一時期外人っぽい名前をつけるのが、流行っていましたが、これからは日本的な名前のつけ方が流行るかも知れません。
生まれてくる子供には、自分の名前を決めることはできませんから、命名って親にとっては初めての大仕事、そして一生の大仕事なんですよね。
自分の子供二人に命名する時は、そんな大げさな考えではなかったけど(笑)

でも本当に名前っていうのは、一生のものですから変な名前はつけられません。
以前、子供に「悪魔」という名前をつけようとした親がいて、役所で断られ、そのことがニュースになり、日本中が騒いだ時期がありました。
普通親と言うのは子供の幸せを願うはずなのに、なんでそんな名前をつけたがるんだ?と本当に理解できませんでした。

私も子供の名前をつける時に、占いや字画等にこだわる方ではありませんが、あまりにもいい加減な気持ちではつけられません。
二人の子供が自分の名前をどう思っているか、まだまだ解りませんが、一度は「こんな名前じゃなくて違う名前が良かった」って思うでしょうね。
私自身も子供の頃にそう感じたことがありました。誰でも一度はあるんじゃないでしょうか。

子供はまだ7歳と0歳ですから、自分の名前のことなど考えることはありませんが、上の子はそろそろ友達の名前と自分の名前を比較して、友達の名前がカッコいいと感じる頃かもしれません。
比較的よくある名前ですので(書き方は珍しいと思うけど)変わった名前の友達がいると、カッコいいって思う可能性ありますね。

これから生まれてくる男の子。悠仁という名前や悠の字、仁の字を使った名前が増えるでしょうね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記