2006年09月06日

紀子様、男児ご出産。

今日は一日この話題でしたね。「紀子様、男の子を出産」
日本中が喜びに湧いた一日だったことでしょう。
天皇後継の問題もあったことから、言葉には出さなくとも、皆男の子が生まれてくれたら・・・と願っていたことだと思います。
そしてその通り男の子が生まれてくるのだから、ビックリ&嬉しいですね。
本当におめでたいことです。

昨年まで「女系天皇を容認」の方向で話が進んでいましたが、今回の男児出産で先送りになったようです。
私自身も「女性・女系天皇でもいいのでは」と思っていましたが、男児が産まれるとやはりそちらの方が・・・・と思ってしまいます。
我々一般人と違い、日本の歴史を背負って来ている天皇家の後継問題ですから、やはり慎重になりますよね。

きっと妊娠が解った時点で、紀子様もそのことは意識していたと思いますし、言葉では出てこなくても日本国民が男児を待ち望んでいることは、当然解っていたでしょうから、かなりの重圧だったでしょうね。
加えて帝王切開による出産という、皇族では初めてのケース。そして民間の病院というこちらも初めてのケースらしいです。
そんな中で無事生まれてきた男児ですから、国民ももちろん喜びましたが、誰よりも紀子様が一番嬉しかったことでしょう。

これから先、後継問題がどのような形で進むのか解りませんが、国民はもとより何よりも天皇家が納得できる形での、王位継承が行われることを望みます。
紀子様、おめでとうございます。
ゆっくり休んでこれからの育児に頑張って下さい。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:41 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記