2006年09月03日

ドラえもんの誕生日

以前も同じことをつぶやいた気がしますが、今日9月3日は「ドラえもん」の誕生日なんだそうです。
ドラえもんって幾つになったのでしょう?
私が子供の頃から存在しているので、少なくとも私と同じくらいの年齢?
でも、ドラえもんはタイムマシンで未来から来ているので、本当はまだ生まれていないと考えると、「幾つ?」って考えるのも変ですね(笑)

ドラえもんって本当に私が子供の頃からマンガでありましたから、日本中の人が知ってるキャラクターですよね。
最近は日本だけでなく海外でもドラえもんは人気のようです。

もし本当にドラえもんがいたら、あなたはどの道具を出して欲しいですか?
私は迷わず「どこでもドア」ですね。どこでもドアがあれば、どこにでも行けるわけですから、旅行に行きたい時なんて、どこでもドア一つで済んじゃいます。
みんながどこでもドア使ってたら、交通機関なんて大赤字で存在しなくなってしまうでしょうね。
当然車も使わなくなりますから、渋滞なんて無くなるし、車の存在すら必要なくなるかも知れません。

そうなると地球はクリーンになるでしょうね。
交通手段がいらない世の中になると、当然その施設もいらなくなります。
駅がいらなくなり線路も必要なくなります。
空港や港もいらなくなり、極端な話道路だって必要なくなります。

どこでもドアなら自宅のドアから目的地まで直結ですから、本当に便利です。
でも、その間の工程って無くなるとやはり寂しいものですよね。
私達が帰省する時もそうですけど、事前に飛行機の切符手配して、家からタクシーで駅まで向かい、駅からリムジンバスで空港まで向かい、飛行機に乗って北海道なり奄美なりに向かいます。
少しずつ目的に近づくステップというか、段取りというか、その辺が楽しみの一つでもあります。
子供にとっては、いろんな乗り物に乗ることも楽しみだと思います。

そして乗り物に乗って移動する間に、窓から見える景色を見て、「もうすぐ着く」というワクワク感が嬉しいのだと思います。
どこでもドアは本当に便利であったら絶対に欲しいと思いますが、便利過ぎると無くしてしまうものって多いですよね。

ドラえもんのアニメでも、よく「道具に頼り過ぎちゃダメ」ってドラえもんが言いますが、まさしくその通りなんでしょうね。
便利な世の中になって、本当に色んなことが便利になっています。
しかしその反面で大切なことを失ってきている気もします。

便利な物に頼り過ぎない生活を、大切な物を振り返ることができる習慣を心がけて生きたいですね。
自分にとって本当に必要なものは何なのかを、しっかり見極めて生きたいです。
でも・・・・どこでもドアはやっぱり欲しいな(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記