2006年08月31日

知らずに使っていた(^^;)

ちょっと前の話ですが、Dell製のノートパソコンのソニー製バッテリーが、高熱を発し発火したというニュースがありました。
そのためDellは該当するバッテリーをリコールしていました。
「バッテリーが高熱で発火しノートパソコンが燃えてしまうなんて、恐ろしや〜」と、人事のように見ていましたが、何と私の愛用しているMacでも同様のことが起きたようです。

Macのノートパソコンでも、ソニー製のバッテリーが使われていてDell製と同様の発火が起きたようです。
そのためAppleも該当する機種のリコールを行っています。
「そういや私のPowerBookG4も該当機種だな」と思い、「まさか該当していないだろう」と思いながら、シリアル番号調べたら・・・・ドンピシャ該当しているじゃありませんか(T_T)
どっひゃ〜危ない危ない、このまま知らずに使ってたらPowerBookが燃えてしまっていたかも知れません。

早速Web上からリコール手続きを済ませました。
1ヶ月程で新しいバッテリーが届くようです。それまではなるべくPowerBookを使わないか、使っても電源で使うようにしておこう。

しかし思い返すとこのPowerBookは、北海道へ持っていき北海道の実家でずっと使っていました。
さらに奄美にも持っていき、奄美の実家でも使っていました。
今考えるとPowerBookを点けっ放しにしてたことも、結構あったので危なかったのかも知れませんね。

特に奄美に帰った時には、DVDを焼こうとしていて時間がかかるため、作業を続行させながら友達と飲みに出かけました。
帰ってきて翌朝、「DVD焼けたかな?」と見てみると・・・???何故か電源が切れてシステムも終了されています。
すると母が「パソコンが点けっ放しで熱くなってたから電源切った」と言うのです。
しかしDVD制作作業途中だったハズ・・・・慌ててシステムを立ち上げると、DVD制作途中からまた作業開始しました。
ところでパソコンのパの字も知らないような母が、いったいどうやってシステム終了したのだろう???と思い聞いてみると・・・。

コンセント引っこ抜いた

( ̄□ ̄;)( ̄□ ̄;)( ̄□ ̄;)( ̄□ ̄;)オイオイ

なんて無茶な終了の方法を・・・でも、コンセント引っこ抜いてもバッテリーで駆動していので、DVD制作作業を途中から再開できたのでしょう。

無謀な母のパソコン電源OFF作業でしたが、今から考えると良かったのかも知れません。
私はリコール対象のバッテリーだと知らずに使っていましたから、平気で点けっ放しにしていましたが、下手すると発熱が原因で発火していた可能性も否定できません。
変にパソコンの知識があると「作業中だからそのままにしておこう」と思ったでしょう。何にも知らない母だから、テレビを消す感覚でパソコンを消そうとして、どうしていいか解らないので手っ取り早くコンセントを抜いたのです(笑)

とにかく何事もなくリコールに気付き、リコール手続を済ませることができました。
もし私と同じPowerBookG4をお使いの方、もしくはiBookをお使いの方、自分の機種がリコール対象が確認することをお勧めします。
Appleのサイトで確認することができますよ。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | Macintosh