2006年08月29日

しばらくお休みしてました

久々のつぶやきです。
しばらく奄美に帰省していて、つぶやきをお休みしておりました。
実家にはネット環境が無いため、しばらくネットから離れた生活を送っておりました。
出かける前につぶやいて行く予定でしたが、時間が無くなってそのまま帰ってしまいました。
ほぼ毎日つぶやいていたのが、突然止まったので心配された方もおられたようで、ご心配をおかけしましたm(__)m

久々に帰った奄美は、天気も良く毎日暑い日差しが差しておりました。
しかし気温は奈良よりも低いんですよね。上がっても32〜3℃です。
日陰に入ると風が涼しいので、ホントに気持ち良かったです。
でも直射日光はきついので、やはり日焼けしてしまいました。

息子は完全に釣りにはまったようで、奄美に着いた日の夕方から「釣りしたい」と言い出し、早速家の前の川(満潮時には海)で釣りをして、何匹か釣りました。
その後も朝・夕と釣りをして、餌も自分でつけリールの扱いも覚え、何とか竿を使いこなしていました。
朝は港の防波堤で、夕方は家の前で・・・と、まるで日課のように釣りをしていた息子。
近所の子供たちが話しかけてきて、それに関西弁で答える息子。
大人なら「どこからきたの?」って思うところですが、何の違和感もなくお互い会話をしているから、子供って面白いですね。

海水浴も2回して、初めてのシュノーケルも体験した息子。
初めは慣れなくて、シュノーケルしているのに顔を上げて息継ぎをしようとする息子。
何度か泳ぐうちにようやく慣れてきて、2回目に泳いだ時は、私でも足の届かないところを、シュノーケルで泳ぎながら熱帯魚を追っていました。

私も中学の同級生と久々に再会し、呑みながら楽しい一時を過ごしたり、高校の同級生とは20年ぶりに再会し、時の経つのも忘れて3人で盛り上がっていました。
ちょうどバンドを組んだ時の友人2人で、そのころの話で盛り上がりました。
2人とも、またバンドをやり始めているようで、私も気持ちがすっかり高校時代に戻りました。

そしてさらに久しぶりだったのが、「八月踊り」と呼ばれる奄美の踊りです。
ちょうど帰った時期が、この八月踊りの時で、二晩踊りがあるのですが、一晩は見学に行き同級生に誘われて20数年ぶりに、踊りに参加してきました。
もうすっかり忘れていると思っていましたが、体が覚えていたようで、徐々に踊り方を思い出してきました。
やっぱり故郷っていいもんですね。自分ではすっかり忘れているつもりでも、踊れば思い出し、同級生と話す時も、気がつけばしっかり島口(奄美の言葉)になっていました。

家族にとっても楽しい里帰りだったようですが、私にとっても自分のルーツを再確認する、貴重な里帰りになりました。
写真もいろいろ撮りましたが、また後日islandサイトにてアップしたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記