2006年08月20日

まさしく熱戦

すごい試合でしたね〜。
高校野球決勝戦、駒大苫小牧vs早稲田実の試合。
私は用事があり、最初は見ていませんでした。テレビをつけた時はもう9回。
1-1の同点で、「いい試合してるな〜」と思い見ていましたが、まさか15回までいくとは思いもしませんでした。

嫁さんが北海道出身なので、私も北海道びいきということで、駒大苫小牧を応援していました。
チャンスがありながら点が取れず、さよならのピンチを迎えながら、なんとか押さえて・・・と、まさにハラハラ・ドキドキの連続でした。

しかし、両チーム共にピッチャーが素晴らしいですね。
あれだけの重圧・プレッシャーの中で、延長15回まで投げ切るのですから。
早稲田実のピッチャーも素晴らしかったですね。
延長15回で147kmのスピードボールを投げるなんて、プロでも出来ないと思います。
甲子園優勝を夢見て、気迫のピッチングがなせる技でしょうね。

結局は明日、再試合をすることになりますが、両チーム共にどこまで今日の気持ちを持ち続けることができるかが、勝利の行方を決める気がします。
「絶対に勝つんだ」という今日の気持ちを、ずっと保ったまま試合に臨んだチームが優勝を手にすることが出来るでしょう。
駒大苫小牧のV3なるか、それとも早稲田実の初優勝なるか。
明日がまた楽しみですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記